ここをマイウォレットの終着駅にしたい。プレブリックのビスポークウォレット

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 

今回は、いろいろなモノを手に入れては買い替え、やはり財布やバッグは最終的にビスポークにたどり着くんだなと40歳を過ぎたころから実感。値段は張るけど使い勝手は最高! という編集部の最古参・ラーメン小池がお届け!

プレブリックのビスポークウォレット

まだ緊急事態宣言もまん延防止等重点措置も発令されていなかった渋谷でビスポークを中心に、レザージャケットや小物を1人で製作するプレブリックの今村さんと飲んでいた。実は今村さんとは偶然にも自宅の最寄り駅が同じというご近所さん。

そんなときのたわいもない会話が「財布って意外とボクが理想とするデザインがなくて困ってるんですよ」と私。「なら今度時間あるときに作りますから教えてください」と今村さん。「じゃあ、お願いしちゃおっかなー」と私もノリで返答。もちろんお酒を飲みながらの会話なのでまったくの勢い。だけど、それから半年以上経ったころ私の携帯電話が鳴る。

「ちょっと時間できそうなので、最高のモノ作りますよ」と今村さん。そこで「ハッ」とする私。そういやそんな話をしたなと思い出す。でもちょうど使っているウォレットがくたびれてきたので、これも縁だと「思いっきりやっちゃってください」と悪ノリ。そして数週間後にできたのがこれ。

私の思い描く理想(わがままとも言う)のロングウォレットを最高級の素材や部材、テクニックを駆
使しただけにオーラもたっぷり。ちなみに今回の場合、作図製作、仮組製作費込みで18万7000円

ホーウィンのシェルコードバンに、縫製糸はフランス産のリネン。しかもオールハンドステッチという、いわゆる業界で言うところの「全部乗せ」モデル。しかも私の希望をすべてデザインに落とし込む。期せずして財布捜しの旅に終止符が打たれたのであった。

フランス産のリネン糸で丁寧にハンドステッチされる。外側はホーウィン社のシェルコードバンのバーボンを選んでくれた。これがまた良い色合い
パンツのバックポケットに入れるのでウォレットチェーンを取り付けできるリングを装備。札入れの反対側は大きくマチを設けた領収書入れになっている
内装はベルギー産サドルレザーで、 中央にはプレブリックのブランドロゴが型押しで入る。使っていくことで内側のレザーもイイ雰囲気に経年変化する
カードが横向きに左右で18枚入るのがキモ。このレイアウトだとバイクやクルマに乗ってもカードが割れないのである。しかも小銭入れは搭載しない

【問い合わせ】
プレブリック
TEL03-6884-8197
https://www.preblic.jp

(出典/「Lightning 2021年9月号 Vol.329」)