年表で読み解く、アウトドアファッションの歴史とブランド。【①創成期~1960年代】

  • 2021.10.26 2020.08.17
  •              

野外活動や局地など特定のフィールドに向けたアウトドアアパレル。その優れた機能服はいかにしてデイリーユースとなっていったのか? アメリカと日本のシーンを中心にその変遷を追ってみる企画の第一回目はアウトドアアパレルの創成期に迫る。まだアウトドアファッションの概念がなかった時代、どんなブランドが誕生していたのだろうか?

【~1950年代】エスタブリッシュメントの嗜みから庶民のレジャーへ。

本来フィールドスポーツやアウトドアアクティビティは英国からの入植者、つまりはアメリカ建国に携わったエスタブリッシュメントの嗜みとして高尚な分脈に位置したものの、戦後の高度成長期を経てレジャーの一環として庶民へと浸透。マウンテニアリングやハンティングといった野外アクティビティが急速に市民権を獲得していく。また、製造ラインのハイテク化が進み、大量生産体制へと完全移行したのも’50年代に入ってからのこと。それまではカスタムオーダーがゆえの少量生産がメインであり、決して安価なカテゴリーではなかったと思われる。

1897年

米国ワシントン州シアトルにて、ゴールドラッシュへ向かうハンターたちのための小さな衣料品店としてフィルソンが創業。

1911年

メイン・ハンティング・シューズ

創設者レオン・レオンウッド・ビーンによりメイン州フリーポートにてエル・エル・ビーンが設立され、通称ビーンブーツこと[メイン・ハンティング・シューズ]が開発・販売される。

ラバー製のボトムにレザートップを縫い合わせるという画期的なデザインは100年以上ほぼ変わらない。アメリカ・メイン州の本店には最初のビーンブーツを縫ったというミシンが奇跡的にまだ綺麗な状態で残っている。

本店に置かれた最初のビーンブーツを縫ったミシン

1912年

森林伐採場で働く人のための衣服としてフィルソンから[マッキノー ウールクルーザー]が登場。現在にも続くロングセラーであり、ゴールドラッシュに沸いた1897年デビューというアウトドアファッションの元祖とも言えるアイテムだ。

アメリカを代表する作家でありアウトドアをこよなく愛したヘミングウェイはビーン・ブーツとフィルソンのマッキノークルーザーを愛用していたと山口淳著『お洒落名人 ヘミングウェイの流儀』に記されている。彼を語るうえで欠かせない2大アイコンなのだ。

1920年

アウトドアガイドであったエディー・バウアーが自分の名前を冠した小さなお店をシアトルにオープン。

1932年

チャールズ・ダナーと5人の職人たちによりウィスコンシン州チペワフォールズでワーク&アウトドアブーツブランド、ダナーが設立される。

1936年

スカイライナー

アメリカで初めて特許を取得したダウンジャケット、[スカイライナー]を開発。

防寒着といえばウールが主流だった1936年にデビューしたエディバウアーの[スカイライナー]は、元祖ダウンジャケットとして後のアウトドアアパレルに絶大な影響を残したエポック作だ。

スカイライナーのタグ

1944年

エル・エル・ビーンよりトートバッグの原型とも言える[ボート・アンド・トート]が発表される。

ブランドの代名詞でもある[ボート・アンド・トート]の源流は氷を運搬するためのアイスバッグにあったと伝えられ、量産しやすいシンプルな作りと優れたコスパ、堅牢性に重きを置いていた。

【1960年代】文明や管理社会を拒絶したヒッピームーブメントの隆盛。

’50年代に起こったビートニク運動以降、新たな世代のユースカルチャーとしてヒッピームーブメントが起こり、彼らはより人間的でプリミティブな生き方を選んだ。その一環としてパックひとつで山へと入るバックパッキングが盛んとなり、アメリカ西海岸を中心に多くのガレージブランドが設立される。通称ヒッピートレイルをはじめ、アメリカ3大トレイルルートと呼ばれるパシフィッククレストトレイル(PCT)、アパラチアントレイル(AT)、コンチネンタルディバイドトレイル(CDT)ルートが制定されたのもちょうどこの頃だった。

1965年

ジョージ・マークスとボブ・スワンソンによってシェラネバダ山脈の名を取りシエラデザイン社が設立。

自宅ガレージにてテントを製作することからはじまったシエラデザインズ。3年後の1968年に60/40クロスを開発する。

1966年

パタゴニアの創設者でもあるイヴォン・シュイナードが航空技師のトム・フロストとともにシュイナード・イクイップメント社を設立。

いまもパタゴニア本社裏に残る倉庫はシュイナード・イクイップメント時代の作業場兼オフィス。多くのクライミングギアをシンプルかつ軽量化を図り、耐久性を高める改良が行われた。

1966年

ダグラスとスージー・トンプキンス夫妻によりスキー用品を専門的に扱う小売店ザ・ノース・フェイスが設立され、後のダウンパーカの原型となる[シェラパーカ]が開発される。

1968年

ヒッピーコミューンに向けたサバイバルカタログ『ホール・アース・カタログ』がスチュアート・ブランドによって創刊される。

ヒッピーコミューンを支えるためのDIY、自給自足などのハウトゥや関連商品が掲載され、1968年から1974年にかけて刊行されたのがヒッピーたちのバイブル『ホール アース カタログ』だった。

1968年

シェラデザイン社が縦糸にナイロンを配し編み込まれた60/40クロスを開発し、ベストセラー[マウンテンパーカ]を発表。世界的ヒットを記録する。

縦糸にナイロンを配し、コットンの柔らかさとナイロンのハリ感+撥水性を両立させた当時のハイテク素材が60/40クロスだ。

1969年

大学でマーケティングを学んだケネス・ハップ・クロップが店を譲り受け、アウトドアブランドとしてザ・ノース・フェイスがカリフォルニア州バークレーにて設立。

小売店からアウトドアブランドとしてマーケットを拡大した1969年のカタログ表紙。当時バックパッカーたちから絶大な支持を受けたことが伺える秀逸なビジュアル作り。

ちなみにパタゴニアの創業者・イヴォンとザ・ノース・フェイスの創業者ダグラス実は1968年にロングトリップに出かけた旧友。そんな2人が歩いた旅路をある若者が辿ったドキュメンタリー映画『ワンエイティ・サウス』はファン必見!

次回は、1980年代から90年代のアウトドアファッションの軌跡を紹介! お馴染みのブランドのロングセラーアイテムが続々登場し、アウトドアアイテムがファッションとして浸透していく過程をお楽しみに!

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア