上野アメ横の老舗アメカジショップ、「ジャラーナ」で2nd編集部が本気(マジ)買い!~アンジー編~

  • 2021.10.26 2020.11.27
  •              

デニムやスウェットなどの王道アメカジからトラッドまで、ぼくらのお馴染みアイテムが手頃なプライスで揃う、話題のアメカジショップ「ジャラーナ」。今回は2nd編集部3人による、「ジャラーナ」でのマジ買いっぷりをレポート! 第二回は編集部最年少かつ大金使いのアンジー編。

アンジー(右)
服好きが高じて財布のひもを無くした東北生まれの25歳。金銭感覚がマヒしており、周囲に心配されるも、それが個性だと自身に言い聞かせている。ルールを設けない雑食な着こなしが好み。

▼こちらもチェック!

上野アメ横の老舗アメカジショップ、「ジャラーナ」で2nd編集部が本気(マジ)買い!~パピー編~

上野アメ横の老舗アメカジショップ、「ジャラーナ」で2nd編集部が本気(マジ)買い!~パピー編~

2021年10月26日

青春を服に捧げたオトコがアメカジのテーマパークで選ぶアイテムとは?

アンジーは、気になったものはなんでも買ってしまうという(よく言えば)好奇心に満ちあふれたタイプで、編集部イチ、服にお金をかけている。いつでも定番のアイテムが揃う老舗店「ジャラーナ」では、どのような服に好奇心が煽られるのだろうか。

チャンピオンやリーバイス®など、定番ブランドが豊富にラインナップされ、アメカジ好きの人たちで賑わいを見せる「ジャラーナ」だが、見たことのない配色や、定番すぎて選択肢に入ってこなかった“灯台下暗し”的な再発見ができることもポイント。

淡いライトブルーのデニムは定番中の定番。意外と選んでこなかったが「トップスに暗い色が多くなる冬には丁度いい」と再発見するアンジー。ボトムス選びにうるさい、彼のテンションは最高潮に。

米国ハンティングのアイコン的デザインであるバッファローチェック。なかでもフィルソンのマッキノークルーザーは誰もが目にしたことのある一着と言える定番のアイテムだが、ベストも展開されているため、セットアップで着るのも良さそう。

完成したアンジーのコーディネイトはアーバンヘビーデューティなスタイリング!

10年後も着続けたい永久定番マッキノーベスト&ジャケットやマウンテンブーツ、リラックスシルエットなスウェットと、ヘビーデューティなスタイリング。いまの気分にぴったりなナイロン素材のマイバッグを挿し色に。

インナーにはキャップやバンダナと同系色となるブルー系×スウェットのカラーに近いホワイトのストライプをチョイス。一見アウトドアウエアとスウェットは、難しい組み合わせに思えるが、インナーなどのカラーリングを意識するだけでグンと挑戦しやすくなる。

スウェット×マウンテンブーツのような“ミスマッチ感”は、アーバンアウトドアススタイルにおいて重要なキーワード。リラックス、アウトドアどちらに偏ってもバランスがとりづらくなってしまうので、アイテム点数をちょうど半分にして良バランスに。

アンジーのピックアップアイテムはこれ!

フィルソンのマッキノー クルーザー

フィルソンと言えば! な、この一着もカーキカラーならよりアーバンに着用できる。ロングセラーを誇る信頼と耐久性はお墨付き。さらには羊のバージンウールを24オンスもの高密度で織っているにも関わらず、しなやかで着用しやすい点も嬉しい。5万1480円

フィルソンのマッキノー ウールベスト

ジャケットと全く同素材のこちらも質実剛健なヘビーデューティアイテム。保温性や、撥水性にも優れ、天然素材ならではの経年変化も楽しむことができる。クラシカルな顔つきでスタイリングを選ばない名脇役になること間違いなし。2万2770円

レッドキャップのオックスフォード ドレスシャツ

米国の老舗ワークブランドの「レッドキャップ」はその名の通り、赤い帽子ロゴがブランドアイコン。作業着発祥のブランドであるこちらはドレスシャツも展開しており、なかにはこのようなB.D.シャツも。シルエットはタックインしてもしなくても、クラシックにキマる。綿ポリ素材で、デイリーユースに最適♪ 4950円

カルクルーのヘンリーネックT

創業当時から変わらずアメリカ生産にこだわるカルクルーのアイテムは、着古したらまた継続して買いたいオーセンティックなアイテムばかり。とはいえ、7.2オンスという厚手の生地のため、耐久性も抜群の良コスパな1枚。3762円

チャンピオンのリバースウィーブ スウェットパンツ

「ジャラーナ」の中でも種類豊富に取り揃えるチャンピオンで、今回選んだのはシルエットがルーズなリラックスタイプ。ローファーなどの短靴であれば、美シルエットのスウェットを選んでもいいが、ボリュームのあるブーツと合わせるならこちらがベター。6490円

ホワイツブーツのスモークジャンパー

ブーツ界の王様と名高いホワイツのモデルは[スモークジャンパー]。ヒールが高めに設計され、内側のアーチも大きいフィッティングに特化したモデル。アウトソールもボリュームのあるビブラムが採用され、高いグリップ性能を誇る。7万8375円

カブーのストラップキャップ

カヌー米国代表チームの公式キャップにも採用されるほど、本国では馴染みのあるカブーは、日本国内でもアウトドア好きの間で話題に事欠かない定番のアイテム。ストラップと呼ばれるテープデザインがアクセントで、淡いブルーのカラーリングがなんともアメリカンな配色。4455円

ハブアハンクのペイズリーバンダナ

ハブアハンクのペイズリーバンダナは色挿しの基本アイテム! 表面にノリがつきハリのある生地感ながらコットン100%のため、使い込むにつれて柔らかい風合いに育つ、ファンの多いファッション小物の代表格。パンツのバックポケットに挿す王道の使い方はもちろん、目に付きやすい胸ポケットに挿すのもあり。上級者は二枚持ちもオススメ!? 396円

バグゥのスタンダードバグゥ

カルフォルニアのエコバッグブランド、バグゥの中でも最も人気のある[スタンダードバグゥ]は、エコバッグ代わりに使用するのはもちろん、耐久性に優れたリップ地なので、日常遣いにもオススメ。収納ポーチも付き、コンパクトにまとめられる仕様も嬉しい。1782円

※表示価格はセール価格となっており、時期により異なる場合があります。

【問い合わせ】
ジャラーナ
03-5816-1203
https://www.jalana-web.com/

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア