バイク展示がある秋フェス、New Acoustic Camp 2023でみんながまたがったのはコレだ!【NAC2023展示車両その3】

  • 2023.10.25

2023年9月16日(土)~18日(月・祝日)の3日間、群馬県利根郡みなかみ町水上高原リゾート200 ゴルフコースにて開催された、『New Acoustic Camp 2023 〜わらう、うたう、たべる、ねっころがる。〜』(以下、ニューアコ)。今年のニューアコでも、我ら『タンデムスタイル』がバイクエリアをプロデュース。話題のニューモデル展示や、バランスゲーム、来場者プレゼントなど、見どころいっぱいのブースで来場者を楽しませたぞ。その中でも大人気だった、バイクエリア展示車両をご紹介。【全6車種】

▼これまでに紹介した車両はこちら

音楽フェス×バイク展示で楽しむ3日間。ヤマハ・XSR125も登場!【NAC2023展示車両その1】

音楽フェス×バイク展示で楽しむ3日間。ヤマハ・XSR125も登場!【NAC2023展示車両その1】

2023年10月17日

BMWのGSアドベンチャー末弟、野外フェス会場に登場!【NAC2023展示車両その2】

BMWのGSアドベンチャー末弟、野外フェス会場に登場!【NAC2023展示車両その2】

2023年10月23日

ROYAL ENFIELD・SUPER METEO650

ニューアコの“バイクエリア”で展示されたロイヤルエンフィールド・スーパーメテオ650は、“クルーザー”タイプのバイク。ゆったりとした姿勢でまたがることができ、シートも低めでまたがりやすいので老若男女問わず人気を集めていた。そのクラシックな見た目から、“長距離もへっちゃらな旅バイク”だというイメージを持っている人も多かった。実際にまたがり体験した人からは「足が着きやすい」「大きくて、堂々としている!」との声が聞こえてきたぞ。キャンプ道具をいっぱい積んで旅に出るのもイイし、アコースティックギターを担いで乗るのも似合うかも⁉

どんなバイク?

世界最古のモーターサイクルブランド・ロイヤルエンフィールド。クラシックな見た目で最新技術てんこ盛り!というバイクを多数展開しており、その中でも、“流星(METEOR)”の名を冠しているスーパーメテオ650は、スタンダードとツアラーという2タイプのラインナップがある。今回ニューアコ会場で展示したのはツアラーの方だが、スタンダードとの違いは大型スクリーンや肉厚なダブルシート&バックレストが標準装備されているところ。基本的な性能はスタンダードもツアラーも変わらない(ツアラーの方が若干重い)。左右に張り出すように主張するマフラーも特徴の1つ。

ディティールは?

※写真はスーパーメテオ650(スタンダード)のもの。

アナログ式のスピードメーターの中央に液晶モニターを配置。タコはなく、モニター内に距離計やギヤ、残燃料などを表示する。右はターン・バイ・ターンナビを表示
エンジンはカバー類を新デザインとした。シリンダーからシリンダーヘッドにかけて配された機能美を感じさせるフィンが今となっては希少な空冷エンジンの証
フロントにはロイヤルエンフィールド初の倒立フォークを採用(SHOWA製SFF-BP)。フロントブレーキはシングルだが、必要十分な制動力を発揮する
ロイヤルエンフィールド初となるLEDヘッドライトを採用。最新技術を取り入れつつ全体のオーセンティックなスタイルとリンクするように、デザインされている
丸みを帯びた形状の容量15.7ℓの燃量タンク。タンク両サイドに配される凝った造形の立体エンブレムがオーナーの所有感を高めてくれることだろう

ちなみに同シリーズとして、メテオ350もラインナップされている。こちらは普通二輪免許で乗れるのでさらに気負いなく付き合っていけるだろう。さてニューアコの会場の様子をもっと知りたい場合はぜひタンデムスタイルWEBサイトをチェックしよう! 

ROYAL ENFIELD・SUPER METEOR 650のスペック

全長×全幅×全高
2,300×890×1,380(㎜)
軸間距離
ー㎜
シート高
740㎜
車両重量
244㎏
エンジン型式・排気量
空冷4ストロークOHC4バルブ並列2気筒・648㎤
最高出力
34.6kW(47㎰)/7,250rpm
最大トルク
52.3N・m(5.3㎏f・m)/5,650rpm
燃料タンク容量
15.7ℓ
燃費(WMTC)
ー㎞/ℓ
タイヤサイズ
F=100/90-19・R=150/80-16
価格
97万9,000〜103万9,500円

ROYAL ENFIELD SUPER METEOR 650 製品ページ

 

ここで紹介しきれなかったSUPER METEOR 650の画像はコチラでチェック!

【問い合わせ】
ピーシーアイ
http://www.royalenfield-tokyoshowroom.jp

※情報は取材当時のものです。

(タンデムスタイルWEB「車両インプレ・解説 ROYAL ENFIELD・SUPER METEOR 650」より。一部加筆修正を行なっています)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部