男前なバン“エコノライン”! フォードのトランスポーター「E150」で都会を駆け巡る。

  • 2021.10.22 2020.08.21
  •              

フォードのトランスポーターであるE-150に乗る秋山さん。全長5.5mを超えるビッグボディで市街地を走るにはちょっと躊躇してしまいそうだが、スムースに街を移動する彼の姿を見ていると、なんだか勇気が湧いてくる!

フルサイズなのでキャンプ道具も満載に出来ちゃうんです!

キャンプ道具などのプロデューサーとして活躍する秋山さんは自身がデザインしたアウトドアグッズを展示会などに出店することも多くなってきたという。合わせてプライベートでも家族でキャンプを楽しんでいるため、荷物の入るクルマが必須条件。

雰囲気のあるキャンプギアや ウエアがズラリと並ぶ横浜にある「デバイスワークス」の店内

そこで、まずはハイエースベースのキャンピングカーを選ぼうと思ったが、キャンプ設備があるため荷物が積めないため断念。次に荷物が大量に積めてさらに人も寝られるという基準で調べ、フォードのE150を見に行ったところ、理想の大きさだったという。

キャンプギアブランド「デバイスワークス」の代表兼デザイナー秋山大輔さん。秀逸なデザインのプロダクツが多くコアなキャンパーからも支持されている

「サイズで選んだため、気になっていたのは街乗りができるかということ。そこで購入前に試乗してみたのですが、意外と横浜の狭い路地も無理なく走れたので、これなら大丈夫だろうと、購入を決意しました」

アメリカ本国ではデリバリー用に使用されているクルマだけあって、ラゲッジスペースも大きい。 観音開きのリアゲートも使い勝手抜群なのだ

普段はセカンドシート倒し、サードシートの座面と合わせてフルフラットなスペースに。荷物はサードシートの後部とシート下に収納しているという。これで必要な荷物はほとんど詰めてしまうが、シートを外せば2トン車並みの積載量を誇るという。

「実際に愛用してから感じたのですが、アメリカ車はトルクがあるので、荷物満載でもグングン山道を登っていくのがイイですね。またキャンプ場はデコボコの悪路が多いんですが、このクルマは見た目以上に車高が高いので、難なく走破できちゃうんです」

自身もキャンプ好きで家族とともにアウトドアを楽しんでいるため、積んでいるキャンプ道具もセンス抜群。目一杯荷物を積んでも、車中泊できるスペースが確保できるのがお気に入り

2014 FORD E-150(2014年式フォード E-150)

エコノラインの愛称で知られるフォードバンのDNAを受け継いでいるEシリーズ。一番コンパクトなモデルでも全長は5.5mあり、日本では文字通りフルサイズ。エンジンは281c(i 約4600cc)のV8に4速ATのマッチング。2014年式を最後に生産終了となる。

  • 2014 年式 フォード E-150
  • 全長550.4 ㎝ 全幅208.5 ㎝ 全高201.7 ㎝ 車両重量2583 ㎏ ※ カタログ数値
  • エンジン:4600cc(ガソリン)

続いてカスタムや車両のポイントを見ていこう。

カーゴフェイス

本来クロームメッキのグリルが装着されていたがブラックのカーゴフェイスを移植。バンパーやエンブレムなどもブラックアウトしマッチさせている。

インパネ周り

短いながらボンネットがあるため、エンジンは運転席より前にマウント。そのため後席へのウォークスルーが可能。シンプルなインパネも好印象。

シート

シートはブラックのレザー張り。車幅も大きいため運転席と助手席スペースも広々としているのが特徴。またフロントガラスも大きいため開放感がある。

ホイール

取材時は純正ホイールに冬タイヤを装着していたが、普段は社外アルミにTOYO OPEN COUNTRYを履いているため、よりワイルドな雰囲気に。

 

カッコいいバンにはカッコいいアウトドアグッズが必須! ということで、ぜひ秋山さんのお店「デバイスワークス」にも足を運んでみてほしい。

【DATA】
デバイスワークス
神奈川県横浜市西区藤棚1-52-7
TEL045-325-9046
営業/11:00〜18:00
休み/不定休
http://dwcamp.com

▼社用車にカスタムしたE-150をチェック!

商用車としてのバンを、とことんカッコよくカスタムしたデザイン会社の作業車がスゴイ。

商用車としてのバンを、とことんカッコよくカスタムしたデザイン会社の作業車がスゴイ。

2020年08月28日

▼こちらの記事もおすすめ!

フォードのフルサイズバン「E-150」をカーゴフェイス×ブロックタイヤで迫力を格上げ!

フォードのフルサイズバン「E-150」をカーゴフェイス×ブロックタイヤで迫力を格上げ!

2020年08月18日

(出典/「Lightning 2020年8月号 Vol.316」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア