上野アメ横の老舗アメカジショップ、「ジャラーナ」で2nd編集部が本気(マジ)買い!~チンパチ編~

  • 2021.10.26 2020.12.03
  •              

デニムやスウェットなどの王道アメカジからトラッドまで、ぼくらのお馴染みアイテムが手頃なプライスで揃う、話題のアメカジショップ「ジャラーナ」。今回は2nd編集部3人による、「ジャラーナ」でのマジ買いっぷりをレポート! 最終回となる今回は、最年長であるチンパチ編。

チンパチ(中央)
混沌とした2ndチームのバランサー兼ムードメイカー。楽チンな服が好きで、いまはワークウエアが気分。ビッグシルエットにも目がなく、無駄に大きいサイズの服を見ると、どうしても心が躍ってしまう。

▼こちらの記事もチェック!

上野アメ横の老舗アメカジショップ、「ジャラーナ」で2nd編集部が本気(マジ)買い!~パピー編~

上野アメ横の老舗アメカジショップ、「ジャラーナ」で2nd編集部が本気(マジ)買い!~パピー編~

2021年10月26日

上野アメ横の老舗アメカジショップ、「ジャラーナ」で2nd編集部が本気(マジ)買い!~アンジー編~

上野アメ横の老舗アメカジショップ、「ジャラーナ」で2nd編集部が本気(マジ)買い!~アンジー編~

2021年10月26日

気取らないラフなスタイルが大好物! 歳相応の王道アメカジスタイルを目指して。

ざっくり着られるスウェットやアウトドアウエアに、デニムまたはチノパン、そして足元はスニーカーを合わせるなど、アメカジベースではあるが“楽チン”であることを優先したスタイリングが多いチンパチ。今年32歳になり、本人としては歳相応の格好をしたいところ。今回は、大好きな王道アメカジアイテムを軸にしながら、楽チンさのなかにも“大人の品格が漂う”コーディネイトに挑戦したいようだ。

入店してすぐ目に入ったのは、ウエスタンマウンテニアリングのダウンジャケット。

「軽くて気持ちいい~。これ一枚あればどんな寒さもしのげるじゃん!」

ズラリと並ぶアウトドアブランドのアイテムがつい気になってしまうチンパチ。しかし、今回の目的は“大人の王道アメカジスタイル”を見つけること。他のアイテムも吟味すべき、と一旦保留に……。

気を取りなおし、真剣な眼差しでアイテムを選び始めるチンパチ。マイナス17度までの環境における着用を想定した、冷蔵庫作業員も愛用するサムコフリーザーウエアのクーラージャケットに興味津々!

「こんなにしっかりしたつくりなのに、アンダー1万円なんて……」

またまたアウトドアウエアに手が伸びる……。しっかりしてくれ。

「王道アメカジといったら、やっぱりこういうのだよね!!」

さんざん気になる候補を挙げながらも、ようやくコーディネイトが決まってきた。B.D.シャツにお馴染みキャンバーの肉厚パーカーを合わせて、「これだ!」という表情に。

ついに完成したチンパチ流コーディネイトは……、季節感も意識した大人のニットスタイル!

普段から馴染みのあるキャンバーのスウェットパーカーに、ラウンドハウスのペインターパンツ、そして足元には防水力に優れたパラブーツの[ミカエル]をチョイスしたワークミックスな王道カジュアルスタイル。アウターには季節感を意識した“大人カジュアル”なカウチンセーターを取り入れ、B.D.シャツで品の良さをプラスすることで、ラフななかにも品格漂うコーディネイトに!

ハンドメイドの温もりを感じる、この時期にぴったりなアイテム。なんとデザインは、1950年代に作られていたヴィンテージカウチンの復刻シリーズで、アメリカの国鳥であるイーグルをモチーフにしているのだとか!

「ココロまで温まるこの肌触り。かわいらしさと大人っぽさが同居した僕にとって、無敵のアイテムかもしれません!」

アメリカンワークスタイルの王道アイテム、ペインターパンツに足元はフランス生まれのワークシューズ、パラブーツの[ミカエル]をチョイス。

「ペインターパンツなのに、生地がナチュラルツイルで少し細身なのですっきりしています。どんなスタイルにも合わせやすいパラブーツは、赤い靴下でこなれた感じを出してみました。ラフだけど大人っぽさも同居した、まさに目的通りのコーディネイトでしょう!」

日頃から馴染みのあるアイテムを取り入れながらも、ジャラーナのアイテムでより大人っぽくアップデートできたとご満悦のチンパチだが、肝心の中身も同じくアップデートしていくことを祈る……。

チンパチがコーディネイトに使用したアイテムはこれだ!

カナタのカウチンセーター

ジャラーナ別注品。通常のメリノウールより太い毛糸で編まれており、柄も大柄に。先住民の狩猟着として作られたカウチンの魅力を、より味わうことができるハンドメイドニット。3万8610円

キャンバーのスウェットパーカ

7.5オンスのポリ混ミッドウエイトスウェットを使用した肉厚な生地に、アメリカらしさを感じる一着。つくりはタイトでアームも細いので、シルエットはすっきり。裏はサーマル生地なので保温背も高い。8415円

レッドキャップのオックスフォードシャツ

アメリカ老舗ワークブランドがつくる、ベーシックなボタンダウンタイプのシャツ。コットンポリエステル素材のため、汚れにくく、ガシガシ洗える。シワ防止加工が施されており、ノーアイロンでも着用可能。4950円

ランドハウスのペインターパンツ

生地は、ナチュラルツイルを使用。ハンマーループやカンヌキ、三本針ステッチなど魅力的なワークディテールが満載の一本。ダブルニー仕様でワーク色は強いが、ややテーパードがかかりスッキリとした印象も併せ持つ。9990円

パラブーツの[ミカエル]

ブランドの定番モデル「ミカエル」。アッパーに使用される革は、通称“リスレザー”と呼ばれ、防水性が高く劣化しづらい。そのマットな質感は、カジュアルながらも落ち着いた印象で、どんなスタイリングにも合わせやすい。重厚なラバーソール仕様で、実用性も抜群の一足。6万4350円

エル・エル・ビーンのトートバッグ

ブランドのアイコン的な逸品。1944年に氷の塊を運ぶためにつくられたことが始まりとされる超ロングセラーアイテムであり、最大の魅力は24オンスのヘビーキャンバスをしっかりと縫い合わせたタフな作り。あらゆるシーンで活躍必至!7821円

※表示価格はセール価格となっており、時期により異なる場合があります。

【問い合わせ】
ジャラーナ
03-5816-1203
https://www.jalana-web.com/

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア