【LA】ロサンゼルスで最も旧いアンティークモール「Sherman Oaks Antique Mall」は、まさに宝探し!

  • 2021.10.26 2020.02.04
  •              

アメリカでアンティークやヴィンテージを探すなら、フリーマーケットかアンティークモールがおすすめですが、今回紹介するアンティークモールは、1982年オープンというロサンゼルスで最も古いアンティークモールのひとつです。シャーマンオークスというロサンゼルス・ダウンタウンからクルマで小一時間ほど、北西に行ったところにあります。

「Sherman Oaks Antique Mall」は宝探し感が味わえる!


蚤の市をぎゅっと押し込めたような空間が広がる「Sherman Oaks Antique Mall」。100ものディーラーによるブースで構成される大きなモールで、ヴィクトリアンからミッドセンチュリーモダンまで、幅広い年代のアンティーク、ヴィンテージアイテムがひしめき合っています。
一見するとガラクタのようにも見えるけれど、中にはマニア垂涎のアイテムが眠っているかもしれないワクワク感漂う店内で、気になったアイテムをピックアップしていきます!

ミリタリーアイテムが大充実! リメイクにも使えそう!


こちらは第二次世界大戦時のベレー帽。コンディションもよく、タウンユースで被ることもできそう。


こちらも第二次世界大戦時のバッジ。ハットやジャケット、バックなどに付ければプチリメイクができそう。下の写真の精巧なつくりのもので125ドルと意外とお手頃。


制服も状態もよく、ミリタリー好きにはたまらない。

色とりどりで美しいカフスのコレクションにも目を奪われる。ミリタリーっぽいのもありました。

ネイティブアメリカンのアイテムも発見!


ネイティブアメリカンのディテールが細かく表現された人形も。着ているコートのネイティブアメリカンの模様が目を引きます。

ありました、こちらはネイティブアメリカンジュエリー。手前のベルトは1940年代のもので800ドル。

1930年代のネックレスはレアものだそうで、1600ドル!

こちらのターコイズの石は全部で280ドル。

アンティークモールの定番アイテムたち。


アンティークショップではお馴染みの、古いカメラたち。50ドル前後のものからある。

ミッドセンチュリーモダンの置き時計はまだちゃんと動く。左がWestclox社製のもので58ドル、右が1950年代のCirca社製で52ドル。

こちらも定番。買ってどうするのか不明な、トロフィーたち。これだけ並ぶと壮観です。

細工の美しい煙草入れ。Sterling match safe vesta 395ドル。

レザーポーチ付きのジッポは95ドル。

インテリアにも使える古本もアンティークモールの定番。

トランクはイギリス製で250ドル。天板を置いてテーブルにしたりと用途はいろいろ。

これって買って使うのかしら? Spencer buffalo microscope 185ドル。

Zenith製ラジオは140ドル。

右奥 1964年製のビールの宣伝用看板はレアもので350ドル。いまだに問題なく光り、使えるそう。


ヴィンテージ LIFE MAGAZINE1冊は1冊15ドル。ヴィンテージレコードもアンティークモールでよく見かけるアイテムのひとつ。

カッコいいヴィンテージのミラーサイン。飾ればバーの雰囲気に。

1920年代〜1930年代の集合写真は127ドル。こちらも買ってどうするんだろう……。

古いSTOP SIGNは1970年代のもので175ドル、1961年製の木製スケートボードは295ドル。スケートボードは需要があるようで、アンティークモールの人気アイテムのひとつです。

ヴィンテージジュークボックスは375ドル。

ファッションアイテムもありました!


ここのアンティークモールは雑貨や小物が面白いので目がいかなくなっちゃうのですが、もちろんファッションアイテムも。こちらは年代物の丸眼鏡。

6ピースの理髪セットは385ドル。

女性もののヴィンテージ服や靴もありました。

アンティークのトイは飾りたくなるものばかり!


思わずカワイイ!と叫びたくなる旧いおもちゃ。

こちらの棚はミニチュアフィギュアのコレクション。工事現場の人やビジネスマン、警察など1つ25ドル前後。

ドミノは35ドル。

こんな感じで、本当にここ「Sherman Oaks Antique Mall」は様々なジャンル、年代のアンティークが並び、誰もがワクワクするような空間になっています。個人的にも、すごく見応えがあり面白いモールだったのでまた定期的に訪れたいなと思っています。面白いもの、掘り出し物を探したい人にはすごくおすすめです!
【DATA】
Sherman Oaks Antique Mall
14034 Ventura Blvd, Sherman Oaks, CA 91423

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア