【Lightning Achives】HISTORIC WEAR絶賛発売中!初めて“レプリカ”古着をアーカイブ!

  • 2021.10.24  2020.10.27

ヴィンテージ古着が大ブームとなり、日本のファッション業界を席巻していた1995年。そんなヴィンテージを“完全再現させること”を目標に、大阪で創業したのがウエアハウスだ。その完全再現させたプロダクツは、当時は一般的に“レプリカ”と称されて大人気となったが、あれから25年経った今、その当時に“レプリカ”と呼ばれたプロダクツは、当時を知らない若者や海外のファンの間では、プレミア化し始めている。

購入はこちらから

ウエアハウスのプロダクツで振り返る、この25年間の古着の歴史。

ウエアハウスは、創業当時から変わらぬ姿勢で、現在でもヴィンテージを徹底的に解析しながら、それを再現させることに努めている。そのため、この25年間で蓄積してきた膨大な知識と技術により、現在のプロダクツの“再現性”においては、創業時とは雲泥の差があるのは確かだ。

しかし、これまで作ってきたプロダクツは、この25年間に持ち主に着用・洗濯され、保管中には空気に触れて酸化し、時には日焼けもして、ヴィンテージ古着さながらの表情に経年変化していた。実際にその風合いを見れば、ヴィンテージファンでも見分けがつかないほどの風格が漂っている。

Lot.407 Attached Hood Sweat Shirts|首リブにフードを縫い込んだ仕様の後付けパーカ。着やすさを考慮した一重の生地で、背中のチェーン刺繍はサ ーフチームのもので、そのユニフォームと思われる。もとにしたのは’40年代のもの

これは、25年間ぶれずにモノ作りに邁進してきたことが、正しかったという証であり、次世代のヴィンテージ古着として評価されるべき逸品であると、切に思う。その想いから、ヴィンテージ古着に特化してきた「Lightning Archives」シリーズでは初めて、“レプリカ”と呼ばれたプロダクツの古着だけをまとめることにしたのだ。

正直、このウエアハウスの古着は、レプリカという域とは次元の違うクオリティに達している。見た目はヴィンテージ古着そのものだ。糸、生地、染色、パーツ、縫製の全てがヴィンテージに忠実であるからこそ、ヴィンテージと見紛う経年変化をするのだ。

ウエアハウスのプロダクツは、将来的に「ヴィンテージ古着」としてカテゴライズされていくのかもしれない。それは、この1冊に集約した古着を見れば、誰もが感じるはずである。

購入はこちらから

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

サカサモト

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男編集部

Dig-it

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男編集部