フォトグラファーMaikoのロサンジェルスガイド#4【LAアート地区のショップ編】

  • 2021.11.01 2016.06.17

ロサンジェルスに拠点を置く女流フォトグラファーMaikoが、ロサンジェルスでいま注目されているショップやエリアを紹介。小柄な身もなんのその、ファッションからフードまで、実際にMaikoが歩き回って仕入れた情報を続々更新する。
4回目となる今回は、アート地区にある2つのショップを紹介。
その名の通り、町中が芸術であふれているアート地区。この一帯では、古い倉庫がギャラリー、スタジオ、カフェなどに姿を変え、多くのアーティストが集まってくるようになった。

【1】The Arts District Co-Op

まずはここ、地元の小さなアパレルメーカーや雑貨などが集まるシェアスペース、The Arts District Co-Op
1-1200
2-1200
3-1200
特にウィメンズのウエアやアクセサリーが豊富で、ハンドメイドやオリジナル商品も並ぶ。
4-1200
真ん中にあるステージではバンド演奏やライブが行われることもある。サンプルセールも開かれるので、こまめに情報をチェックしたい。
○The Arts District Co-Op
453 Colyton Street
Los Angeles, CA 90013, U.S
11AM-7PM(Tue-Thu)
12PM-8PM(Fri-Sun)
http://www.adcoopla.com/
そしてもう一つはこちら。

【2】Cleveland Art LA

5-1200
今年4月にオープンしたばかりのCleveland Art
6-1200
ヴィンテージのインテリアファニチャーに強いショップだが、オーナーが集めた古着も扱う。
7-1200
インダストリアルデザインの照明やオブジェ、ヴィンテージの小物や家具などを置いている。ファイヤーマンヘルメットは、インテリアにいかが?
8-1200
9-1200
オーナーが好きなカスタムハーレーもディスプレイされる。
10-1200
○Cleveland Art LA
451 Colyton Street
Los Angeles, CA 90013
8:30AM-4:30PM(Mon-Fri)
10:30AM-4:00PM(Sat)
http://clevelandart.com/
アート地区ではこのほかにもショップやカフェ、レストランなどが続々と誕生し続けている。ロサンジェルスに訪れた際は、ぜひ立ち寄ってほしいスポットだ。
保存
保存
保存

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

サカサモト

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男編集部

Dig-it

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男編集部