誕生から四半世紀!「トミカ」の市場価値と魅力とは?

  • 2021.11.24 2020.01.27
  •              

玩具の王様とも形容すべきタカラトミー社が展開する“小スケールミニカー” の「トミカ」。約四半世紀の期間、子供から大人までを虜にしてきたトイシリーズの現在の市場価値とは?

世相を反映する、トミカの歴史がクルマの歴史。

海外の玩具メーカーがリリースする“小スケールミニカー”に目を付けたタカラトミー社が、1970年に国産車の本格的小スケールミニカーのトイシリーズとして誕生させたのが「トミカ」。このブランドの代名詞といえば、時代ごとに移り変わる最先端の国産車に加え、ランボルギーニやフェラーリといった一般層には手の届きにくいスーパーカー類の具現化だが、その他にもバイクや航空機、戦車など、様々なバリエーションが存在し、これまでの累計出荷数はなんと6億個を超える。

ロスマンズ ポルシェ(1980年代製)

巣鴨にある老舗ミニカーショップ、ガリバーさんが’80年代に特注した逸品。1982年ル・マン24時間レース優勝車として知られるポルシェ956 ロスマンズを1/66のスケールで再現した日本製で、現在の価値は6万円ほど

また、アニメに登場する架空のモデルや、遊園地のアトラクションを忠実に再現したものなど、なんとも遊び心をくすぐるラインナップが実に面白い。さらに、販売促進の一環として自動車メーカー全面協力のもと制作されるモデルも多数存在し、東京オートサロン2019などで展開されるそれら商品には多くのファンが列を作る。

人気アトラクションの宇宙貨物船を具現化したこちらは、30年ほど前に東京ディズニーラ ンドにて630円で販売された同テーマパークの特注品。販売開始直後にジョージ・ルーカス側からのNGが入り、すぐさま生産中止となった非常にレアな逸品で、状態で異なるが50万円ほどの高値がつく。おそらく一番レアなトミカだろう

そんな風に「トミカ」の魅力は枚挙にいとまがないが、特筆すべきは、「トミカ」の日(毎月第3土曜日)に既存モデルと入れ替わる形で新型が登場するため、新商品がすぐに廃盤品となり、入手が困難となる点ではないだろうか。

今回は、現在の「トミカ」の市場価値を探るべく、中野ブロードウェイでミニカーの専門店を20年間営むアルフさんにお邪魔した。

「トミカ」の市場価値を知る!

長く愛用した思い入れの強い一台や憧憬を抱いたあの名車を、いま現実的に所有することは不可能だけどミニカーなら叶う。そんな魅力溢れるトミカの現在の市場価値をチェック!

No.19 日野 バルクトレーラー(2000年代製)

トラックや緊急車両などを再現する“働くクルマシリーズ”から登場した日野のバルクトレーラー。実在するのかし
ないのか分からない“東京精糖” のプリントがなんともファン心を刺激する。相場は1万3000円ほど。

No.26 ライオンバス(2000年代製)

富士サファリパークで販売されていたと思われるライオンバス。現在は1300円と、値段こそそれほど釣り上がらないものの、幅広い層のファンを楽しませてくれる、トミカの振り幅の広さを感じさせてくれる逸品。

スーパーカーシリーズ 2(1970年代製)

スーパーカーブームの頃に登場したギフトセット。通常シリーズでは販売されていないカラーリングのフェラーリやランボルギーニなど4種類の高級車が入っている。販売当時は960円だったが、現在は6万円ほど。

No.75 ウルトラマン マット カー(1971年製)

特撮テレビ番組『帰ってきたウルトラマン』に登場したマットビハイクルを、“ウルトラマン マットカー”の名でコラボ展開した1971年の人気商品。当時は220円で販売されていたが、現在は6万円代の値が付く。ステッカー未使用。

No.30 コルト ギャラン GTO(1970年代製)

三菱自動車が’70年代に製造を開始した名車を、美しいオレンジメタリック系の配色で再現。一カ所キズがあるため22万円前後だが、それがなければ、30万円ほどの値段がつくものも。

No.27 クラウン ファイア チーフ カー(1970年代製)

ホイールを白プリントで表現した“1Sホイール” を装備していることから、トミカの最初期のものと推測できる。発売当初は180円だったが、現在は5万円前後。

三菱キャンター レッカー車(2000年代製)

“働くクルマ系シリーズ” の中でも特に人気の高いJAFトラック。付属のパーツでトミカを牽引できるのもこのプロダクツの醍醐味。販売当時は400円ほどだったが、現在は4000円程に。

スバル 360(てんとう虫)(1980年代製)

数種類のカラバリが販売されたスバル 360。中でも非常に珍しいのが水玉模様の装飾を纏った通称:てんとう虫。通常は赤×黒コンビが一般的だが、こちらは、世に出回らなかった幻の試作品で20万円以上。

F8 BLMC ミニ クーパー S マーク III(1990年代製)

様々なメーカーとコラボしてきたトミカだが、中でもとりわけ数が多いのがミニクーパー。写真のリプトンの他、コカコーラーや伊勢丹と、様々なタイプが存在する。現在は1万6500円。

No.100 フォルクス ワーゲン 1200 LSE(1990年代製)

日本ではビートルの愛称でも親しまれるフォルクスワーゲンの1200。こちらは、日本のミニカーショップ、シェリフさん特注によるオリジナルカラーで、現在は7000円代で取引されている。

No.20 ニッサン スカイライン(1986年製)

俳優の岩城滉一氏を起用したCMでも話題となったGTSシリーズ。内装シートが通常製品にはないカラーであること、さらにボディ裏のカシメに取り外しの形跡がないことから、試作品であることが証明でき、価格は16万円ほど付く。

ランボルギーニ カウンタック LP500S(2000年代製)

トミカといえば百貨店の玩具売り場を連想する人も。写真は、伊勢丹がカラー別注したランボルギーニで、20年ほど前に400円前後で売られていたものが現在では3万円ほどの価値がつく。

No.8 サニー 1200 COLIPE QX(1970年代製)

トミカ誕生の初期頃に制作された1Sホイール装着のサニー 1200。実用車のサニーと同様に数多く生産されたモデルだが、稀少性の高いゴールド色のため、現在は4万円以上の価値がある。

No.97 シトロエン H トラック(1990年代製)

フランスのシトロエンが’40年代から’80年代に製造した貨物自動車。球数の多い商品だが、保存状態も良く目立った傷もないため2500円くらい。他にも、ミシュランやSOGOなど、実在する企業のロゴを纏った様々な種類が存在。

今回お話を伺ったのは……

【DATA】
中野ブロードウェイ ミニカーショップ alf(アルフ)
東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ2F
TEL03-3389-7156
営業/12:30〜20:00、日祝日12:30〜19:00
休み/水曜
http://alf-ec.com

(出典/「Lightning 2020年1月号 Vol.309」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア