革靴の染め替えはプロの技で! シューズケア専門店「ブリフトアッシュ」のマル秘テクを伝授!

  • 2021.10.24 2020.03.22
  •              

東京・南青山シューズケア専門店「ブリフトアッシュ」でレザーシューズの染め替えができるという。どうせ染め替えるのであれば、いっそのこと別色に一新しちゃってもいいんじゃない? ということで、実際に「ブリフトアッシュ」で染め替えをお願いするとともに、プロによる別色への染め替えテクニックを細かく見せてもらった。背フルで染め替えるときの参考になること間違いなし!

バーカウンターで酒を酌み交わすように、お気に入りの1足をカスタム。

「ブリフトアッシュ」北見健浩さん   もともとレザーシューズが好きだったこともあり、IT関連の仕事から華麗な転職。靴磨き職人として9年目の大ベテラン。シューズの染め替えは、 現在2カ月ほどの予約待ちなのだとか

ショップ創業時からシューズの染め替えサービスを行なっているという「ブリフトアッシュ」。買ったはいいが、あまり履いていないシューズを気分転換のつもりで、さらにヘビーに履き過ぎて、色が抜けたり変色してしまったものなど染め替えし、再び一軍として活躍できるのであれば嬉しい。

「ボディの色や染色する色によっては、何度も染料を入れるので、時間をいただいています。染料を調合して、なるべくお客様のイメージに近いカタチに仕上げます」と北見さん。

今回、生まれ変わらせていただくのはこちら!

「RED WING(レッド・ウィング)/BECKMAN(ベックマン)」を染め替える!

レッド・ウイングのベックマンは約4カ月前に購入。一週間で半分以上は履くというヘビロテ中の一足。クラシカルなフェイスと堅牢な作りから人気のモデルだ。今回は退色したわけではなく、より自分好みにチェンジするために染め替えることに。ブラウン×ブラックのツートンなんてカッコいいんじゃない?

シューケアのプロ直伝! 革靴の染め替えの方法。

用意するもの

上から染料、筆、溶剤、ブラシ(馬毛、豚毛、山羊毛)、マスキングテープ、へら。染め替えする際にコバやミッドソールなど染料が付着しないように注意が必要となる。そのため、マスキングテープを使用し、染める部分以外の箇所を保護しなければならない。

1.シューズレースを解く。

染色に限らず、シューケアの最初の作業は左右のシューレースを外すところから。

2.軽くブラッシング。

埃や汚れが付着していると染めの仕上がりに大きく影響するためブラッシングが必要。

3.マスキングテープを貼る。

ミッドソールがあるコバ部分、染色以外の箇所にマスキングテープを丁寧に貼っていく。

4.ヘラで細かな箇所を保護。

ヘラを使いシューズのインサイド部分など細かな箇所に染料が侵入しないように貼る。

5.マスキング処理完成。

今回はボディ色を活かしたツートーンへの染色のためヒールカップ部分を残した処理。

6.革を荒らす。

革へ染料が浸透しやすいように革を溶剤で拭き取り、表面の色を抜き、乾燥させる。

7.染料を入れる。

染色用の筆を使用し、染料を浸透させていく。特に履き込んだシワなどあれば入念に。

8.乳化クリームを入れる。

色付け後、革がある程度、乾燥したら乳化クリームを入れ、革に充分に染み込ませる。

9.充分に乾燥させる。

染料を入れたのち半日以上、染料のしみ込んだ革を乾燥させ色を定着させる。

10.仕上げのブラッシング。

色を整え、革にしなやかさを戻すため乳化クリームを入れ、仕上げのブラッシング。

完成! 生まれ変わったポストマンがここに!

アッパーの羽根部分のみをブラックに染め、ツートーンを希望したブーツ。ブラウンとブラックの相性もよくサドルシューズのようなデザインへと生まれ変わった。靴の磨きも込みで1万6200円

印象ガラリ!? シューレースにひと手間。

シューレースのエンド部分にシューズの色やスタイルに合わせた金具を装備することで靴の印象は大きく変わる。いつもの靴を少し上品に、さらに高級感を演出したいのであれば手軽にできるカスタムのひとつだ。648円

いかがだったでしょうか。これぞプロの技! 高級な靴や思い出の一足はぜひお店でリペアしてもらってみてほしい。店で過ごす時間もまた、格別な空間です。

【DATA】
ブリフトアッシュ
東京都港区南青山6-3-11 PAN南青山204
TEL03-3797-0373
営業/12:00~20:00
休み/火曜
http://brift-h.com/shop/aoyama

▼ブーツについて詳しく知りたい方はこちらをチェック!

メンズブーツの種類、人気ブランドからコーデまでおすすめを厳選紹介!【完全保存版】

メンズブーツの種類、人気ブランドからコーデまでおすすめを厳選紹介!【完全保存版】

2021年11月01日

(出典/「Lightning 2017年3月号 Vol.275」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア