BRAHMANも参戦!ストリートカルチャーを集約させた複合型イベント「HOUSE OF SEVEN」レポート。

先日ここでも告知した、音楽、バーバー、ファッション、アート、ホットロッドをテーマにした複合型イベント「HOUSE OF SEVEN 2020」が2020年1月13日に開催された。
前回は渋谷での開催だったが、今年は場所を移して我々CLUTCH magazine編集部も馴染み深い(CC Showの会場と同じ)横浜大桟橋ホールで行われ、老舗ウイスキーメーカーJACK DANIEL’Sが持つオールドアメリカの世界観と日本に浸透するストリートカルチャーを融合させた空間が誕生。多くの人が訪れた。

メインイベントは世界一のバーバーを決定するコンテスト「WBC」決勝戦。


世界中より選りすぐりのバーバーが大集合し、ゲストのトップバーバーたちによるカットショーが行われた。そしてサブステージでは日本各地、台湾、韓国で予選を行いアジアNo.1バーバーを決める「WORLD BARBER CLASSIC」決勝戦も行われ、一般客のほか、理容師、美容師の姿も多く見られた。

アジア予選を勝ち抜き、WBC決勝戦、最終審査発表を待つバーバー達

ライブステージのメインアクトを務めたのは「ブラフマン」。


今回のライブステージのメインアクトを務めたのはロックバンド「ブラフマン」。会場はものすごい熱気に包まれた。ライブに、カットショーに、物販など、さまざまな角度からオールドアメリカンカルチャーを楽しめる内容に、多くの観客が魅了されていた。今回は来場者数3000人超、前回以上の大盛況となった。


近い世界観を持つ異なるジャンルのコンテンツを一堂に集めた新しい形のイベント「HOUSE OF SEVEN」。新たなライフスタイルの価値観を感じられるまたとない機会、来年の開催が今から楽しみだ。
【DATA】
2020年1月13日(月曜祝日)開催※終了済※
チケット:前売り4000円 当日4500円
会場:横浜港大さん橋国際客船ターミナル
神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4
公式サイト:https://houseofseven.jp