知らずに乗れない! DOGTOWNから始まるスケートボード文化史。

  • 2021.10.24 2021.04.11
  •              

スケートボードの歴史を紐解くならば、’70年代に通称“DOGTOWN” と呼ばれる、カリフォルニア州ヴェニスビーチの吹き溜まりで結成されたスケートクルー“Z-BOYS” たちの軌跡を欠かすことはできない。当時のスケートシーンで何が起こったのかを知れば、彼らが後に文化として語りつがれるようなったその理由が垣間見えてくるはずだ。

時代と環境が生んだ絶対的ヒーロー“Z-BOYS”。

アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンタモニカの海岸地区の南隣、ここが通称“DOGTOWN”と呼ばれているスケートカルチャー発祥の地である。サーファーやストリートギャングが集まり、ヒッピーなアイデンティティーを保つ最も鮮烈でエキセントリックな魅力を持ったエリアとして知られているが、’70年代のサンタモニカは“あらゆる漂流物が海に流れ出す場所”とも言われ、街並みは荒れ、貧困と犯罪の溢れる街だった。

「LAなどの大都市と比べて賃料も安いし、貧乏人向けの政府のアパートがあったんだよ。その分ドラッグの売買も頻繁に行われていたゲトーなエリアだったけど、ドアーズのジム・モリソンやジャニス・ジョプリン、リッキー・リー・ジョーンズといった、ありとあらゆる個性的な人が住んでいたね。ローラースケートもすべてヴェニスから始まり、そこからNY、日本へと渡っていったんだよ」

「マーヴィスタガーデン」オーナー/DOGTOWN SKATEBOARDSメンバー・白瀬 泉さん|’76 年に渡米。ヴェニスビーチローカルとして’80 年台初頭よりDOGTOWNのメンバーとして活躍。一方、モーターサイクルや車にも造詣が深く、ハーレーをこよなく愛する

そう当時のことを話すのは’76年に渡米し、DOGTOWN のメンバーと彼らの出来事を目の当たりにしてきた白瀬さん。DOGTOWN がカスタムカー、グラフィティ、ストリートギャング、そしてサーフボードでも中心地になっていったのは、ボードカルチャーに適した環境と、この地域一帯に漂う独特のローカリズムが醸し出す緊張感があったからに他ならない。そこでストリートを生き抜く為のセンスとスタイルが磨かれていったのだという。

「Z-BOYS は今振り返るとひとつの文化を生み出したチームだったよね。本当に個性的なメンバーが集まっていたよ。でも当時は文化になるだとかそんなことは全く考えていなかった。ハイになってとにかく好きなこと、スケートボードをしまくっていただけなんだ。それでいてズバ抜けてカッコ良かったんだよ」

どの時代にもヒーローはいるが、この時代はZ-BOYS がカウンターカルチャー界における絶対的なヒーローだったことは間違いない。

数年ぶりに出展した全米アクションスポーツの展示会ASRにて、白瀬さんがDOGTOWN SKATEBOARDS 入りのきっかけともなったブランド運営者であるジム・ミューアとのツーショット

DOGTOWNによって、現在のストリートスケートの概念が生まれた。

Z-BOYSはどのようにして時代の寵児と呼ばれるほどにまで成り上がったのだろうか?

それは彼らが今までとは全く違うライディングスタイルを生み出し、現代の確立されたスケートカルチャーの礎を築いたからにほかならない。当時のヴェニスビーチはまるで廃墟のようで、不良達がサーフィンすることで有名になった、いわば見捨てられたビーチだったのだが、そこにはジェフ・ホウ、スキップ・イングロム、そしてクレッグ・ステシックらが共同経営するZEPHYR サーフショップがあった。

そこには人種も年齢もバラバラで、貧困で崩壊寸前の家庭を抜け出し、心の隙間を埋めるように日々サーフィンとスケートに打ち込むティーンエイジャー達が集まっていたのだが、彼らを集めてできたスケートチームこそがZ-BOYS だったのだ。

彼らは’60年代まではフラット(平地)での逆立ちやウィリーしかやっていなかったスケートボードに、激しいポンピングやスライドターンなど、サーフィンの動きを表現したスタイルを取り入れていった。それは滑る場所がフラットから格好のダウンヒルスポットだった駐車場や、周りがバンクで囲まれている学校へと移っていくことを意味し、ストリートスケートの概念が生まれた瞬間でもあった。

Z-BOYSオリジナルメンバーの一人であるステイシー・ペラルタ。第一次スケートブームの後、’80年代に起こる第二次スケートブームもリードしていく。後にドキュメンタリー映画「DOGTOWN & Z-BOYS」を製作

