スマホを差し込むだけでいい音を奏でる、自作ウッドスピーカー。

最終更新日 2021.10.21 公開日 2021.05.19

最近、DIY好きの間で密かに人気のウッドスピーカー。緻密な設計が必要なのかと思いきや、意外と簡単な構造でボリュームが大きくなり、スマホから直で聴く音よりも音が良くなるから不思議だ。また木製ならではのまろやかな温もりのある音が出力されるのもウッドスピーカーの魅力のひとつだといえよう。しかもスマホを差し込むだけの簡単な仕組みで、電源もいらずサイズもコンパクトだから、ビーチやキャンプなどアウトドアシーンにもぴったりだ。

  • 【仕様】
    ■サイズ/約W225×H135×D4.2㎝
    ■所要時間/約1時間30分
    ■材料費目安/約7000円(購入先によって金額は変わります)
    ■難易度/★★★☆☆

制作のポイントは、中央に挟む板のカッティングだ。家具と異なり、少し細かなカッティングが必要になるが、そこだけ注意すれば誰もで簡単に作れるのも嬉しい。今回紹介しているのは、iPhone7用のサイズだが、スマホによって差し込み口のサイズが異なるので、スマホの計測を忘れずに。

【今回教えてくれた先生は……】
DIYer(s) http://diyers.co.jp
DIYに特化したWEBサービス「DIYer (s)」。ショップの紹介やオリジナルDIYレシピを世界に発信&アーカイブしている。またDIYを通して暮らしを豊かにし、モノの価値を見直すことを提案。

まずは、準備するものをご紹介。

針葉合板

W225×H135の合板。フロント用がD15㎜、中央用がD9 ㎜、バック用がD18 ㎜を用意する。約500円

木工用ボンド

ボンドは乾かないうちに板同士をくっつけるとちゃんと接着せずすぐに剥がれてしまう。速乾タイプなら時短にもなり便利だ。約500円

スタンプ

スピーカーのボディの装飾に使うスタンプ。様々な書体のスタンプが市販されているので、好みで選ぼう。今回は「LNG」を使用。3672円

オールドウッドワックス

無垢の木に塗り込むだけで古材のような仕上がりになるソフトタイプのワックス。蜜蝋が主な原料で、カラバリも10種類用意している。2646円

今回使った道具はこちら!

ホールソー

板を丸くくり抜くときに、ドリルの先端に装着して使う道具。直径7㎝までの穴に対応し、開けたい大きさによってサイズは選べる。ない場合はホームセンターなどで開けてもらうのも手。

焼き印

今回はボディの装飾にスタンプを使用したが、写真のような焼き印を作って施してもいいだろう。いろいろ試してみよう。

早速やってみよう! 真ん中に挟む板のカットがキモ。

1.丸い穴を開ける位置を決める。

まずフロント用の板に丸型の穴をあける箇所の印を付ける。右サイドは30㎜、上下は各40㎜の位置。穴の直径は60㎜になる。

2.穴を開ける。

ドリルにホールソーを装着し、フロント用の板に穴をあける。直線のカットとは異なり、力を入れながら押し込むように刃を入れるのがコツ。

3.中央用の板も丸型にくり抜く。

中央用の板も丸型にくり抜く。フロント用の板を重ね、円の真ん中に印をつけ、ドリルを合わせる。重ねたときに中央用の板が見えないように直径は65㎜に。

4.スマホに合わせて差し込み口を作る。

中央の板にスマホを差し込むための穴と音を外に出すための通路を作る。

スマホによってサイズが変わるので、それに合わせて差し込み口を作ろう。ここだけはスマホのサイズに合わせるのをお忘れなく!

5.カットしていく。

印を付けた箇所をカットしていく。今回使っている中央の板は厚みが9㎜だが、スマホの厚みによっては12㎜の板を用意しよう。

6.表面をサンディングする。

カットしたら全体をサンディングする。カットした部分はザラザラとしているので、特に念入りにサンディングをしよう。

7.接着面に木工用ボンドを塗る。

3枚の板を接着して組み立てる。まず中央用の板に木工用ボンドを塗り、ヘラで薄く伸ばしたら乾かす。

8.接着する。

乾いたらバック用の板を接着する。

中央用の板の反対面にボンドを塗り、乾いたらフロント用の板を接着する。

ボンドは板の端までしっかり塗ってしまうと、重ねたときに外にはみ出てしまい、ワックスの色が付きにくくなるのではみ出ないように伸ばすのがコツ。

9.塗装する。

ウエスまたはスポンジにオールドウッドワックスを付けて、スピーカーのボディに薄く塗り込む。塗り終わったら1時間ほど乾かす。

10.スタンプでデコレーション。

乾いたらボディの空いているスペースにスタンプを施し完成。

他にも好みに合わせて装飾してみるのもいいだろう。

完成!

これで本当にスピーカーになるの? と思う人もいるだろうが、これが驚くほどいい音がするのである。ぜひ挑戦してみてもらいたい。

(出典/「LIGHTNING 2018年11月号 Vol.295」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。