日本はそれを「粋」と呼ぶんだぜ。「MASAYOSHI」のMKスナップボタン

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 

今回は、編集部でiPadを使う人が増え、便利そうだから俺も買おうかなと思っているが、その金があったら今回紹介するMKボタンが6個も買える。iPadはライダースに付けられないしな……と思っている革ジャン評論家・モヒカン小川がお届け!

※まず最初にお伝えしておくと、この商品はもう売り切れてしまっている。だがカッコいいのでまたお目にかかれる日がくることを願い紹介する。

MASAYOSHIのMKスナップボタン

「粋」。我々編集者も、よく原稿に使う言葉だが、なかなかこの言葉は難しい。

そもそも「粋」とは江戸時代に生まれた美意識で、哲学者の九鬼周造が、その「粋」を哲学的に考察した名著『「いき」の構造』によると、どうやら他の言語には同義の言葉がないらしく、日本独自の美意識らしい。確かに、「カッコいいね」と呼ばれるより、「粋だね」と言われるほうが、日本人として嬉しい気がする。

試しに、「粋」という文字を英訳ソフトにかけてみる。すると、出てきた英訳は「Stylish」。う〜む。やっぱり何か違う気がする。「スタイリッシュだね」と言われると、どことなく馬鹿にされてるような気がしちゃうもん。

ちなみに俺が初めて「粋」を意識したのは、中学生の時に観ていた『必殺仕事人』。三味線屋の勇次が、三味線の糸で悪人を殺すとき、はらりと捲れた着物の裾の裏地に、「南無阿弥陀仏」と描いてあった。中学生で無垢な俺は、この姿にシビれ、このさりげなさこそ、「粋」だと思ったね。この後、裏地に刺繍の入った学ランを買いに走ったのを覚えてる。

北海道・帯広をベースに、精緻なシルバージュエリーを生み出すブランド、MASAYOSHIのMKスナップボタン。キャストではなく、一つ一つ切り出して成形し、スタンプワークを施すハンドメイドだ。1個/ 2万2000円

で、今回紹介するMASAYOSHIのシルバー製MKボタンも、俺にとっては仕事人に通じる「粋」なアイテム。スナップボタンに取り付けることができるので、使い方は自由自在だが、俺の場合は、ダブルライダースのスナップボタンに取り付けている。ぱっと見、シルバーだとは気づかないが、よく見ると、渋いシルバーボタンが……このさりげないお洒落、これを「粋」と呼ばずに、なんと言おうか。

俺の場合、ダブルのエポレットを切る癖(?)があるのだが、切ったがために、役割を失ってしまうショルダーのボタンに、このMKボタンを付けるのもアリ。「粋」なオトナを目指すなら、このMKボタンから始めることをお勧めする。人に気付かれなくても、気にするな。それこそが、「粋」なのだから。

MASAYOSHIの代表的なモチーフである【MK】スタンプが刻まれた、シルバー製スナップボタン。重厚感漂うデザインだ
エポレットをぶった切り、余ったスナップボタンにもMKは最適。もちろん革ジャン以外のスナップボタンにも試してみてほしい
ダブルライダースの襟を留める胸のスナップに取り付けるとこんな感じ。革ジャンの高級感も増す。できれば2つセットで付けたい

【問い合わせ】
・・・Danny
https://danny-k.jp

(出典/「Lightning 2021年8月号 Vol.328」)