ステンシルを使ってTシャツを、“あえてダサい文字”でカスタムしてみた。

ステンシルプリントは型紙さえあれば簡単に味わい深い文字を印刷することができるDIYカスタムの代表格。

ミリタリー系ステンシルでお馴染みの「U.S.NAVY」や「U.S.AIR FORCE」など、ミリタリー仕様のフォントを使ってそういったいかにもな文言を印刷すればカッコいいのは当たり前だ。

そこでステンシルではまず使わないような、あえてダサめの文言をTシャツにプリントしデザイン的に破綻せずカッコ良くなるかを検証してみるのが今回の企画(文言の内容がダサいのは別の話ね)。ミリタリー系ステンシルの実力を検証する!

準備するもの。

1.オイルボード

ステンシルマシンで作成したボードは、耐油性なのでスプレーを吹いても乾けば何度でも使えちゃう。クリアファイルを切り抜いて自作するのもアリ。

2.ステンシルマシン

米軍でも採用されているMARSH社製のステンシルマシン。編集部にあるのは、最も使いやすい1/2インチサイズ。今回はなんでもカッコよくなってしまうミリタリー仕様のステンシルマシンを使って、ダサい文字をデザインする。通常は、厚紙などに好きな図案を転写してカッターで切るのでも十分楽しめる。

3.サンドペーパー

Tシャツのシワを伸ばしてからサンドペーパーを下に引けば、生地がピンッと張った状態でスプレーできるスグレモノなのだ!

4.ジーンズ染めQ

染めQである必要はないが生地を染めることに特化したスプレーなので選んでみた。作業する時は汚れるので手袋も用意しよう。

作り方はカンタン!

ステンシルの吹き方は極めて簡単。ステンシルマシンで作成したボードにスプレーを使ってシュッと吹くだけで完成する。ただしボードとTシャツの間に隙間があると文字がボヤけしまうため注意しよう! Tシャツの中にサンドペーパーを入れて動かないようにしよう。

うまくいくとこんな出来栄え。

こちらは失敗。スプレーを吹き過ぎたのが原因。欲張らずシュッシュッと軽く吹きつけるぐらいが、ベストなのだ。

こちらも失敗例。濃色のTシャツに白い文字を入れようとしたが塗料のノリが悪く滲んだ。まずは見えない部分でテストすべし。

ミリタリーテイストのステンシルの実力はいかに?

1.使える文字を並べただけ!

ステンシルマシンで打てる文字を羅列しただけでも、オシャレな雰囲気に。ちなみに1と0が存在しないのは無いのはアルファベットのIとOで代用できるから。合理的。

ピンクを選んだのでポップな印象だが、Tシャツの色を変えたり、文字の色を部分的に変えてキーワードを表示するなどアレンジも効きそうだ。

2.会社の住所を英語にしただけ!

自分の会社の住所をプリントしただけでも、なんかサマになるから不思議。海外の住所がカッコいいのは当たり前だが、日本の住所も負けてない。これは新しい発見だ。

迷子札代わりにもなる? と思ったが、デザイン性が高いので気づいてもらえなさそうな気も。

3.編集部員の名前を羅列しただけ!

極めつけは編集部員の名前をプリントするという通称“奥付”(知らない人はググってね)。行数が多いほうが、なんかカッコいい。家族や仲間の名前でもイイかもね

家族が少ないと寂しい感じになるので、いっそ家系図にしちゃうのもアリだね。

ミリタリー仕様のステンシルマシンは高額なことが多いので、パソコンでフォントをプリントして使うのならハードルは低め。Tシャツだけでなく、缶や木箱にも似合うのでおすすめです。

(出典/「Lightning 2021年4月号 Vol.324」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。