家にいながらキャンプ気分が味わえる! 夢のログハウス生活。|神奈川県秦野・山本邸|BESS

ウッドデッキに並べられたキャンプ道具の数々。ここは神奈川県秦野市にある山本さんのご自宅だ。BESSの家に住むようになってから、大好きなキャンプに行かなくなったという。

理由は簡単。「日常でキャンプ体験が出来るから」。

「暮らし」を「遊び」に変えてしまう山本さんに、BESS(ベス)の家での楽しみ方の極意を教えていただいた。

薪割りやストーブのメンテ、そんな手間をいかに楽しむかがカギとなる。

街に溶け込むスタイリッシュなデザインに惚れ込んだというBESSワンダーデバイス。「ガルバリウムに囲まれて、一見、どこに玄関があるのかわからないようなミステリアスなデザインが気に入ってます」

山本敏勝さんが、神奈川県秦野市にBESSのワンダーデバイスを建てたのは、14年前のこと。

奥様の実家にも近く、なにより丹沢山系を望む自然豊かな土地で、大好きなキャンプにすぐに行くことができるのが決め手だった。

1階リビング全景。家の周囲を囲むガルバリウムのアーバンな雰囲気とは対照的に、家の中は木の温もりに溢れた空間が広がる。色味を合わせた家具も◎

「昔からアウトドアが大好きで、いつかは木の家に住みたかったんです。いろいろ迷ったんですが、住宅地にもマッチするワンダーデバイスに決めました。とにかくデザインが素晴らしい。気に入ってます」

ウッドデッキにはタープが張られ、庭にはBBQグリルや焚火台も設置されており、大好きなアウトドアライフを、自宅に居ながらにして楽しんでいる山本さん。

冬の必須作業、薪割り。薪を貯蔵しておく薪棚も庭に設置した。薪は、里山保存の活動をしている友人の方から調達しているという。「こうした手間が楽しいんです」

「家でも焚火状態」 これぞ理想の暮らし。薪割りも楽しいひと時だ。

庭には焚火台が置かれ、まさにキャンプ場のような佇まい。慣れた手つきで、薪を組んでいく。友人たちと火を囲みながら酒を飲むこともしばしば。羨ましい!

「BESSの家では、日常がアウトドア体験なんです。薪ストーブに火を入れるのも、焚火感覚で楽しんでいます。その反動で、キャンプには行かなくなっちゃいました(笑)。だってここにはシャワーもあるし、冷たいビールもすぐ飲める(笑)」

現在、山本さんは、これからBESSの家を購入する人や、住み始めたばかりの人に、BESSの暮らしのアドバイスをするLOGWAYコーチャーの活動も行っている。

BESSの家の“遊び方”を知り尽くした山本さんのアドバイスは、数多の啓蒙書よりも、楽しく、そして役に立つにちがいない。

家を建てる際、絶対に設置したかったという薪ストーブ。「家でも焚火状態を楽しみたかったんですよ」と山本さん。揺らぐ炎を眺め、しばし時を忘れる

まだまだあります、山本さんのBESS WONDER DEVICEの楽しみ方。

こちらの壁は山本さんの趣味モノで覆い尽くされている。圧巻なのはレコード。「学生時代はほとんどレコードで金が消えてましたね(笑)」。かつては2000枚ほどあったというから驚きだ。眺めているだけで至福のひと時になること間違いなし。

ウッドデッキにハンモックを持ち出し、ゆったりとした時間を過ごすのもお気に入り。開口部の大きいオープンサッシュを開け放てば、家の内と外が繋がり、気持ちのいい空間に。

階段を上がると、そこには山本さんのワークスペースがある。窓から陽が差し込むため非常に明るく、仕事もはかどりそうだ。

こちらが2階リビング。山本さんのアウトドアギアの収納場所としても活用中なのだ。

まるでコテージのような雰囲気のベッドルーム。木に囲まれた空間で、ゆっくり疲れを癒すことができる。

「家の中では、ここに居ることが多いかな」と山本さんお気に入りの場所がこちらのキッチンテーブル。

実は山本さんはソムリエの資格も持ち、友人を集めてワイン会を開くこともあるとか。ここでワインを飲みながら、懐かしいレコードを聴く。最高に贅沢な時間だ。

家の外、そして中で、存分に暮らしを楽しむ山本さん。極上のBESSライフがここにある。

WONDER DEVICEをさらに知る

▼ほかのWONDER DEVICEオーナーの暮らしを見る

リビングとウッドデッキが繋がって、 キャンプ気分が味わえる家。|BESS

リビングとウッドデッキが繋がって、 キャンプ気分が味わえる家。|BESS

2020年12月14日

「住む」より「楽しむ」BESS(ベス)の家。新米オーナーに会いに行く!|BESS

「住む」より「楽しむ」BESS(ベス)の家。新米オーナーに会いに行く!|BESS

2020年05月07日

【information】未来の暮らしをイメージしにLOGWAYへGO!

BESSのLOGWAY(展示場)は、BESSの家を実際に体感しながら「未来の暮らし」をイメージできる場。そのため、家づくりの計画がなくても大丈夫。全国40か所のLOGWAYでは、BESSの家を家族水入らずで楽しめる貸切プログラムも用意しているぞ。詳しくは「全国のBESS」で検索!

【問い合わせ】
「住む」より「楽しむ」BESSの家
TEL03-3462-7000
http://www.bess.jp

●全国のBESS LOGWAYはこちら

●BESSについてもっと知るにはこちら

(出典/「Lightning 2021年2月号 Vol.322」)