メガネの最新潮流は「リムレス」!! ビンテージを精巧に再現したDIGNA Classicの技術力に驚愕!

  • 2022.09.09
  •              

ボストンやクラウンパント、ツーブリッジやカラーレンズなど、さまざまなメガネやアイウエアのトレンドが叫ばれているなか、独自の商品開発をしているDIGNA Classicの新作は、なんとツーポイントのリムレス! リムレスと言えば「最近あまり見かけないねぇ」と言われ続け、トレンドとは一線を画したデザインと思われがちだが、その精緻に作り込まれたフレームは、メガネ好きならきっと驚愕するクオリティ。ブランドとしても自信作とのことで、早速現物を見に行くことにした。

新たなトレンドの気配が漂う「リムレス」!

かねてよりツーポイントのリムレス、しかもレンズが丸みを帯びたオクタゴン型というビンテージメガネを所有している私。ただし、リーディンググラス用のヒンジのため、近眼用レンズを装着することは叶わないとのことで、リムレスのクラシックなフレームを探していたのだ。そんな折にDIGNA Classic新作発表! トレンドの一歩先を行くツーポイントのリムレスフレームに心が躍る。さらに見てみてびっくりの精巧な作り。所有するビンテージ以上にテンプルやブリッジの彫りが緻密。

ブリッジは2種類、フレームカラーは3色から選ぶことができる。

しかもブリッジは2種類から選ぶことが可能で、透かし有りの場合はゴールドとシルバー、透かし無しの場合はアンティークゴールドとシルバーをラインナップする(智とテンプルは共通)。智とブリッジはチタニウム、テンプルはDIGNA Classicを代表する素材、GUMMETALを採用。弾性が強く、しなやかで軽量なので、繊細なメタルフレームでも安心。少々曲げたってびくともしません。

超マニアックな内容でオーダーを開始!

せっかくなので(というかそれが目的ですが)、早速所有するビンテージに近い内容でオーダーをしちゃいました。欲しかったメガネの条件は、

  • 所有するビンテージに近い華奢でゴールドのツーポイント(リムレス)
  • ゴールドフレーム
  • ビンテージのレンズ形状そっくりに加工したオクタゴンレンズ
  • さりげないカラーレンズ
上はブラウンのレンズを入れた商品サンプル。下のビンテージと比べると八角形がカクカクしている。丸みを帯びたオクタゴンへのレンズ加工をオーダーした
フレーム価格はいずれも44,000円+税

所有するビンテージにかなり近いということで透かし有りのブリッジに、色はゴールドをチョイス。レンズ形状は写真の通り、3種類ほどから選ぶことができるのだが、実はこっそりお知らせしたいことが。これが意外と知られていない事実なのだが、パリミキではリムレスレンズの加工を無料で行ってくれる!(ただし指定する形状を正確に伝えるためのアイテムやデザインを用意した場合のみ。詳しくはパリミキまでお問い合わせください)。持ち込んだビンテージの少し丸みを帯びたオクタゴンレンズを正確にトレースして加工してくれるというのだ。

レンズ加工は超アナログ! パリミキの技術力とサービス精神に驚く。

どんな風に加工するかというと……いたってアナログ。ビンテージのレンズを外し、ペンでプラスチック板にトレースしたのちに、ハサミで切り出し、ヤスリで整えて、元となる形状と同じになっているかと見比べて、調整&調整&調整。「昔の眼鏡店はみんなやっていたことですけどね、今はやっていない店も多いと思います。リムレスならパリミキにお任せください。古参スタッフを中心に対応させていただきます!」。これをベースに実際のレンズをレーザーなどでカットしていくという。

ご担当いただいたのはDIGNA Classicの縁の下の力持ち、影山さん。当たり前のようにメガネ業界の人はメガネが大好き。程度がよく珍しいビンテージとのことで、少々興奮の様子! 壊さないように丁寧にレンズを外し、レンズ加工に取り掛かってくれた

レンズ色に迷って迷って……自分に似合う色を探す長い旅。

左がピンク、右がブラウン。どちらも捨てがたいが、ブラウンやグリーン系統のカラーレンズは選ぶ人も多い色。せっかくのリムレスで横から見た時にチラリと覗かせたい色ということで、選ぶ人が少なそうなピンクを選んだ
同じピンクでもブラウンがかったピンクもあれば、鮮やかなピンクもある。濃淡のバリエーションも多彩だが、サンプルレンズのカラーは馴染みやすい色に調合をしているので、迷ったらサンプル通りで!

見苦しい顔を巨大なサイズでいくつも披露して、すみません……。上ふたつはブラウン、下ふたつがピンク。レンズ断面から覗くチラリズムにうっとり

また、レンズの色はいかようにも調合することはできるという。肌の色との相性でピンク系統とブラウン系統を付け替えてみながら散々迷った挙句、製品のサンプルとして調合されたピンクと同じ色に。横から見るとピンク色だが、正面から見てはっきりとそれとわかるほどではないさりげない色とした。

完成!! さりげなくも個性的、ピンクのチラリズムが色気たっぷり!?

フレーム価格は44,000円+税(レンズは取材時に入れたレンズ11,000円+税、カラー加工3000円+税)

その他のフレームもレンズの色変えなどオーダーし、待つこと数週間。待望の【ツーポイントのリムレス】【ゴールドフレーム】【オクタゴンレンズ】【ピンクのカラーレンズ】というオーダー通りのメガネが完成。レンズ断面からチラリと覗くピンクがなんとも色っぽいではありませんか!

パリミキ渋谷店 東京都渋谷区神南1-21-1 日本生命ビル 1F TEL03-3496-7538 営業時間11:00~21:00

これがアイウエアの最新潮流になるか、はたまた私の自己満足に終わるかはさておき、パリミキではレンズの加工料金が無料。しかも私も多くのメガネを作ってきたが、測定がかなり丁寧(話が逸れるが、乱視は縦方向か横方向かが大半らしいのだが、私の乱視は斜乱視という少し特殊な角度の乱視らしい。30年近くのメガネ歴だが、数年前にパリミキで検眼をして初めて知った事実)。そして、ツーポイントのリムレスフレームはまだ市場ではかなり希少な存在。まずはDIGNA Classicの公式サイト(https://www.digna-classic.com/)をご覧いただき、是非ともチャレンジしていただきたい。

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア