古着の市場価格の変動を徹底調査! あの名品は今が買い!

  • 2023.03.29

2020年頃から、じわじわ上がりはじめた市場価格は昨年ついに大幅アップ。いつでも手ごろな価格で買えると思っていたレギュラー古着も気軽には手に入らなくなってきた。ここでは業界随一の販売数を誇る「古着屋JAM」のデータを参考にリアルな市場価格を調査。買い物上手になって古着ライフを楽しもう! なお、雑誌2nd3月号では、今回の4つの他にアメリカントラッドの定番やデニムについても掲載してるので、そちらと併せてチェックしよう。

販売価格は古着屋JAMでの平均相場です。サイズやコンデション等でも価格は異なります

1.ミリタリーウエアの市場価値。

幅広い世代から根強い人気を集めるのは、やっぱりミリタリーアイテムだ。とくに、ここ最近のM-65フィッシュテールパーカ着用率は目を見張るものがあり、ライナーやフードが付かないシェル単体でも価格は3万円まで高騰している。上げ幅だけを見たら、M-65フィールドパンツは2019年から2022年の間に、15000円以上も値上げしているのには驚き。タマ数が多いアイテムとはいえ、気づけば枯渇状態なんてことにも!?

2.チャンピオンのリバースウィーブの市場価値。

レギュラー古着の価格高騰を肌で感じたのは90年代製のリバースウィーブからだったかも。アメリカ製はおろか、そのあとのメキシコ製においても1万円以下で買えたのは、もう遠い記憶だ……2022年になると、シンプルな目つきの単色が、いつの時代も高い人気を誇っていたカレッジプリントを抜いて相場が逆転したことにも注目したい。単色の目無しは若年層からの人気を集めて、さらに価格が高騰しているぞ!

3ヘビーデューティ アウトドアの市場価値。

僕らのスタイルには欠かせないヘビーデューティなアウトドアウエア。マウンテンパーカやシャンブレーシャツにしても、まだアンダー1万円で買えることにホッとした。しかし、安心したのも束の間? 80年代製のビックマックのシャンブレーシャツやファイブブラザーズのネルシャツなど、今後の価格高騰は必至だろう。とにかく欲しいと思ったその時が買い時! いまのうちに定番アイテムを揃えておいた方がいいかもしれない。

4.パタゴニアのスナップTの市場価値。

パタゴニア、最後の良心と思っていたシンチラ・スナップTも、ファッション業界全体のフリース人気と相まってぐんぐんと価格が上昇。単色のなかでもネオンカラーやブラックの人気カラーは価格もやや付けられている。総柄に関しては柄によって価格に差がある様子。やはりタートル柄が不動の人気を誇っているが、ネイティブ調のミネハハ柄やテウェルチェ柄は2022年時点で16300円ほどの価格設定になっている。

(出典/「2nd 20233月号 Vol.192」)

LiLiCo

昭和45年女

人生を自分から楽しくするプロフェッショナル

LiLiCo

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

中川原 勝也

Dig-it

民俗と地域文化の案内人

中川原 勝也

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

サカサモト

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

タンデムスタイル編集部

Dig-it

初心者にも優しいバイクの指南書

タンデムスタイル編集部

昭和40年男編集部

Dig-it

1965年生まれの男たちのバイブル

昭和40年男編集部