「HEATH. 横浜」の秋スタイルはレザージャケットとネルシャツで決まり!

  • 2022.10.21 2022.10.06
  •              

横浜のアメカジショップ「HEATH.」がこの秋に提案するのはレザーJKTとネルシャツ。アメリカンカジュアルの王道ともいえる組み合わせをベースにしたコーデを4つ紹介!

【使用アイテム①】風合いとコスパにこだわったレザージャケット「KNACKERED」

HEATHが展開するオリジナルブランド『KNACKERED』のレザージャケット。上質で柔らかなシープレザーを使用し、袖を通した瞬間から手放せなくなるような”愛着感”がある。熟練した職人が一着ずつ手作業でエイジング加工を施し、まるで洗いざらしのデニムのような経年変化のある生地感も特徴だ。

襟付きのレギュラーとスタンドカラーの2種類があり、艶のあるブライトなブルーと深みのあるネイビーのカラーをそれぞれラインナップする。3万6800円

上腕部にはエンボス加工でKNACKEREDのロゴが入
袖口にはファスナー加工がされいる
背面にはアジャスターベルトが付属
裏面にはファスナー仕様 のポケットを配置。こういったディティールからも職人のこだわりが感じられる

こちらはスタンドカラータイプ。 細身のシルエットとシャツと合わせたくなる絶妙な着丈は、あらゆるコーデに合わせやすい。また天然レザーを使用するにも関わらず、3万6800円という価格は驚異的だ

【使用アイテム②】ロープライス設定で思わずまとめ買いしたくなるヘビーネルシャツ「BLUE PORT」

カラーは全12色!

カジュアルなアイテムで人気のブランド『BLUEPORT』からは打ち込みの良いヘビーネルシャツが一押しアイテム。日本人の体型に合わせたスクエア型のシルエットで、着丈が長すぎないのがポイント。レザージャケットなどショート丈のアウターに合わせやすよう計算されている。カラーバリエーションは無地と柄を合わせて全12色。一着6990円という価格なので、色違いで数着まとめ買いするのもおすすめだ。

肘裏に生地を当てて補強されている。これはワークウエアならではのディティールだ
ボタンは金属製のオリジナルで制作はボタンワークスが担当。塗装はすべて手作業で行われる

「HEATH.」 が提案する横浜の4スタイル。

紹介したレザージャケットとネルシャツを使ったコーデを提案! どれも「HEATH.」らしさのある、横浜の匂いを感じさせるスタイルだ。

定番ストレートデニムで王道アメカジ。

レザージャケット(スタンド/BLUE)3万6800円 ストレートデニム402(MHT)/2万7500円 ヘビーネルシャツ(RED)6990円 ブーツ(DANNER FIELD)/2万7500円 レザーベルト(ヴィンテージワークス)/1万8700円 キャップ 4990円

王道のアメカジスタイル。レザーとデニムのワントーンコーデに差し色で赤のネルシャツをイン。ダナーのブーツで足元を重くしすぎないのもポイント。

ジョガーパンツでスポーツMIX IXコーデ。

レザージャケット(スタンド/NAVY)3万6800円 ジョガーパンツ/1万6990円 ヘビーネルシャツ(GRY)6990円 スニーカー(SATORISAN)/1万4990円

スポーツMIXコーデが今の気分。ジョガーパンツとレザー、そして無地のネルシャツは相性も抜群だ。

ダックパンツでアーバンアウトドア。

レザージャケット(レギュラー/BLUE)3万6800円 ダックパンツ(IVORY)/1万6500円 ヘビーネルシャツ(YEW)6990円 ブーツ(SATORISAN)/29800円 レザーベルト(ヴィンテージワークス)/1万6500円 ニットキャップ/3200円

鮮やかなブルーのレザージャケットとイエローのネルシャツ、そしてホワイトのダックパンツの組み合わせはレザー&ワークにも関わらず清潔感抜群だ。

横浜デニムで「濱(ハマ)カジ」スタイル。

レザージャケット(レギュラー/NAVY)3万6800円 YOKOHAMA DENIM/19900円 ヘビーネルシャツ(BROWN)6990円 ブーツ(SATORISAN)/2万2800円 キャップ 3200円

ネイビーレザーに細身の横浜デニムを合わせて横浜のローカルスタイル〝濱(ハマ)カジ〟に。これだと少しイカツイので、デニム生地のキャップで柔らかさをプラスした。

【問い合わせ】
 HEATH.INDUSTRIAL 
TEL045-228-7850
https://www.heath-industrial.com/new/2022-09-29-143119.html

(出典/「Lightning 2022年11月号 Vol.343」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア