カスタムでスクランブラー本来の姿を追求する「AKO MOTORCYCLE アコウモーターサイクル」。

最終更新日 2021.10.22 公開日 2020.07.31

その昔、スクランブラーは市販車を改造したバックヤードビルドだった。今なおそんなスクランブラー本来の姿を追い求め、自らカスタムしたバイクでレースにも参加する凄腕ビルダーを紹介する!

スクランブラーはレースに勝つためのカスタムがルーツ。

スクランブラーの語源は諸説あるが、スタートラインに並んだバイクがスクランブル(緊急発進)するかのごとく飛び出して行く様から、一斉にスタートするオフロードレースをスクランブラーレースと呼んだことに始まるといわれている。

そして’60年代にはオフロード用バイクが存在しなかったため、市販車をベースにオフロード走行ができるように改造したレースカーでデザートレースに挑んでいた。そんな市販車の改造バイクをスクランブラーと呼んだのだ。

デザートレースに出場していた当時の人たちと、全く同じプロセスで生まれるスクランブラー。

「AKO MOTORCYCLE」代表・赤穂共昭さん|元々ショップオープン前にはヤマハでエンジンの開発を行っていたという赤穂さん。必然的に今でもヤマハ車を取り扱うことが多いという

ここ数年スクランブラーが人気だ。オフロード走行の性能を上げつつ、モトクロッサーとは違う戦闘的なスタイルは、街乗りでも似合う。

静岡県袋井市にある「アコウモーターサイクル」は、そんなスクランブラー本来のスタイルを追求し、市販車をカスタムしてオフロードレースに参戦しているショップ。代表の赤穂さんは、自らもSRカスタムでレースに参戦している。

「子供の頃からバイク好きというよりメカ好きでした。当時パリダカのレースをテレビで見て、華やかなライダーではなく、メカニックになりたいと思ってた変わった子供でしたから(笑)。それが大学の時にモンキーを買って突然バイクにハマリ、今では乗るのもイジるのもどちらも大好きです」

自宅からほど近い林道にテストがてら走りに行くことも多いという。つい先日も耐久レースに参戦、見事優勝を果たしたそうだ

こだわりの「1998 YAMAHA SR400」カスタム。

この角度から見るとエンジンが直立しているのが良く判る。また、スイングアームを20㎜詰めることでコンパクトかつ腰高に見せている

今回紹介するのは、赤穂さんの愛車でレースにも参戦しているSRのカスタムだ。単にサスを長くしてオフロードタイヤを履いてもこの雰囲気にはたどりつけない。実はメインフレーム以外、ほとんどの部位に手が加えられている。

「ノーマルでは前傾しているエンジンを直立にマウントし直したり、リアまわりをショート加工することで、旧い英国車的な雰囲気とマスの集中化を狙っています。またシートフレームを一度切り離して上方へ付け直すことで、車高自体をあまり上げることなくタイヤとフェンダーにクリアランスを与えています。全てはノーマルSRの雰囲気を大きく壊さずにヴィンテージ感とオフロード走行へ対応するための加工です」

’60年代にデザートレースで活躍したトライアンフなどの英国車をモチーフに、現代のSR400でその雰囲気を再現している

問題に直面すると、それを解決するために修正を加工し、再び問題に直面し……、を繰り返した結果、赤穂さんのSRは現在の姿になっている。つまり赤穂さんは市販車を加工してデザートレースに出場していた当時の人たちと全く同じプロセスをたどっていることになる。これこそスクランブラーの本当の意味での原点であり、本来の姿なのだ。

ラリーレイドを思わせるヘッドライト周りもワンオフ。レース場で素早く取り外しゼッケンに変更できるようになっている
当時デザートレースで人気だったBATES製シート。’60年代のヴィンテージの表皮のみを使い、ベースはSRに合わせてワンオフ
マフラーはアップスイープのワンオフ。キャブはAMALを採用し、見た目、走りともにヴィンテージ感を与えている

ダートが似合うカスタムにこだわる「アコモ」。

現在は自宅ガレージを工房として使っているため、決して広くない店内に、作業を待つバイクがずらりと並ぶ。壁には一面純正パーツがストックされる。

ショップの中には旧いバイクの純正パーツが大量にストックされていた。良く見ると棚にも「ヤマハ純正部品コーナー」の文字が。

【DATA】
アコウモーターサイクル
[email protected]
http://ako-mc.blogspot.jp
営業/11:00~19:00
休み/不定休

(出典/「Lightning 2017年5月号 Vol.277」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。