上野アメ横の老舗アメカジショップ、「ジャラーナ」で2nd編集部が本気(マジ)買い!~パピー編~

    #PR

デニムやスウェットなどの王道アメカジからトラッドまで、ぼくらのお馴染みアイテムが手頃なプライスで揃う、話題のアメカジショップ「ジャラーナ」。今回は2nd編集部3人による、「ジャラーナ」でのマジ買いっぷりをレポート! 第一回は編集部イチのヨーロッパ好き・パピー編。

パピー(左)
1994年生まれ。長崎県出身。争いごとが嫌いな平和主義者のイマドキ男子。その性格が影響してかファッションも男らしいものより、品のある柔らかな雰囲気のものを好む。最近だと、特にヨーロッパものにドハマり中。

編集部イチ、ヨーロッパアイテムが好きなパピーは果たして何を選ぶのか!?

2nd編集部のなかでも、品のいいヨーロッパスタイルが大好物のパピーは普段からベレー帽やスカーフを身に着けていることも多い。やはり、「上品さ」がアイテム選びのテーマになってきそうだが、一体彼は、老舗アメカジショップで何を本気買いするのだろうか。

老舗アメカジショップということもあって、メインはアメカジアイテムであるものの、バラクータやセントジェームスなどのヨーロッパものも意外と豊富なのが「ジャラーナ」のいいところ。パピーもやはり、そのあたりのブランドが気になっているようである。

彼が手に取ったのはロンドン生まれのブランド、ラベンハムのキルティングベスト。どうやら、英国トラッドをベースとしたスタイリングが今回のテーマとなるようだ。

「いくらヨーロッパがテーマとは言え、せっかくアメカジショップの草分けである「ジャラーナ」でアイテムを選ぶなら、アメリカものをミックスしないわけにはいかない!」と、アメリカブランドのパンツを物色しだした。1990年にペンシルバニアで創業した老舗のパンツ専業ブランド、ビルズカーキが気になっている様子。

いよいよ完成したパピーのコーディネイトは……、英国トラッドにアメリカものをミックスしたスタイル!

バラクータのコートにラベンハムのベストと、メインアイテムを英国ブランドで統一した、定番のブリティッシュトラッドスタイルが完成。一方でシャツ、パンツ、シューズはアメリカものを取り入れ、ほどよい欧米ミックスを楽しんでいる。

挿し色となるオレンジのバンダナを首に巻くことで、フレンチカジュアル的なアプローチ。普段はシルクやウールのスカーフを巻いているパピーだが、コットンでいつもよりややカジュアルな印象に。

足元にはG.H.バスのタッセルローファーをチョイス。パンツはジャストレングスではなく、ロールアップにして若々しさのあるカジュアル感を意識。定番をそのまま定番として着るとどこか味気なくなってしまうことがあるので、このようなハズしのポイントを随所に取り入れるといい。キャスケットをあえて後ろ向きに被っているのも、同じことだ。

パピーがコーディネイトに使用した定番アイテムはこれだ!

バラクータのG10

ハリのある、撥水性に優れた生地が特徴の由緒正しきトレンチコート。湿気を逃がす“クールマックスファブリック”で、着心地も快適だ。程よいシルエットなので、エレガンスを意識したいのであればぴったりの一着。6万4900円

ラベンハムのダブリン

撥水加工が施されたシェルは、軽量かつ防風性や保温性も抜群。こちらもバラクータのコートと同じように、シンプルかつすっきりとしたフォルムなので汎用性が高く、品よくコーディネイトをまとめられる万能アイテム。2万5080円

インディビジュアライズドシャツのヘリテージシャンブレー

BDシャツの定番ブランド、インディビジュアライズドシャツ。創業当時からの定番である“クラシックフィット”は、胸や腕まわりにほどよいゆとりのある美しいシルエットが特徴のオーセンティックな一枚。2万5740円

ビルズカーキのM2チノパンツ

ヴィンテージのミリタリーチノをベースにした定番商品。“クラシックフィット”と称されたこちらの形は、昔ながらのゆとりあるシルエットが特徴だ。第二次大戦時の生地を忠実に再現した8.5オンスのチノクロスは、ガッシリとした質感で、ガシガシ穿けそうだ。2万790円

G.H.バスのレイトン

革靴のなかではカジュアルとされているローファーだが、タッセルローファーはややドレッシーで落ち着きのある印象。こちらはアッパー部に、タッセルだけでなくキルトも備えたファッション性の高いエレガントな一足。2万2770円

ニューヨークハットのハンチング1900

絶妙な曲線を描くパネルと内側前方にあしらわれたストレッチ素材により、フィット感を高めたメルトンウール素材のハンチング。秋冬にトラッド感を演出したいなら欠かせない定番アイテムだ。6792円

ハブアハンクのペイズリーバンダナ

パピーが首元に巻いているバンダナは、昔ながらのコットン100%で米国製。ハリのあるガシッとした質感が魅力的だ。カラバリは16色もあるので、この価格なら複数買いもあり!396円

※表示価格はセール価格となっており、時期により異なる場合があります。

【問い合わせ】
ジャラーナ
03-5816-1203
https://www.jalana-web.com/

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

傳田達朗

塊根植物案内人

傳田達朗

岡部隆志

英国在住ファッション特派員

岡部隆志

黒野 智也

ブレザー偏愛家

黒野 智也

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア