中古一戸建てが西海岸風 “サーファーズハウス”へ生まれ変わる!

最終更新日 2021.10.24 公開日 2021.01.01

アメリカ西海岸のセンスを建築業界へ吹き込むクリエイター集団《カリフォルニア工務店》。「カッコいいものがないなら作ってしまえ」をモットーに、クリエイティブ・ディレクターの“ROCK 岩切”を中心に、新しく自由なライフスタイルを提案。そんな彼らがサーフ」をテーマに手掛けた、暮らしが楽しくなる家に生まれ変わったリノベーションハウスを紹介しよう。

“ROCK”岩切とは?

一級建築士かつ、カリフォルニアスタイルを体現するクリエイティブ・ディレクター。「カリフォルニア工務店」を取り仕切り、住宅設計からカフェの内装、ガレージ作りまで全国津々浦々を駆け巡る仕事人。「カッコいいモノがないなら作ってしまえ!」という、ナチュラルボーンなロック思考の持ち主なのだ。

今回紹介するのは、2017年に鵠沼海岸に誕生したリノベ物件。

  • 敷地_142.98 ㎡(約43 坪)
  • 面積_1F / 59.41 ㎡(約18 坪)、2F / 46.37 ㎡(約14 坪)
  • 住所_ 藤沢市鵠沼海岸1
  • 最寄駅_小田急江ノ島線「鵠沼海岸駅」徒歩12 分

開放的ながらも洗練されたスタイルを持つ、アメリカ西海岸の住宅。その誰もが一度は憧れるスタイリッシュさと心地よさを持つ居住空間を、カリフォルニア工務店ではオリジナリティ高い独自の視点で提案している。

これまでに茅ヶ崎、七里ガ浜、鵠沼海岸エリアに新築分譲住宅事業を展開してきたが、今回紹介する物件は空き家問題に取り組むべく新たなプロジェクトとして始動したもの。中古戸建を取得し、まるごとリノベーションして販売する「丸ごとリノベプロジェクト」だ。

アメリカ西海岸らしいクリーンな居住空間へと仕上がったサーファーズハウス

その第一弾として築20年の中古住宅を西海岸で人気の「サーファーズハウス」をデザインコンセプトにしたリノベーションハウスとして蘇らせた。ホワイトとアクアブルー、そして濃いめのウッドをカラーリングの基調とし、モダンなサーフテイストで仕上げている。

こだわったのは使用される木材のエイジング感とポップな色使い。カリフォルニア工務店のアイデアが光る内装は必見だ
アメリカンフェンスやメールボックスなど、細かな外装にまでカリフォルニア工務店らしいこだわりを落とし込んでいる

波乗りに人生を注げられる家のこだわりを紹介!

海と共に生きるサーファーたちの価値観を満たすサーファーズハウス。波乗りを愉しみ、帰宅したらサーフボードを立てかけてシャワーを浴びる。そして開放的なリビングで家族とゆったりと過ごす。そんな夢の暮らしが味わえるこだわりのディテールは必見。

ポイント1_海のある生活には欠かせない外部シャワーと浴室へのドア。

サーファーズハウスならではのディテールが、外に設けられたシャワーと、家の中を通らず濡れたまま直接「浴室」にアクセスできる外部ドア。サーフィンから帰ってきた後に、手軽に砂や海水を洗い流せるのが便利。海を気持ちよく楽しめるアイデアといえる。

室内から覗いた浴室と外部シャワー。サーファーならではの動線をしっかりと考慮したリノベーション設計だ
自身もサーファーのロック岩切のこだわり。この表情である

ポイント2_エイジング感とポップな色使いにこだわった開放的なリビング。

17畳のリビング・ダイニング・キッチンは開放感のある空間となった。その特徴はなんといっても木材のエイジング感と抜け感のあるポップな色使い。キッチン周りには古材をつかったカウンターや飾り棚をデザイン。天井には上品なレッドシダーを貼り、壁は淡いイエローライムを挿し色にした。

古材と色使いだけでモダンなサーフテイストに仕上げた。また天井には定番である照明付きシーリングファンを設けている

ポイント3_表情豊かに仕上がった古材カウンター。

板張りの中でも特に高級感を感じさせるシェブロン貼りを、古材を使いキッチンカウンターに採用。古材ならではのひとつひとつ異なる荒々しい表情と、上品な印象のシェブロン貼りが相まって、西海岸らしい抜け感のある雰囲気を演出してくれるのだ。

無骨な古材も使い方次第で良質なアクセントへと生まれ変わる。数々のビーチスタイルの住宅を手掛けた工務店ならではのアイデア

ポイント4_使い方は自由自在。ダイニングと一体感のあるウッドデッキ。

ダイニングスペースから容易にアクセスできるウッドデッキも完備。晴れた天気の日は家族みんなとウッドデッキで食事するのも楽しい。もちろん日頃愛用しているサーフボードのお手入れスペースとして活用も可能。発想次第で自由自在に使えるウッドデッキは、サーファーたちの心強い空間として役立つだろう。

ウッドデッキにはL字型のベンチもデザインされている。家族や友達との団欒の場として活躍すること請け合い

※情報は取材当時のものです。

【問い合わせ】
カリフォルニア工務店
TEL03-6459-5071
http://www.cal-co.jp

ライフスタイル不動産
http://www.thelifestyleestate.com/

(出典/「Lightning 2018年4月号 Vol.288」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。