天神ワークスのSP03ショルダーポーチには文庫本が3冊入る。

  • 2022.11.01
  •              

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介!

今回は久々のアメリカ出張で、マサチューセッツとミネソタ、ニューヨーク&ニュージャージーを訪れた、革ジャンの伝道師・モヒカン小川がお届け! 人生初のマサチューセッツに続き、次回はミシシッピとコネチカットに行ってみたいんだとか。

文庫本が3冊入れば、何も言うことはない。

H260×W220×D110㎜という手頃なサイズのレザーポーチSP03。栃木レザーのタンニン鞣しの革を使い、天神らしい美しい経年変化が楽しめる。ほぼ総手縫いで作られており、堅牢さと美しさは折り紙付きだ。革ジャンとの相性もばっちり。9万6800円

逢坂剛先生が書かれた警察小説の金字塔「百舌シリーズ」。ドラマ化や映画化もされたので、ご存じの方も多いと思う。第一作目『百舌の叫ぶ夜』の発行が1986年。その後、数年に1冊のペースで刊行され、先頃、最新シリーズ『百舌落とし』の文庫上下巻が発売され、遂に完結したのだった。

なげぇ……一体何年待たせるのよ。当然のことながら、以前の話は全く覚えておらず、久しぶりに読み返すことにした。これが……やっぱり面白い。

通勤時は、大きめのレザーヘルメットバッグを使っているので、何冊でも文庫を持ち歩いているのだが、困るのが休日。本当は小さめのバッグで身軽に動きたいのだが、あまりに小さくて文庫本が1冊しか入らないのはちと困る。

だって外出中にその1冊を読み終わってしまったら、すぐに続きが読めないではないか。休日、ぶらぶらウォーキングをすることの多い俺にとって、せめて文庫本2冊、出来れば3冊はいるくらいの大きさが望ましい。長編2冊に、エッセイや短編を1冊。これさえ入れば、もう何も言うことはない。

「百舌シリーズ」を読み返し始めてから、天神ワークスのSP03の出番が増えた。実はこれ、俺の50歳の誕生日に天神ワークスの高木さんからプレゼントされたもの。

手頃な大きさで、革ジャンウォーキングにももってこいなのだ。栃木レザーを使用しており、使うほどにレザーエイジングも楽しめるし、内部が二室構造になっているのも嬉しい。600頁ほどの厚めの文庫2冊と、300頁の短編集を入れてちょうどのサイズ。こんなレザーポーチが欲しかった!

実はこのライトニングが発売になる頃、俺はアメリカにいる(多分)。このポーチに文庫本と取材ノートを入れて、ニューヨークを歩き回っているはずだ。

天神ワークスのSP03ショルダーポーチ

こちらがモヒカン小川の取材時の使い方。取材ノートに文庫本、ティッシュケース、携帯灰皿がすっぽり収まる。マジで便利です!

内部は二室構造になっているので、使い勝手も良好。文庫本のみならず、手帳やノート、iPadなども収納可能。仕事バッグとしても使える。

ストラップは、バックル留めのほかスナップボタンも装備しており、開閉も楽。真鍮のバックルがデザインのアクセントにもなっている。

【問い合わせ】
天神ワークス
TEL03-3870-8658
https://tenjinworks.com/

(出典/「Lightning 2022年9月号 Vol.341」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア