モヒカン小川とランボルギーニ三浦がアポ無しで行く! 春の新作アイテムを抜き打ちチェック!【前編】

  • 2022.05.26
  •              

春の新作をチェックしに、アポなしでショップを回ってきた。本当の突撃取材だからこそ見えてくる、人気ショップの旬のアイテムを2回にわたってレポート! まずは前編。

1.FULLCOUNT TOKYO [フルカウント 東京ショップ]

ヴィンテージデニムの復刻に始まり、いまではヴィンテージをもとにファッション的要素をセンス良く落とし込んだプロダクツも手掛けるなど、全国で人気を博すフルカウント。東京店を突撃してみると、春物がかなり入荷済みで、プリントTシツなどはすでにほぼ完売状態のものも……。とはいえ、まだまだ新作は店頭に並んでいるので、お探しの方はお急ぎくだされ!

モヒカン小川とランボルギーニ三浦Choice!

小川が気になったのがこのジャケット。1981年に採用されたB.D.U.ジャケットをもとにアレンジ。3万2780円

このLot.4810はフルカウントの定番モデル。左のインディゴの他に、ホワイト、ブルー、ブラックも展開。

この季節に重宝するインディゴシャンブレーのUSNワークシャツはエイジングにも期待したい。Lot.4810 / 1万8480円

ヘビーウエイトなワッフルTシャツ、5964S。フラットシーマで縫製しており着心地も抜群。1万2100円

上の半袖ワッフルTシャツの元祖がこの長袖モデル、5964。夏以外の3シーズン楽しめる逸品。各1万4300円

【DATA】
東京都渋谷区神宮前3 丁目20-7
TEL03-6804-6541
営業/11:00~20:00
http://www.fullcount.co.jp/

2.pure blue japan[ ピュアブルージャパン原宿店 ]

デニムの聖地として世界的に知られる岡山県倉敷市児島に拠点を置くピュアブルージャパンが、原宿に構える旗艦店へGO。ブランド名のとおり“ブルー” に対するこだわりが強く、店内はインディゴ染めのプロダクツばかり。新作Tシャツはこれから入荷だそう。

モヒカン小川とランボルギーニ三浦Choice!

タテ糸・ヨコ糸ともに徳島の阿波正藍で手染めした糸で織ったセルビッジデニムJKT「6104」に小川も興味津々。8万8000円

インディゴデニムのバケットハット、7016-1。このカタチは三浦の好きなやつ。9900円

日焼けで褪色したように加工したインディゴTシャツ「SS5011」の風合いがカッコイイ! 9900円

【DATA】
東京都渋谷区神宮前3 丁目31-20
TEL03-3408-6644
営業/11:00~19:00
https://www.purebluejapan.jp/

3.Attractions[ アトラクションズ ]

’50sカルチャーにまつわるプロダクツが並ぶAttractionsにも潜入。レザーJKTやブーツでお馴染みのBILTBUCKだけでなく、春はデニムアイテム、カットソー中心のWEARMASUTERSの季節。店頭には新作Tシャツが並び始めたところ。

モヒカン小川とランボルギーニ三浦Choice!

’50sテイストのボートネック五分丈Tシャツ「701」はWEARMASTERS定番の人気アイテム。各8800円

Atraction EyewearのLot.148 “Capital” はクリアフレーム人気が高まる今年オススメ。小川も気に入った様子。2万7280円

バブルバックモデルを忠実に再現したBILTBUCKの545というモデル。こちらは最高級クロコダイルのベルトを装備。6万500円

【DATA】
東京都渋谷区神宮前4 丁目32-4
TEL03-3408-0036
営業/11:00~19:00
https://attractions.co.jp/

4.WAREHOUSE[ ウエアハウス東京店 ]

アメリカのヴィンテージ古着を中心に徹底的な解析をもとに忠実に再現するウエアハウス。本拠地は大阪だが、この東京店は弊誌だけでなく様々なファッション誌でもお馴染みの場所。我らが編集部員もよく訪れるところなのに、アポなしでの取材は意外にも初めて……。おそらくこの季節はTシャツが入荷し始めているはず。いつも在庫薄なセコハンのデニムもあるといいな~。

モヒカン小川とランボルギーニ三浦Choice!

定番ポケットTシャツ、Lot.4601。超希少な旧式のローゲージ編み機による“シャドウボーダー” ボディが魅力。新色全部揃ってます! 各6490円

小川が気になっているナンバリングTeeは、ウエアハウスの定番フットボールTシャツ、Lot.4063。前面はフットボール柄。8800円

ボーダーTシャツは半袖(Lot.4087/ 9900円)、長袖(Lot.4088 / 1万2100円)。色落ちジーンズやチノパンと相性抜群だ。

春に必須のアイテムのひとつ、インディゴシャンブレーシャツの新作、Lot.3036が入荷。1WASHで1万8150円

セコハンのジーンズは春になってさらに品薄みたいだけど、小川は探していたLot.1105(淡)のW36サイズを発見。2万6400円

【DATA】
東京都渋谷区恵比寿西1 丁目29-8 恵比寿ウエスト1F
TEL03-5457-7899
営業/12:00~19:00
https://www.ware-house.co.jp/

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning2022年6月号 Vol.338」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア