25個のパーツと最高級の研磨。Gショック MRG-B5000B-1JR

    #PR

時計界に金字塔を打ち立てたGショックのなかでも初代にしてGショックの原点にあたる[DW-5000C]は1983年に発売された。そのDNAを受け継ぎながらも大きな進化を遂げたニューモデルを紹介しよう。

こだわり派のあなたはフルメタルの贅沢を味わうべし。

Gショックと言えば、武骨なルックスと高い耐久性、そのクオリティに対しては手頃な価格設定から、時計界に長らく君臨しているブランド。服好きか否かを問わず老若男女に愛されていることは自明だが、どうやらコアなファンの間では2018年にGショック誕生35周年を祝して生まれた[GMW -B5000]というモデルがここ最近の注目株なんだとか。

1983年に登場した角型のGショック[DW -5000C]のデザインを踏襲したこの[GMW -B5000]、なにが他と違うのかと言うと、角型としては初のフルメタルモデルなのである。従来は樹脂で製作していたからこそ実現できていたGショックのアイデンティティである〝耐久性〞をフルメタルで実現したとあって、登場早々人気モデルとなるに至ったのだ。

今回紹介する2型も、同じくフルメタルモデル。[GMW -B5000]の登場から3年を経てよりレベルアップを果たしたこれらのモデルは、樹脂よりも高級感のある、いわば〝大人のためのGショック〞であり、服好きにこそおすすめしたい一級品である。

これがベースとなったDW-5000Cだ!

MRGB5000こだわりメタル&仕上げが醸す高級感に注目!

MRG-B5000B-1JR ¥462,000

G ショックの最上級ラインである「MR- G」。その新モデルとして、伝説的な人気を博す初代DW-5000C をベースに、こだわりの金属素材及び丹念な仕上げを施した、ハイグレードモデルをリリース。また、内臓のBluetooth®により、専用のスマートフォンアプリ「CASIO WATCHES」で簡単に時刻やアラームの設定ができたり、日時と位置情報をアプリに記録することができるなど、機能面も充実。標準電波を受信し、自動で時刻修正してくれる“マルチバンド6” も搭載する。その他、ワールドタイム設定など各種機能を兼備する。

MRG-B5000D-1JR ¥396,000

電池:ソーラー
サイズ:49.4×43.2×12.9mm
質量:114g

【ポイント①】ベゼルトップに「コバリオン」を採用。

ベゼルトップには、純チタンの4倍の硬度を誇り、プラチナと同等の輝きを持つと言われている、“コバリオン” を採用している。見た目にもただならぬ雰囲気を醸す。

【ポイント②】初代を引き継ぐデザイン。

[DW-5000C]のアイデンティティであるレンガパターンとレッドのサークルラインを受け継いだダイアル。往年のGショックファンであれば、これだけで垂涎間違いなしだ。

【ポイント③】バンドには純チタンの3倍の硬度を持つ「DAT55G」。

軽量で錆びにくく時計の素材として重宝されている純チタンの、さらに3倍もの強度を誇る“DAT55G” と呼ばれる素材を採用。それでいて通常のチタンよりも軽量なのだとか。

【ポイント④】25個のパーツと最高級の研磨。

G ショックとしては初となる、25ものパーツを使用したベゼル。さらにそのひとつひとつに磨きの最上級とされる“ザラツ研磨” が施され、息をのむほど美しい滑らかな質感に。

同じDNAを受け継ぐシックな兄弟モデルにも注目。

GMW-B5000MB-1JF ¥77,000

初代[DW-5000C]が誇るトラッドを残しつつ、渋味溢れる「マルチフィニッシュドブラック」にこだわる上級フルメタルモデルが今季登場。ベゼルとバンドにホーニング加工を多用し、側面にはヘアライン加工を、バンドの斜面やビス、ボタンには輝き溢れるミラー仕上をプラス。さらにブラックIP 処理を施し随所に再研摩を加えることで、上質な艶感と男らしく精悍な面構えを獲得。「黒」が擁する多様な味わいにフォーカスした、ハイグレード・ブラックモデルへと進化した。ワールドタイム設定やスマートフォンリンクなど各種機能を網羅。

電池:ソーラー
サイズ:49.3×43.2×13.0mm
質量:167g

【ポイント①】奥深い“黒”が楽しめるブラックIP処理。

“イオンプレーティング(=IP)” なる方法で加工されたボディは、通常のブラックよりも深みのあるシックな雰囲気。ファッションにも合わせやすそうだ。

【ポイント②】ベゼルトップは表情豊かなヘアライン。

ベゼルの天面に再研磨を施すことで、ブラックIP をわざわざ削ぎ落とし、下地のステンレスを露出させた。なんとも手間のかかる贅沢な仕上げだ。

【ポイント③】ビスやボタンはミラー仕上げ。

バンドの斜面やビス、ボタンなどはミラー仕上げを施したうえで、ブラックIP 処理を行っている。ミラー仕上げとは、革靴で言う鏡面磨きのようなもの。

【ポイント④】フルメタルでも耐久性抜群。

衝撃が内部に伝わりやすいメタル素材でありながらファインレジンという緩衝材を使用することにより、Gショックには欠かせない耐衝撃性を獲得した。

【問い合わせ】
カシオ計算機お客様相談室
TEL03-5334-4869

(出典/「2nd 2022年5月号 Vol.182」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア