電磁波を発生させないインクで温める「ホットブランケット」が新発売。

厚さ1.5mmで電磁波フリー、体を包み込む優しい発熱のシートヒーター「インコ ヒールディング ブランケット」が発売スタート。

「インコ」は自社開発の特許技術“印刷電子(Flexible Electronic)”を利用し、生活を豊かさをもたらすことを目指して誕生したブランド。ブランド名も“INK(インク)”+“ECO(エコ)”の言葉を掛け合わせた造語からきている。

同シリーズなのではの薄さや電磁波フリーという特徴はそのままに、ひざ掛けや毛布として利用できるまでサイズアップ。肌に触れる部分は肌触りの良いマイクロファイバー素材を使用している。

また、発熱素材として“銀ナノインク”を使用し、ブランケット内部のフィルムシート全体に、前述の印刷電子技術にて発熱インクを印刷、フィルム全体をマイクロダイバーで覆い、ブランケットに仕上げている。銀ナノインクの特徴である高い発熱効率で、ブランケットを短時間で温める。1分で約40℃まで上昇、最高温度の50℃までスムーズに上昇する。

INKO ヒーティングブランケット

価格:13,750円(税込)
サイズ:700×1050mm、約510g(発熱シート部)

【問い合わせ】
ロア・インターナショナル
https://www.mycaseshop.jp/