キャンピングトレーラーの王様「エアストリーム」とは? 購入方法から疑問まで解説!

アメリカンキャンピングトレーラーの頂点に君臨するエアストリーム。敷地に置いて店をやったり、セカンドハウスとして利用するのもいいけれど、やっぱりクルマでけん引して旅に出たい! 日本でけん引するにはハードルもあるが、そこを乗り越えてこそ、唯一無二のアイデンティティを味わうことが出来るのだ!

そこで、エアストリームを購入検討する前に、知っておきたいエアストリームと旅に出るための必須事項をお届けしよう。これさえクリアすれば、日本中をルート66気分で旅できるぞ。

「エアストリーム」ってそもそもどんなトレーラー?

一番コンパクトなモデルでさえ、重量は1 トン超え。わざわざ日本仕様のナローボディに改造しないと登録すらできない。それがエアストリームだ。旧きよきアメリカ車のスケール感を味わうには、けん引免許が必要だったりしてそれなりにハードルは高い。そのせいなのか、愛好家の中にも「引っ張らず」に「定置して」使う人も少なくない。

創業者のワーリー・バイアム氏が、エアストリームを初めて生産したのは第二次世界大戦前の1931年。当時の技術で、より軽く空気抵抗の少ない形を目指した彼は、デザイナーにホーレー・ボウラスを起用。ボウラスは、かのリンドバーグが世界初の大西洋横断飛行を成功させた機体の設計者なのだ。

走るために生まれたエアストリーム。そのスピリッツは90年近く経った今も変わらない。さあ、ヒッチをつないで旅に出よう!

日本の道を走れる新車エアストリームを紹介!

デザインもサイズもバリエーション豊富な、今どきのエアストリーム。どのモデルも独自のスタイルアイコンを継承しながら、少しずつ特徴が違うので愛車選びの参考にしよう。

1.【SPORT 16F“BANBI”】コンパクトだけど4人も泊まれるスゴイやつ。

現在販売されている中では最小モデルだが、小粒でも中身はフル装備。ファミリーユースにはやや小さいが、カップルなら十分な広さとスペック。ちょっと寸詰まりのフォルムもキュートだ。取り回しもしやすいので、初心者にもぴったり。718万円

誰が見ても一目でエアストリームだとわかるフォルムは、16Ftのコンパクト タイプでも健在。常設ベッドもしっかりダブルサイズを確保しているので、 室内は意外なほど広々としていて、一日中室内にいても快適だ
大人ふたりが十分にくつろげるラウンジ。展開すればここもベッドになる
電子レンジ、コンロ、 冷蔵庫、シンク。キ ッチン周りの装備も万全

2.【SPORT 22】ファミリーユースを考えるならコレ。

ファミリーユースも可能な4人就寝モデル。小型で取り回しもしやすいが、車両総重量は1.5t超。ヒッチとヘッド車へのの垂直荷重も150㎏以上と、タフなヘッド車が必要。1034万1500円

内装はホワイト系で統一された、クールな印象。実際、室内がより広く、 開放的で車内滞在も快適だ
ウエイトディストリビューションヒッチが前提のアメリカ式連結部
広々としたバス・ト イレ・シャワール ーム。長期旅行もストレスフリーだ!

3.【INTERNATIONAL EUROPEAN 534】ヨーロッパ仕様のファミリータイプ。

外観はエアストリームだが、シャシーや装備はヨーロッパスタイルを採用した4人就寝のファミリータイプ。ヒッチの垂直荷重が小さく、乗用車でも問題なくけん引できる。1280万円

トレーラー前方から、後方の常設ベ ッドをみた様子。抑えた色調と木目のアクセントが洗練された印象に
スタビライジングカプラー を採用しているヨーロッパ式の連結部
オレンジのアクセントカラーが印象 的な、モダンなインテリアはさすがヨーロッパ仕様

4.【FLYING CLOUD 25F】豪華ホテル並みの装備が充実。

全長7m超の大型モデルが、このFlying Cloud 25F。広々としたラウンジに常設のダブルベッドまで備えている。それぞれ独立したシャワールームとトイレもあって、まさに走る1LDK。就寝定員は4人だが、大人4人でもゆったりの贅沢空間だ。2軸を採用し、高速道路での走行安定性も抜群。1430万円

仲間とゆったりくつろげるラウンジはクラブのVIPルームのよう。大きな窓から差し込む日はアルミの内装と相まって明るさ倍増

天井には、ルーフベントファン、天窓、そしてルーフエアコンと快適性を保つには欠かせないアイテムが揃う。ビルドインされた照明はLEDの省エネ仕様
キッチン周りは収納も充実。これほどのスペックなら、まさに 「持ち歩ける我が家」といえそう。内外のアルミパネルの間にはたっぷりと断熱材が組み込まれ、暑さ寒さをシャットアウト!
冷蔵庫は170ℓの大容量2ドア。 テレビももちろんついている。どこへ出かけても、家と変わらない生活ができる
サイドオーニングは日差しや雨を防いでくれる、快適なキャンプには不可欠なアイテム。これだけ大きな車ともなると、オーニングにもちょっとした迫力がある
見た目は相変わらずレトロながら、さりげなく灯火類はLED化されるなど、 たゆまなくアップデートは続いている。旧いスタイルに最新技術が盛り込まれているのに驚かされる

新車のエアストリームを購入できるのは……

エアストリームを扱い続けて20年以上。新車中古車の販売はもちろん、メンテナンス全般に至るまで、ベテランスタッフが対応してくれるので安心だ。

【DATA】
AIRSTREAM JAPAN
埼玉県新座市大和田4-15-2
TEL048-481-6462
営業/10:00~18:00
休み/水曜、第二木曜

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

続いて新車では手が出ない! そんなあなたにおすすめなのが中古車。お手頃価格で手に入れる方法と、購入前に知っておきたいことを紹介しよう。