「FINE CREEK」Owner・山崎佳克のカジュアルレザーコーデ。

  • 2024.06.04

馬革にこだわり、ホースハイドを使用したレザーアイテムをメインに扱うブランド、「FINE CREEK」。そのオーナー山﨑佳克氏も、ホースハイドの愛用者でもある。最近では鹿革も愛用しているという山崎氏の、レザーを取り入れたカジュアルコーデと、気になるものや愛用品について訊いた。

スニーカーやスウェットとの組み合わせでレザーをカジュアルに着こなす。

JACKET/CWORKS PARKA/CWORKS PANTS/CWORKS SHOES/Nike WATCH/OMEGA。https://www.finecreek.jp

良質な馬革を軸にヴィンテージウエアから着想を得たレザークロージングに定評のあるFINE CREEK。その代表でもありディレクターを務める山﨑氏。最近は鹿革を使ったプロダクツにも力を入れており、軽量で革も柔らかく着用しやすいことから、スウェットのセットアップにスニーカーなど、カジュアルなリラックススタイルで過ごすことが多いという。

山崎佳克さんの愛用品を紹介。

マテリアルに鹿革を使用したシンプルなト。ラッカージャケット。軽量で革も柔らかく着用しやすいため、スウェットなどとコーディネイトすることがほとんど

1930年代の馬革のコートをモチーフに鹿革で作ったダブルブレストのコート。着丈も長くかっちりしたデザインのためスニーカーなどカジュアルに着ている。

MAKERSの手嶋氏と作ったDuo Fordのローパーブーツ。アッパーには馴染みの良いホースハイドを採用し、太めのトラウザーズなどに合わせて着用している。

ナバホのシルバーアーティストとして知られるHoward Nelsonのバングル。繊細なクラフトワークとサイズ、重量感ともにお気に入り。

カジュアルにもフォーマルにも相性の良いOMEGAのスピードマスターは奥様からのプレゼントで、ここ数年、この1本のみを愛用。

Good Art HLYWDのブレスやリングも愛用中。レザーを着たややゴリっとしたスタイリングの時などに合わせてつけることが多い。

(出典/「CLUTCH2024年5月号 Vol.95」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

断然革靴派

パピー高野

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

竹部吉晃

昭和40年男, 昭和45年女

ビートルデイズな編集長

竹部吉晃

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

金丸公貴

昭和50年男

スタンダードな昭和49年男

金丸公貴

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

杉村 貴行

2nd(セカンド)

ブランドディレクター

杉村 貴行

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男 編集部

昭和40年男

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男 編集部

昭和45年女 編集部

昭和45年女

“昭和カルチャー”偏愛雑誌女子版

昭和45年女 編集部

昭和50年男 編集部

昭和50年男

昭和50年生まれの男性向け年齢限定マガジン

昭和50年男 編集部