マスタングの対抗馬として誕生したスポーツカー「CHEVROLET CAMARO(シボレー カマロ)」とは?

  • 2021.11.01 2020.12.27
  •              

’64年に登場したマスタングの大ヒットによって、ポニーカーと呼ばれるジャンルが誕生。GMも新たなにコンパクトなボディを持つスポーツモデル開発が急務だった。そこでFボディプラットフォームにスタイリッシュなハードトップボディを搭載したカマロを’67年に発売。ハイパワーエンジンをオプションで搭載できるようにするなど、若者のニーズを的確に捉えることで、デビュー当初から人気のモデルとなった。

【第1世代(1967年~)】3年間しか製造されなかった人気の初代カマロ。

1967 Chevrolet Camaro Z28

全長4.7mというコンパクトなボディサイズと、流麗なボディを持つカマロは、’67年にデビュー。2ドアハードトップとコンバーチブルのみの設定で、グレードもSS、RS、Z28の3種類だったが、豊富なオプションが用意され、組み合わせて販売された。第一世代は’69年で終了し、わずか3年間の短命に終わるが現在でもファーストカマロのファンは非常に多い。

20180620_lng07
カリフォルニアでは見かけたしっかりとレストアされて甦った1968年式シボレー・カマロ・コンバーチブルの雄姿。オープンモデルにはこんな大人っぽいボディカラーがよく似合う。センス良し。
ドラッグレーサー仕様の1969年式シボレー・カマロSS。盛り上がったエンジンフードは「大きな心臓が入ってるぜ」と、V8エンジン搭載を主張しているかのよう。火が出るほど速いことは想像がつく。

▼こちらの記事もおすすめ!

旧車で現代の走りを楽しむプロツーリングスタイルにカスタムされたシボレー・カマロ。

旧車で現代の走りを楽しむプロツーリングスタイルにカスタムされたシボレー・カマロ。

2020年12月26日

【第2世代(1970年~)】’70年代に突入し、ボディが大型化されたセカンドモデル。

1971 Chevrolet Camaro SS 396

’70年に登場した2代目モデルは、これまでのハードトップにかわってクーペに変更となり、同じFボディプラットフォームを使用しながらも、ボディはひとまわり大型化された。特にオイルショック前の前期モデルが人気で、左右二分割のバンパーを持つZ28は今でもファンが多い。

【第3世代(1982年~)】モダンな装備を多数採用した3代目モデル。

1982 Chevrolet Camaro Berlinetta

サードカマロ(3代目カマロ)」と呼ばれることも多い’82年登場のモデルは、先代と比べて若干コンパクトとなり、スクエアなデザインとなった。Z28に初めてインジェクションを採用し、後に全車がイジェクションを装備。またモデル中期に3速AT、4速MTがそれぞれ4速AT、5速MTへと多段化される。

【第4世代(1993年~)】’90年代に入り、一転して丸みを帯びた4代目カマロ。

先代のスクエアなデザインから一転、フロント周りは丸みを帯びたデザインとなり、一気に’90年代風のデザインとなった。ちなみにプラットフォームもホイールベースも先代から変更はなく、外装のデザイン以外は先代の基本構造を継承している。’98年には次世代のLS1エンジンを搭載。’02年に生産を終了。

【第5世代(2009年~)】5年のブランクを経て、初代モデルを意識したデザインを纏って復活。

2010 Chevrolet Camaro SS

先代モデルが終了した’92年から5年のブランクを経て、初代モデルを強く意識したフロントフェイスを持つ5代目カマロが待望の復活を遂げた。’07年公開の映画「トランスフォーマー」にコンセプトモデルを登場させ、プロモーションを行うが、’08年にGMが経営破綻することで、発売が遅れたと言われている。写真のV8エンジンを搭載したカマロSS。

【第6世代(2015年~)】史上初の、カマロターボが誕生。日本では「SS」「LT RS」「コンバーチブル」の3タイプが発売。

2016 Chevrolet Camaro

外観は先代モデルのキープコンセプトながら、シャシーやコンポーネンツを見直し、剛性を28%向上しつつ、約90 ㎏の軽量化を果たした現行モデル。搭載されるエンジンは、従来通り6.2リッターV8と、新開発の2リッター直列4気筒ターボを導入し、初のターボエンジンが搭載されることとなったのだ。

(出典/「別冊Lightning Vol.165 VINTAGE CARS」「Lightning2018年7月Vol.291」「Lightning 2020年2月号 Vol.310」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア