熊好き必見! カリフォルニア州旗をインテリアとして楽しもう!

  • 2021.10.24 2021.02.20
  •              

米墨戦争(1846‐1848)の勃発に乗じて誕生したカリフォルニア共和国。その当時に誕生した国旗デザインをベースにしたのが、アメリカ合衆国カリフォルニア州の州旗。それをモチーフにしたインテリア雑貨を、カリフォルニアスタイルの空間スタイリングに使ってみてはいかが?

1.今は無きフラッグメーカーが’50年代に生産した逸品。

パラマウントフラッグ社のカリフォルニア州旗。サテン系の生地で作られており、オレンジ色の日焼けが雰囲気よし。額装して部屋に飾るだけで空間がカリフォルニアスタイルになる。[W1450×H920㎜]スタッフ私物

2.レトロインテリアに最適なガスランプ。

旧きよきアメリカのガソリンスタンドの給油機に付けられていたガスランプがモチーフ。電気で光るので、部屋の雰囲気づくりに最適。[W400×H450×D250㎜]2万7500円(レイジーストア TEL03-6432-6640)

3.アメリカンノスタルジック漂うネオンクロック。

ガソリン給油機の上にデザインされていたガスランプをモチーフにしたネオンクロック。柔らかに瞬くノスタルジックな光が。[W230×H275×D120㎜]1万3200円(レイジーストア TEL03-6432-6640)

4.使い方は自由自在のロックグラス。

ジュースやお酒を飲むときに使えるロックグラス。例えばこれに砂を入れ、エアプランツを植えたら、テラリウムケースにも早変わり。[W70×H90×D70㎜]968円(キャノンボール+1 TEL0291-36-6460)

5.カバードポーチといった野外スペースで存在感を放つチェア。

折りたたみ式のアウトドアチェアは、ベランダやテラス、カバードポーチといったカリフォルニアスタイルの野外スペースにばっちりだ。[W520×H950×D520㎜]4620円(レイジーストア TEL03-6432-6640)

6.ヴィンテージ好きには錆び感がたまらない看板。

サインプレートメーカーであるパスタイムサイン社製のもの。サビ加工が施されており、使い古された看板の雰囲気を上手く表現したデザインだ。[W447×D295㎜]4620円(アメリカン雑貨COLOUR TEL087-811-7762)

7.ソファに彩りを与えるCA州旗柄クッション。

ファミリースペースのソファにこのカリフォルニア州旗柄のクッションを添えるだけ、簡単にカリフォルニアテイストを演出することが可能だ。[W400×D400㎜]2090円(アメリカン雑貨COLOUR TEL087-811-7762)

8.消耗品であるティッシュをインテリアに変身させる。

そのまま部屋に置いたら少々野暮ったい印象なのがティッシュボックス。そんな時こそティッシュボックスケースで彩るのがオススメ。[W280×H100×D130 ㎜]1320円(キャノンボール+1  TEL0291-36-6460)

9.ガレージ作業からBBQ まで様々なシーンで使えるエプロン。

家庭や仕事、趣味といった幅広いシーンで使われるエプロン。動きやすい腰エプロンタイプなので、見た目もすっきりとしていて使いやすい。[W400×D900㎜]1650円(アメリカン雑貨COLOUR TEL087-811-7762)

10.デスク回りに置きたい卓上フラッグ。

デスク回りをコーディネイトするなら、卓上フラッグがオススメ。飾れば気分はカリフォルニア州知事の執務室!? ポール[170㎜]、フラッグ[W150×H105㎜]880円(キャノンボール+1  TEL0291-36-6460)

11.壁にかけても、立てかけても目立つヴィンテージ風ボード。

壁にかけたり、棚などに立てかけても雰囲気抜群。ペンキが剥げかけたヴィンテージ加工が施されているので。古材の壁に似合いそう。[W450×H300×D18㎜]1980円(レイジーストア  TEL03-6432-6640)

12.灰皿はちょっとした小物入れに最適。

カリフォルニア州旗がデザインされた灰皿。自宅やクルマのカギとか、指輪や時計といったアクセサリーを入れる受け皿としていいかも。[W100×H30×D100㎜]968円(キャノンボール+1  TEL0291-36-6460)

13.朝の目覚ましはこんなマグカップから始めてみる。

朝起きたらまずコーヒーを楽しむ。そんなカリフォルニアスタイルの生活。というわけでカリフォルニア州旗デザインマグカップはどう?  [W80×H100×D80㎜]968円(キャノンボール+1  TEL0291-36-6460)

14.エントランスからリビングまで使う場所を選ばないマット。

カリフォルニア州旗のデザインを落とし込んだラグマット。リビングのソファスペースやエントランスなど、空間のゾーニングに有効活用したい。[W1540×D900㎜]4950円(アメリカン雑貨COLOUR TEL087-811-7762)

【問い合わせ】
レイジーストア
TEL03-6432-6640
http://www.lazystore.net

キャノンボール+1
TEL0291-36-6460
[email protected]_canon

アメリカン雑貨COLOUR
TEL087-811-7762
http://www.shop-colour.net

※取材時の情報です。現在取り扱いのない場合があります。

(出典/「Lightning 2020年9月号 Vol.317」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア