一人で営むLAの小さな帽子店【フォトグラファーMaikoのLAガイド#27】

最終更新日 2021.11.01 公開日 2016.11.18

ロサンジェルスを拠点に、小さな体と重たいカメラで写真を撮り続けるフォトグラファーMaiko。実際にMaiko自身の足で訪れた、話題のスポットや立ち寄ってみたくなるようなショップをMaikoの目線から切り取って紹介する。
今回は、『CLUTCH Magazine vol.52 』でも紹介しているロサンジェルスの帽子店Monsivais & Co.をご紹介。

店主ひとりがハンドメイドで仕立てる帽子店「Monsivais & Co.」

1
彼がMonsivais & Co.のオーナー、ダミアン。彼が帽子店を営むきっかけとなったのは、一枚の旧い写真だった。‘20年代に撮影されたその写真には、ニュースボーイキャップを被った一人の男性が写っていたという。ニュースボーイキャップとは、俗にいうキャスケット。しかもそれはクラウン部分が一枚の生地で作られた縫い目のない帽子だった。
1枚はぎの帽子は、‘30年代までは主流であったものの、当時高価であった生地をまとまった大きさで必要とするため、だんだんと8枚はぎの帽子に取って代わられた。だが彼は、写真で一目ぼれしたその帽子を作ることをすぐに決意。独学で帽子づくりの勉強をし、生まれ育った地・ロサンジェルスで帽子店を営むようになった。

一目ぼれから独学で帽子作りの道へ。彼にしか作れない帽子が生まれる場所

2
ここが、彼が帽子をつくる工場。決して広くはないが、必要なだけのミシンを置き、ひとりで営むには十分の広さだ。
3
4
ダミアンは、帽子づくりにおいてヴィンテージの帽子を解体して研究することはない。旧い写真や広告を資料として、そこに写るコーディネイトや背景、そして彼がそこから感じ取った雰囲気をそのまま反映させ、帽子をつくるのだ。ダミアンにしか作れない帽子は、こうして生まれている。
5
彼の工場にはたくさんの種類の生地が常備してある。お客さんが持ち込む思い出の衣服をリメイクして、帽子を作ることもあるという。
6
現在展開されている、一枚はぎのThe All Sportコレクション。ヴィンテージのフレンチウールを使用し、’20年代当時さながらに仕上げている。秋らしいカラー展開でこの季節にぴったりだ。

Monsivais & Co.×IrregulaR by ZIP STEVENSON

7
右にいるのはIrregulaR by ZIP STEVENSONのジップ本人。彼が見つけてきたヴィンテージの生地から、ダミアンが帽子を制作するというコラボレーションが実現した。
8
そしてこちらが、先月横浜で行われたメンズファッショントレードショー「CCSHOW」で初お披露目となった帽子だ。
9
帽子はウェブサイトからオーダーが可能で、生地、スタイル、サイズを選択でき、オーダーから1~2週間ほどで完成する。
10
●Monsivais & Co.
http://www.monsivaisco.com
●フォトグラファープロフィール
静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com
保存

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。