さらに20年、こいつに乗ると決めました。|Restored 1997 Vespa 50s Vintage

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介!

今回は、「ボアアップしたことで巡航速度がかなり上がったのはうれしいけれど、この冬空の下で走ったら、以前よりも体感温度が低いことに気がつき凍えそうに(笑)。うれしい悲鳴です」という編集部の最古参・ラーメン小池がお届け!

Restored 1997 Vespa 50s Vintage

クラシックベスパはご覧のスモールボディが私にはぴったり。エンジンのオーバーホールだけの場合、ベース車両の状態にもよるけれど、交換パーツ代が4〜15万円(パーツの劣化状況で変動)、工賃は6万円が目安。まずはショップに相談してみて

上京して始めて手に入れた足がベスパだった。思えばまだ学生で、この仕事をアルバイトでやっていたころ。締め切りが近くなれば深夜に帰ることもあるので機動力は必要だった。

でも友人が格安で譲ってくれそうな原付ではなく、生意気にも新車でベスパを購入。親に頭を下げてローンの保証人になってもらったのも良い思い出。それから20余年。まだこいつを近所の足として所有しているというワンオーナー車なのである。

以前も書いたけど、好きになったらずっと好きな性格なので、飽きることなくこいつと付き合ってきた。でもね、さすがに20年以上も乗っていればガタがくる。

ショップの人にも心配されるほどあちらこちらが経年によってお疲れに。いっそ、新しいベスパに買い替えようかと思ったけれど、気がつけばこのモデルって絶版車なだけに高値安定物件。フルレストア済みの車両は高値だし、中古で良い出物は枯渇気味。だから決意しました。そう、レストアを。

しかも外装はそのままで、中身をすべて新品にして、アップデートもするという大手術を敢行。外装は疲れているけど、ふだん見えない部分はピカピカというムフフな仕上がりに。さらに20年乗ることはできるだろうけど、自分のカラダがそこまで持つかが現状の心配事かな(笑)。

これが作業途中。すべてのパーツを取っ払いボディだけの状態に。 エンジンをオーバーホール&ボアア ップして足周りやハンドル、配線など、中身はほとんど新品に交換
75ccへのボアアップ&レーシング キャブレターへの換装でマフラーも存在感のあるバナナタイプに。これで二段階右折ともおさらばで機動力が格段にアップしとります
ショックは見た目もムフフな赤いカルボーネ製に前後とも換装。パンクトラブルも軽減するためタイヤもチューブレス化してホイールリムがポリッシュされた2トーンを選択
今回の作業をしてくれたのは私の愛車の面倒みてくれているワンパ ーフォーさん。ヴィンテージから現行車両までベスパのことはリペアからカスタム、車両販売までおまかせ

【問い合わせ】
ワンパーフォー 
TEL03-3382-3013
http://www.oneperfour.com

(出典「Lightning2022年3月号 Vol.335」)