またそれだけではなく、現在のボウルやバーチカルランプの原型となるプールライディングを生み出したのも彼らであり、かの有名なDOGBOWLと名付けられたプールは、Z-BOYS のメンバーだったシドが病気に侵されたため、父親が自宅のプールを何カ月も空にしたまま彼らに解放したことから生まれた。

友人の家で警察の目を気にせず好きに滑れるとあれば、その数カ月でスケートボードのトリックレベルが格段に進化していったことは想像に難くないだろう。

そうしたZ-BOYS のスタイルは、’60年代の滑り方を引きずっていたスケートボード界に大きな衝撃を与えたことは言うまでもない。横暴で喧嘩っ早く、危険な雰囲気を持ちながらも、圧倒的なスキルでクールかつ大胆なライディングを見せるZ-BOYS は大きなカリスマ性を放ち、瞬く間に若者の人気を集めていったのだ。

“100% Skateborder”── Z-BOYS のオリジナルメンバーであるジェイ・アダムスのスローガン。’70年代に巻き起こる第一次スケートブームを牽引したレジェンド。それまでスケートボードの世界になかった“スタイル”という考え方をシーンに浸透させた。©Sony Pictures Classics Photogapher :Craig Stecyk(PHOTOFEST)

中でも突出したスキルを有していたのがジェイ・アダムス、ステイシー・ペラルタ、トニー・アルヴァの3名。結果として彼等の名声が高まると同時に、それぞれが己の価値観に基づいたスケートボードのキャリアを求めて旅立ち、チームは終焉を迎えることになるのだが、Z-BOYS のメンバーだったジム・ミューアがDOGTOWN SKATEBOARDSを設立したり、ステイシー・ペラルタがPOWEL PERALTA を立ち上げたりと、彼らがスケートボード界に遺したものは果てしなく大きいと言える。

DOGTOWNの歴史を後世に伝える、百瀬さんの貴重なアーカイブ。

百瀬さんが現在も保管している当時のスケートシーンを垣間見ることのできる貴重なアーカイブを特別に拝見させてもらった。当時のにおいがいまにもしてきそうだ。

シルクスクリーンプリントシート

Tシャツにシルクスクリーンプリントを施すための試し刷りの版。所属ライダーだったエリック・ドレッセンやアーロン・マーレー、ティム・ジャクソンなど、そうそうたる顔ぶれが並ぶ。

ステッカー制作用シート

’90 年代のアメリカ在住時にステッカーを制作するために使った版。今ではPC 上でデザイン可能なステッカーも、当時は一枚一枚型を作って制作していた。

スケーターズ・タトゥーカレンダー

制作して即完売したスケーターのタトゥーカレンダー。基本的には出ているのはジェイ・アダムスらDOGTOWN の仲間達のみ。巻末のスペシャルサンクスには白瀬さんの名前も。

オリジナルステッカーセット

1970〜’80年代当時のデッドストックもある貴重なステッカー。グラフィックはほぼブルドッグアート(ブランド創設者のひとりであり、メンバー達のデッキをデザインしたオリジナルアーティストであるウェス・ハンプストン)ながら、“Genuine DOGTOWN Brand”と描かれたものは別デザイナーによるもの。

デッドストックのTシャツ

アーロン・マーレーモデルのロングスリーブ T シャツと、風合いのある擦れたプリントが特徴のノースリーブT シャツ。生地が部分的に破れても、このように自分で切ってカスタムして着ていたそうだ。

クロスロゴのオリジナルタグ

DOGTOWNが気に入ったお客にあげようと作ったオリジナルのタグ。今思えばもっと重厚感ある作りにすれば良かったとの白瀬さん。それでも歴史の重みは十分である。

非売品のクロスロゴプレート

オフィスには世界のDOGTOWN 好きが自分でデザインしたものが届くことが多いそうで、これもそのひとつ。気に入ったものはこうして大切に保管している。

’80〜’90年代のウォレット

DTS(DOGTOWN SKATES)と書かれたモデルは、レザーショップに出したサンプル。そこから時が経つにすれてレザーに刻印したりと進化の工程が伺える。

デッドストックのベースボールキャップ

’80年代後半から’90年代初頭にリリースしたベースボールキャップ。リアルなクロスタグを刺繍したシンプルなデザインと、時代を経た風合いの変化に時代の重みを感じる。

白瀬さんは現在、ロサンジェルスのウエアハウスを彷彿とさせる建物にて、現地で買い付けた上質なラテン・ユーズド家具を取り扱う雰囲気抜群のショップも営んでいる。興味がある人はぜひ訪れてみてほしい。

【DATA】
Mar-Vista Garden
神奈川県茅ヶ崎市東海岸南2-11-15
TEL0467-38-4141
休み/不定休

(出典/「Lightning Vol.288」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア