これであなたもYouTuber!ジンバルカメラで手ブレなし、手軽に動画撮影に挑戦!

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 今回は、甥と姪がまだ小さい頃にこのアイテムがあったら、飽きもせずずーっと撮影していたに違いない編集部の紅一点・めぐミルクがお届け!

編集部の動画撮影用に、コレ欲しい!

YouTubeやライブ配信など、世の中はすっかり動画が主流。編集部でも“これからは動画も頑張っていこうぜ”という空気になってきた。“紙”と“写真”の世界にどっぷり浸かってしまっている私たちにとって、動画撮影は正直未知の世界。そんなとき、あるテレビ番組で、上京を考えている女の子が、東京で部屋探しをするというコーナーを観た。

女の子を撮影するカメラとは別に、女の子自身がジンバルカメラを持って、湯船の広さを確認したり、部屋の様子を撮影している。どちらかというと部屋の様子を見たい彼女たちにとって、どうしても撮影はないがしろになりがち。手ブレもするだろうし、カメラを急に振り回したりするだろう。そんな彼女たちが手にしていたのが、DJIのOsmo Pocketだった(と思われる)。その最新モデルがこのDJI Pocket2。

1/1.7インチCMOSカメラを搭載。滑らかな動きに加え、HDR動画や8倍ズームでも鮮明な画像を撮影できる

実際に使ってみてビックリした。3軸のジンバルの動きがすごく滑らかで、走りながら撮影しても一切手ブレなし。鮮明な映像に、臨場感あるステレオサウンド。タッチパネル操作に、AI編集までできちゃう。こんなに小さいボディに、どんだけ機能詰め込んじゃってるんですか、って話。この子が動画無知の私に光を見せてくれた。きっと私たちを支えてくれる、そう確信しております。

4つのマイクが内蔵されているので、リアルな音声を録音。マトリックスステレオ技術で臨場感たっぷり
付属のLightningスマートフォンアダプターを使えば、iPhoneがディプレイになるだけでなく操作もできる
専用のカバー付き。レンズが内側に収まるのでバッグの中に入れておいても安心だ。この状態で充電も可能

DJI「DJI Pocket 2」

片手で取り出せて、しかも手ブレ知らずの優れもの。小さいながらもタッチパネルを搭載し操作感も抜群だ。ミニ操作スティック、三脚マウント、Lightningスマートフォンアダプター、USB-Cスマートフォンアダプターなどが付属する。サイズはW38.1×H124.7×D30㎜、重量は117g。4万9500円。DJI Pocket 2 Creatorコンボは6万4900円

【問い合わせ】
DJI 
https://www.dji.com/jp

(出典/「Lightning 2021年2月号 Vol.322」)