グッドオン、驚異の経年をご覧あれ。SNSでグランプリも開催!

    #PR

いつの時代も古着の人気は衰えることを知らない。古着やヴィンテージの世界においては、いまになって何十年も前の製品が多くの人に求められたりするものだ。しかし、古着の世界で価値を手に入れるためには、丈夫かつ丁寧に作られていることが大前提。そうでないと、そもそも着用することができないほど傷んでいたりするし、ヴィンテージらしいアジのある風合いも手に入らない。良質なものづくりがあってこその希少価値なのだ。

そんな古着のように、末永く愛されるものづくりを目指して1997年に創業したグッドオンは、今年25周年を迎える。創業以来、一貫してアメリカ綿にこだわり、手間や時間をかけてでも強度と着心地を実現しようとするものづくりへの姿勢はいまも昔も変わらない。だからこそ経年によるアジがここまで魅力的に映るのだ。ここでは、グッドオン関係者やファンの方々の全面協力のもと、極上の経年を遂げたアイテムをいくつかピックアップ。特に古着好きの人は、“エイジング欲”が高まること間違いなしだ。

さらに、25周年を記念し、グッドオン製品をお持ちの方を対象に「アニバーサリーGP」を開催! エイジングしていても、そうでなくても、マイ・グッドオンをぜひ自慢してみてほしい。優勝者には商品もあるぞ!

GPについてはこちら!

ネイビー

シンプルで使いやすい定番のネイビーカラーは、気倒すことによってヴィンテージでも大人気のナス紺に近い表情に。

こちらが経年前、オリジナルのネイビーカラー。もとは同じカラーでも、使う人によってエイジングの表情は異なり、その微差を比べるだけのもおもしろい。

レッド

見かけることの少ないレッドカラーの経年変化。色落ちすることによって柔らかなピンクカラーへと変貌。特に中央のスウェットパーカは、美しいコンディンションに反してなんと着用年数25年を誇る。

中央のスウェットパーカのフード部分に寄ってみると分かるが、フード裏側はそこまで経年していない。どれだけの色落ちを遂げているかが一目瞭然だ。

ブラック

ブラックは経年することで淡いグレーカラーへと褪色している。本来のブラックカラーよりもむしろファッション的に合わせやすくなる印象。

こちらはブラックカラーのオリジナル。ネイビー同様、ピグメント加工が施されている。

サックス

ペールトーンのような絶妙な淡い色味が洒脱な雰囲気。一枚で着るのもいいが、シャツなどの首元から、インナーとしてチラリと魅せるアクセントとして活用したい。

 インディゴ

ペールトーンのような絶妙な淡い色味が洒脱な雰囲気。一枚で着るのもいいが、シャツなどの首元から、インナーとしてチラリと魅せるアクセントとして活用したい。

 モカ

ネーミングからして、オリジナルカラーの段階でそもそも色味が絶妙な“モカ”だが、経年することでベージュのような、より柔らかい色味へと変化する。

本来のモカカラー。こちらの色味も絶妙で捨てがたい。

ダークグリーン

もともとオリジナルカラーの段階でピグメント加工を施しているため、最初からヴィンテージ感は十分ではあるが、ショルダーあたりのステッチ部分のアタリを見てみるとリアルな経年を遂げていることがよく分かる。

以上、グッドオンのエイジング、いかがだっただろうか。創業からこれまでに100種近くのカラバリが展開されていることを考えると、ほかにもたくさんの経年したグッドオンが世界に眠っているはずだ。色味こそ個体差はあるが、どのアイテムも風合いは抜群。冒頭でも述べたとおり、それはグッドオンのアイテムが非常に高い技術力とノウハウにもとづいて作られているからに他ならない。近い将来、名作ヴィンテージとしてグッドオンが古着店にずらりと並んでいることだろう。その片鱗がこの記事からうかがえたはずだ。

25周年記念! グッドオン アニバーサリーGP開催!

グッドオンの製品をお持ちのあなた!お気に入りのアイテムをインスタグラムにアップして自慢してみませんか?シャツでもスウェットでも、経年していてもしていなくても大歓迎。やり方は指定のタグを付けて投稿するだけ。見事グランプリに選ばれた方には、25周年記念Tシャツを進呈。また、期間中に恵比寿の「グッドオン フラッグシップショップ」で投稿画面を提示すると、スペシャルなノベルティバッグが先着でもらえるんだとか(なくなり次第終了)。これは投稿するしかない!

このGPの景品として作られたT シャツは、ホワイトとネイビーの2色。胸元には、25周年を祝したロゴが。この機会を逃すと手に入らないレアものだ。詳細は下記を確認してほしい!

応募期間
316日(水)〜430日(土)

応募方法
インスタグラムにてお気に入りの商品写真を投稿するだけ!

条件
・ハッシュタグ「#favoritegoodon25」を付ける
・アカウント「@good_on_official」をタグ付け

GPについてはこちら!

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア