GRが、やっぱり欲しい。スマホ時代にコンパクトカメラを持つ理由。

  • 公開日:2022.01.28
  •              

今は昔。「コンパクトカメラ通信」という雑誌(ムック)を作った。2000年代の初めの頃だった。コンタックスTシリーズ、リコーGR、ミノルタTC-1、ローライ35など、歴代の魅惑のコンパクトカメラをぎっしり集めた。これらのカメラの魅力は今でも不変。手元にあったらすぐフィルムを装填し、鞄に入れて旅や散歩に出かけてみたくなる。でも、今やデジタルカメラを含めて「コンパクトカメラ」というジャンルは、ほぼ無くなりかけている。

コンパクトカメラの魅力は、軽くて小さいこと。だから鞄の隅に入れて、いつでもどこでも持ち歩くことができる。いい写真を撮るコツは、絶えずカメラを持ち歩くこと。シャッターチャンスとなる絶好の景色は、いつ、どこに現れるか予測できない。特にスナップショットでは、今!と心が動いた瞬間に取り出してすぐにシャッターを切ることができるカメラが必須となる。

小さくて良く写ることが良いカメラの条件だとすると、世の中の良いカメラは、ほぼスマホの中に組み込まれ、みんなが持ち歩いている時代となった。ではコンパクトカメラの存在する理由は無くなってしまったのか。その答えのひとつが「リコーGR」にある。

スマホカメラ時代に存在感を放つ、GR

GRシリーズは1996年から始まった。スナップシューターが求める性能と機能をストイックに追求し、極限まで小型、薄型化したコンパクトカメラだ。レンズの描写性能はかなり高く、同じ設計の単体レンズがライカスクリューマウントで作られ、カメラファンを(もちろん自分も)熱狂させた。デジタル時代になると、GRデジタルが2005年からスタートした。

自分の「GR史」は、1996年の初代GR1から始まり、その後の改良モデルや、初代のGRデジタルなど、GRシリーズのほぼすべてのモデルを愛用してきた。今、鞄には最新のGRⅢが入っている。

撮る道具としてスマホの出番が圧倒的に多くなってしまった。撮りたい、と思った時のほとんどに自分の傍らにはスマホがあるからだ。自分が今使っているスマホは、握ったまま2回振るとカメラが瞬時に起動する。側面には専用のシャッターボタンも付いている。まばたきするように、撮りたい光景を次々と取り込んでくれるのだ。

でも道具としてスマホをじっくり眺めていても、あまり楽しい気分にはなれない。つまり、撮る気分を盛り上げることもない。

GRは、万年筆に例えればパイロット・キャップレス、ボールペンならラミーピコのような存在。鉛筆に例えたらUFOパーフェクトペンシルあたりか(廃盤になってしまったけれど)。機能に徹し、無駄を一切省いた形がとても手になじむ。その姿を眺めているだけで、撮りたくなる。

GRⅢが登場した時のカタログは秀逸だった。カタログの紙面には、画素数が○○とか、手ブレ補正が〇段分で良くなって……、といった商品説明はほぼ見当たらない。ひたすらこのカメラで撮ったスナップショットがドーン、ドーンと大胆に載っているだけ。ここ数年で見かけたカメラのカタログの中でも、ずば抜けたセンスの良さを感じた。このカタログを眺めた翌日、ヨドバシカメラに走っていた。

気になるのは、最新のGRⅢx

2021年に最新のGRⅢxが出た。すぐ欲しいと思ったが、まだヨドバシには走っていない。焦点距離は準広角の40mm相当。40mmレンズの画角は、以前愛用していたライツミノルタCLやオリンパスのズイコー40mmF2で体に染みついている。35mmが5mm伸びただけなので「準広角」とよく言われるけれども、自分の感覚で言うと「準標準」だ。標準レンズの50mmの画角は自分は狭く感じるし、中望遠に近い。40mmこそ、見ために近い自然な画角で、背景の情報が適度に入り込んでくる絶妙な焦点距離だと思っている。

28mm相当のGRⅢ、そして40mm相当の最新モデル。この2台を鞄に入れて、遠くへ旅してみたい。心が動いた光景を、極上のアングル、露出で露光してくれる確信(時に錯覚)を引き起こす。上質なコンパクトカメラは旅へと誘う。「外へ、遠くへ」と気持ちを揺さぶるのだ。

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。