ゴージャス過ぎないトライシェビー。|シボレー・210【東京カーライフ】

  • 2022.08.29
  •              

バイクやクルマのカスタムカルチャーに精通するブルコの青木さんの愛車は、トライシェビーのファーストイヤーである’55 年式210。名作映画にも主役級の存在感で登場する名車をオールドモーターのまま日常的に乗り回している。

「BLUCO」代表・青木厚典さん|昔ながらのアメリカンワークウエアをコンセプトとしたブルコの代表。’55年シェビーの他にマツダ・プロシードやラングラーを所有。旧車から現行まで様々なH-Dのカスタムも楽しんでいる

飾りを簡素化した’55がちょうど良い。

マスタングやコルベットも検討した上で、最終的に選んだ’55年シェビー。基本的にオリジナルの装備を残したままモール類を簡素化したスタイルに

バイク乗りやカーガイに支持されるワークウエアブランド、ブルコを展開する青木さんは、自身が二輪四輪共に愛するモーターヘッズ。これまでのクルマ歴はアメリカ車のピックアップや欧州車のスポーツカー、国産旧車など幅広い。そして、昨年完成した愛車がシボレー・210である。

“トライシェビー”と呼ばれる’55/’56 /’57年のモデルの中でも最もシンプルなデザインの’55年式は、『アメリカングラフィティ』や『トゥーレーンブラックトップ』など、クルマ好きに語り継がれる映画に登場する名車のひとつである。

「コンパクトなアメリカのスポーツカーに乗りたいなと思ってトライシェビーを探しました。’55年から’57年は毎年デザインが変わりますが、ゴージャス過ぎず気軽に乗れる’55年の直6が良いなと。豪華絢爛な’50sを好む人からしたら邪道かもしれませんが、モール類の飾りをできるだけ簡素にしたスタイルを意識しました」

トライシェビーは年を追うごとにスペーシーなデザインが色濃くなっていくが、青木さんが選んだ55年は、先述の映画でも公道ドラッグを走るマシンとして描かれるレーシーなイメージを持つモデル。あえてオリジナルの車高をキープして、窓枠やモールなどのステンレスパーツを取り外したシンプルなスタイルに仕上げられている。そしてこだわりのブルーでオールペンされたクリーンな210は、千葉県のビーチのそばで生活する青木さんの日常の足となっている。

パワステなし、エアコンなしのアナログな仕様だが、海沿いの道路を当時の仕様でゆったりと走るのが心地良いのだと言う

「1955 CHEVROLET 210」のディテールを拝見!

アメリカで発見した当時の’55年210。ベースは2トーンカラーで綺麗にレストアされていたモデルだ。日本に輸入して神奈川県のガスケットで基本整備とオールペンを行い現在の姿に。

元々のブルーは’50s色が強過ぎると感じたため、白が強い落ち着いたブルーを調色してオールペンを施している。

“Blue Flame”と呼ばれる排気量235ci(約3850cc)の直6エンジン。実際に走行してもらったが排気音は驚くほどマイルド。

ステアリングやダッシュ、内装はオリジナルのデザインをキープ。ブルー×ホワイトの2トーンカラーが海によく似合う。

サイドのモールは縦に走る上下のモールを外し、一本だけ残したデザインがこだわりのディテール。ステンレスの窓枠も取り外している。パーツが手に入れば前後ガラスのモールをゴムに変更したいのだとか。

普段’55年210が格納されている場所は、自宅横にセルフビルドしている最中の木造ガレージ。クラシカルな世界観が貫かれている。

(出典/「Lightning2022年7月号 Vol.339」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア