英国ロンドンで着る天神ワークスのレザー。

  • 2023.10.29

上質なレザーというだけでなく、長く付き合うことで美しい経年変化を体現できる天神ワークスのレザープロダクツ。そんな至極のアイテムを英国ロンドンでスナップ。歴史あるロンドンの街並みに天神ワークスのレザーが溶け込んだシーンは、天神ワークスが国境を越えて愛されているブランドであることを再確認できる。

日本のクラフトマンシップがロンドンの街に降り立たった。

LEATHER WORK SHIRT: WS03

Color:Tan ¥148,500_

左右非対称のポケットが特徴的な1920~’30年代に存在したワークシャツをデザインソースにレザーで再構築。採用したキップレザーは0.6mmに薄く漉き、きめ細やかな仔牛の革ならではのソフトでしなやかな着心地が味わえる。シンプルにホワイトのTシャツに合わせるだけでもサマになる。

SINGLE COLLAR JACKET: JS01

Color:Black ¥181,500_

戦前に存在したスポーツジャケットのデザインをベースに、オイルドキップレザーで再構築したクラシカルなシングルレザージャケット。きめ細やかながら堅牢なキップレザーに独自のオイルを加えることで独特な風合いになっている。シンプルになりすぎないように迷彩柄のミリタリーパンツをアクセントにスタイリングする。

C’MAN CREW JACKET: FJ01

Color:Navy ¥203,500_

アメリカ海軍に1960年代に支給されていたコットン製のデッキジャケットをデザインソースに、オイルドキップレザーで再現したジャケット。しなやかなレザーは独特なドレープ感とストレスフリーな着心地を両立させているので、レザーながら気負わず羽織れるのも特徴。スタイリングはネイビーのレザーに合わせて同系色のカラーをあえてチョイス。ブルーのグラデーションがポイントになる。

C’MAN COACHING JACKET: SJ01

Color:Olive ¥187,000_

ナイロン製のヴィンテージコーチジャケットを0.6mmのオイルドキップレザーで仕立てたモデル。レザーながら本来のコーチジャケットが持つ軽さやしなやかさ、それに独特なドレープ感までもレザーで実現させたモデル。レザーをその種類から性格、なめしのレシピまで研究を重ねることで生まれた経年変化が楽しめるコーチジャケットになっている。清潔感のあるホワイトのボトムスとも相性良くコーディネイトできる。

C’MAN FISHTAIL COAT: FJ02

Color:Blue ¥253,000_

USアーミーのオーバーコートとして支給されていたM-65フィッシュテールパーカをレザー素材で生まれ変わらせたモデル。しなやかながら堅牢性の高いオイルドキップレザーはロング丈のコートでこそ、その美しさをはっきりと味わえる。ストレスフリーな着心地ながら、本来のコートに必要な防寒性もレザーならではの高さを誇っているのも特徴。スタイリングはシンプルなシャツにブルーのレザーと同系色のスカーフをアクセントとしてバランス良くまとめている。

【DATA】
天神ワークス TEL03-3870-8658
http://www.tenjinworks.com

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

サカサモト

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男編集部

Dig-it

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男編集部