あのスターの履いてたスニーカーや革靴が欲しい! アメリカンヒーローに近づく第一歩は足元から。

  • 2022.06.15
  •              

ライフスタイルの指針のひとつとして憧れてきたアメリカンヒーロー。そんなアメリカンヒーローへ少しでも近づきたい、同じものを身に着けたいと思うのならばまずは彼らが履いているシューズに注目してほしい。足元には彼らのこだわりが詰まっているはずだから。

絵を描く際はハイカットのバッシューを好んで履いた〈キース・へリング〉。

作品を描く際はハイカットのバッシュが多かったキース・へリング。足首がホールドされているほうが大きなキャンバスに向かって描きやすかったのだろうか。中でもよく見られたのがアディダス・フォーラムハイ。ナイキ・エアジョーダン1もよく履いていた。

キース・へリングが履いていたのは銀×白でペイントと汚れがつきまくった足元がカッコ良かった。銀×黒も人気モデル(スキット東京吉祥寺店提供)

初の〈デニス・ロッドマン〉モデルはコンバース【オールスターバイブ】。

派手なルックスや奔放な私生活など悪童伝説に事欠かないロッドマンだが、NBA屈指のリバウンダーでありジョーダンに匹敵する人気のレジェンド。初期の頃はナイキを愛用していたが’97年からコンバースと契約。こちらはロッドマンモデルとして発売された最初のモデル。

ロッドマンのタトゥーをイメージしデザインしたというオールスターバイブ。’98年にはオールスターD ロッドをリリース。(スキット東京吉祥寺店提供)

〈スパイク・リー〉等多くのレジェンドが愛用した神様〈マイケル・ジョーダン〉のマスターピース。

著名人にもファンが多いエアジョーダンの1stモデル。NBA好きで知られる映画監督スパイク・リーもそのひとり。長編処女作『シーズ・ガッタ・ハヴ・イット』で自身が演じた主人公もAJ1を愛用。スパイク・リーは後にナイキCMに起用され本人と共演を果たした。

1984年に登場した神様マイケル・ジョーダンのシグネチャー初代モデル。白×赤×黒はブルズカラーで、赤×黒を履くとNBAから罰金が科せられたとか(スキット東京吉祥寺店提供)

【プーマスウェード】は〈ビースティ・ボーイズ〉を媒介にストリートのアイコンとなる。

元々’80年代からブレイクダンサーやグラフィティライター間で履かれていたプーマスウェードだが、’92年にビースティボーイズ『チェック・ユア・ヘッド』でキング・アドロックが履いたことからストリート人気が爆発。ブランドを代表する名作に。

クライドと酷似するが、クライドはNBA殿堂入りのウォルト・フレイジャーのシグネチャーモデルで、そこから派生したのがプーマスウェードだ(スキット東京吉祥寺店提供)

〈ジョン・マッケンロー〉の理想がすべてが詰まっていたナイキ【エアトレーナー1】。

「私が必要としたすべてを持ち合わせたもの」と希代のテニスプレイヤー、ジョン・マッケンローにいわしめたクロストレーニングシューズ。元々マッケンローが履く予定ではなかったが手違いで送られてきたモデルに足を通したところ最高にフィットしたとか。

’87年に登場したナイキ・エアトレーナー1。多目的なスポーツのために作られた1足が偶然マッケンローの目にとまった。グレー×グリーン。(スキット東京吉祥寺店提供)

【クロスストラップシューズ】こそ〈エルヴィス・プレスリー〉の日常靴。

エルヴィス・プレスリーがステージのみならず、愛車のハーレーに乗る際も履いていたというクロスストラップシューズ。’50年代はタッセル、コインローファー等のスリッポンタイプが米東海岸で人気だった。このシューズもその派生といえるだろう。

クロスストラップシューズはシアーズ通販カタログでも短い期間しか掲載されていないユニークなデザインのスリッポン。7万1500円(706ユニオン[email protected]

オフはハンティングを楽しむ〈ベーブ・ルース〉が足元に選んだ【ビーンブーツ】。

アーネスト・ヘミングウェイも愛用したL.L.Beanのビーンブーツだが、もうひとり愛用した大物がいる。MLBの球史に名を残したベーブ・ルース。豪快な人物であったらしく休日は釣りやハンティングを楽しんでおり、足元は常にビーンブーツだった。

米メイン州で創業から100年以上製法を変えずに製作される伝統的な防水ブーツ。10インチ。2 万5300円(L.L.Bean カスタマーサービスセンターTEL 0422-79-9131)

若き日の〈ウォルト・ディズニー〉の唯一の贅沢品だった【ウォークオーバー】のシューズ。

ミッキーマウスを生み出したウォルト・ディズニー。彼の自伝によれば、日々の生活にも困窮するほどだった男の唯一の贅沢品はカメラを売ったお金で購入した1足5ドルのウォークオーバーのシューズだったそう。記述はそれだけのためモデル名までは判明していない。

ウォークオーバーはゲオ E・キース・カンパニー社が1899年に創業したブランドでトラッドシューズの代表格。チャッカータイプ。1万9580円(スーパー8シューズTEL03-6804-2174)

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Lightning2022年5月号 Vol.337」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア