ここはメキシコ? ロサンゼルスの街中に突如現れるメキシコの街並みに潜入!

  • 2021.10.26 2019.12.23
  •              
ロサンゼルス・ダウンタウンの玄関口、ユニオンステーション。そのすぐ向かいに、100メートルほどの何やらやたらと賑やかな通りがあります。一歩足を踏み入れると、そこはまるでメキシコ。それが、Olvera street オルベラストリートです。

メキシコ感じるこのストリートこそ、ロサンゼルス発祥の地。


こちらが、Olvera streetの入り口。何やら派手な建物が見えてきて、テンションがあがってきます。


一歩足を踏み入れたら、この通り。賑やかな色使いが街に溢れています。

ここオルベラストリートは、ロサンゼルス発祥の地。1771年に、スペインの宣教師が布教活動のためにこの地に住みはじめ、1781年、当時のスペイン王に命じられ、11組のスペイン系メキシコ人家族、計44名がメキシコから移り住みました。それ以降、メキシコから多くの移住者がこの場所に集まり、栄えていきました。

そしてこの地を「El Pueblo de la Reina de los Angeles(天使の女王のまち)」と名付けたのが、今日のLos Angeles ロサンゼルスの始まりなんです。

こうして、ロサンゼルス発祥の地となったオルベラストリート。今のこの姿になったのは1930年で、ロサンゼルスに受け継がれるメキシコの伝統を祝福するために作られました。現在では、100メートルほどの通りが二手に分かれていて、民族工芸品や土産屋、レストランが約80軒立ち並びます。また、この通りを中心とした公園が、エルプエブロ・デ・ロサンゼルス州立歴史公園となっています。

アメリカにいながらメキシコ土産が見つかるオルベラストリート。

通りに並ぶお店をチェックしてきましょう。店頭には、目が覚めるような色使いの衣装、小物が並びます。陽気なメキシカンミュージックも聞こえてきて、自然と気分も上がってきちゃいます。



焼き物や飾り、キャンドル、置物、アステカカレンダーなど見ていて楽くなるようなものがたくさん! インテリアに取り入れたらハッピーな気分になれそうです。



奥のガイコツの置物、日本には絶対ないデザインですよね(笑)。

こちらは、メキシコの伝統的なサンダル「ワラチサンダル」のお店。


一足20ドル前後とお得で、私もここで購入したことがあります。履き心地もよく、おすすめのアイテムです。
続いてこちらはハンドメイドの革製品のお店。

メキシカンラグやTシャツ、ポンチョなどが所狭しと並びます。



別のお店には、お土産サイズのソンブレロ(メキシカンハット)や可愛らしい操り人形もありました。



メキシコらしさ溢れる食器やタイルのお店もあります。

陽気で明るい雰囲気のガイコツが人気!


ここまでの写真でお気づきだと思いますが、ガイコツモチーフの洋服や雑貨があらゆるショップの店頭に並んでいます。これは、故人の魂が帰ってくるというメキシコの祝日「死者の日」に由来するもの。ディズニー映画「リメンバー・ミー」でご存じの方も多いのではないでしょうか?
毎年11月1日と2日に魂が戻ると言い伝えられ、メキシコでは毎年10月末から様々なセレモニーが行われます。日本でいう「お盆」のようなものですが、しめやかに過ごすのではなく、陽気に楽しみながら故人へ祈りを捧げるのが特徴。そのため、色鮮やかで明るいデザインのガイコツが、様々なところで描かれています。可愛らしい絵柄も多いのでインテリアに取り入れてもいいかもですね。

オルベラストリートの名物スイーツとは?


歩いていると小腹が空いたので、小さなキャンディーショップでメキシコの伝統菓子を購入。

cocada horneadaといって、ココナッツの焼き菓子で、中までココナッツがびっしり。ちょうどいい甘さで美味しいんです。歩き疲れて糖分を欲しているときに、おすすめです。

また、こちらの店Cielito Lindoはいつでも大行列。

Taquitosという、揚げたタコスが大人気です。


ラインナップはこんな感じ。インスタもチェックしてみてください。

ロサンゼルス最古の建物にも足を運んでみよう!


そして、通りを歩いていると目に入るこの看板。LA最古の建物Avila Adobeへの入口があります。この建物は、ロサンゼルス市長、ドン・フランシスコ・アビラの邸宅として1818年に建造されたもので、無料で見学でき、当時の生活を垣間見ることができる施設です。

邸宅の面影が残ります。




メキシコへの風当たりの強い昨今ですが、ロサンゼルスという街がメキシコと深くかかわって誕生したという事実を感じられるオルベラストリートとアビラアドビ。ロサンゼルスの歴史を感じながら街歩きとショッピングを楽しんでみてはいかがでしょうか?


週末には、通りの先にある広場でアステカ族のパフォーマンスも見ることができますよ。
Olvera Street
845 Alameda St, Los Angeles, CA 90012

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア