僕は断然G-SHOCK派。街でもキャンプでも、シーンを問わないミニマルなブラック。

ヴィンテージ時計は素敵だけど、実用性も考えると現代の時計も捨てがたい。なんてことを考えていた矢先、久しぶりに爆売れしているG-SHOCKの新作があるって噂を聞きつけた。

お話を伺ったのは・・・・・・「ビームス」メンズカジュアルバイヤー・原宗平さん

帽子や時計など、服飾小物を中心にバイイングを担当。趣味はキャンプとバイクで、現在はヴィンテージモトクロスを所有

時計玄人からも大人気の一本です。

服好きが選ぶべき時計の正解を探るべく、話を聞いたのはビームスで時計をはじめとした小物関連のバイイングを担当している原宗平さん。なんと約200本の時計を所有しているのだとか。

どんなスタイリングにも馴染む究極にミニマルなオールブラック仕様の[GA-2100]。シンプル&ラフなスタイルを好む原さんの普段着を、ほどよく引き立てつつも邪魔はしない。この使いやすさが最大の魅力だ
「服は無地でシンプルなものばかりなのですが、そのぶん帽子や時計などの小物でアレンジするのが好きです。仕事として時計に関わる機会が多かったというのもありますが、気づけばおおよそ200本集まってました」

そんな原さんが初めてGショックを手に入れたのは中学2年生のときだった。

「地元福岡の天神で、クリアモデルを購入したのを覚えています。そのあと僕が高校生のころ、1990年代に大ブームが起きて、僕もそんなGショックに憧れを抱いていたうちのひとりでしたね。でも、年を重ねるにつれて時計を選ぶ際のポイントは当時と比べて変わってきました。

さっき言ったようなファッション的な憧れもそうですが、やっぱり使いやすさがすごく大事。僕はキャンプが好きなんですが、Gショックなら汚れても水洗いできるので長く使える。付けたままで安心して川に入ることもできます。

これは余談ですが、Gショックが生まれたのは1983年なんですが、僕と同い年。それもあって僕は断然Gショック派ですね(笑)」

仕事で野外フェスに参加することもあるという原さんの、ブラックで統一したアウトドアスタイル。「キャンプなどの、本格アウトドアシーンでも気にせずガシガシ使える安心感はすごく自分にとって重要です」
着用シーンを選ばない、どんなファッションにも合わせやすいのが[GA-2100]
ビームスでは、Gショックはもちろん、[GA-2100]も商品としてラインナップしている。

「普段着にもアウトドアスタイルにも合わせやすいミニマルなデザインは、[GA-2100]の魅力のひとつですよね。機能性の高さも相まって、着用シーンを選ばない。ちなみに、Gショックには[DW-5600]という大定番モデルがあり、これは誕生当初からずっと人気ですが、なかでも通称〝BB〞と呼ばれるオールブラックモデルがよく売れています。

そんな不動の人気モデルを久々に追い越したのがこの[GA-2100]のオールブラック。この合わせやすさと気を使わなくていい機能性は、僕だけに限らずやっぱりみんなが求めているところなんだと思います」

【CASIO G-SHOCK GA-2100-1A1JF】装いをクールに引き立てる薄型・漆黒で大ブレイク。

Gショックの原点、DW-5000_C が備える八角デザインを踏襲・アレンジしたGA-2100。同時代的センスを感じさせることから空前のヒットを記録した。カーボン強化樹脂を採用した先進構造に加え、内部機械も薄型化され、ケース厚11.8mm というスマート型を実現。特にファッショニスタから支持されているのがオール黒色モデル。装い全体をクールに引き締めるアイテムとして、Gショックの新たな可能性を示すモデルと評価も高い。カーボン&樹脂ケース、48.5×45.4mm、クォーツ。1万4850円(カシオ計算機お客様相談室☎ 03-5334-4869)

華美すぎない奥深い赤を全面に配した“オールレッド” と、ベースがブラックでインデックスのみホワイトに仕上げたカラーの計3色を展開

 【おまけ】原さんのメモリアルG-SHOCKを紹介!

DW-5600

G ショックの大定番の[DW-5600]をオールクリア仕様に変更したビームス別注。当時チープ時計が人気だったこともあり好評を博したモデル。

G-001

ポップなカラーリングと丸いデザインが目を惹く[G-001]。その配色を模したストップウォッチをビームスが製作、「首にかける時計」として提案した。

DW-5750

当初、海外向けモデルとして生産されていた、初期丸型の一本。2018年、同モデルが復刻するタイミングで、ビームスの十八番であるマルチカラーで別注した。

(出典/「2nd(セカンド)2021年12月号 Vol.177」)