月光仮面からビックリマンシールまで。中野ブロードウェイの「ガオッチ」に潜入!

  • 2022.05.08
  •              

日本のサブカル総本山とでもいうべき東京中野の『中野ブロードウェイ』。高級時計から古銭まで、コアな専門店が軒を連ねる一大施設だ。今回はブロードウェイの中から昭和のレトロ玩具を扱うお店を紹介する。

「ガオッチ」店長に話を聞きました。

ガオッチの店長にして日本一のバットマングッズコレクター。映画『東京ToyGuy2』で主演し、各雑誌やNHK『探検バクモン』に出演するなど各方面で活躍中。

昭和のレトロ玩具が所狭しと並ぶ個性派ショップ。

新旧問わずサブカル系のアイテムを扱う専門店が軒を連ねる中野ブロードウェイ。言わずとしれた東京の面白スポットのひとつだ。その中でも際立った個性をもつお店が、今回紹介する『ガオッチ』。写真のように、小さな店舗ながらショーケースや棚にギッシリと商品が陳列されているのが特徴。しかもこれ、すべて昭和のレトロ玩具なのである。

「月光仮面からビックリマンシールまで」と店長が語るように、’60 年代のヴィンテージから、平成初期のアイテムまでが中心。メインはソフビだが、ブリキや超合金はもちろん、カード類やプロマイド、そしてビックリマンの『悪魔VS天使』シリーズも得意ジャンルのひとつ。その他、アイドルのプロマイドやキーホルダー、缶バッジなども。

店舗は中野ブロードウェイの3階。ソフビが中心でビックリマンシールも充実。昭和玩具の販売だけでなく、買取も常時行っている

適正な値段設定はコレクターにはうれしいところ。古いから高いではなく、物のコンディションや流通状態などを見極めた価格設定がなされている。またプレミア品も大手ショップよりも少し安いというのもポイント。買取もコレクター視点による、愛のある値段提示をしてくれるので、買取ショップを探している人はガオッチに相談してみては?

海外のコレクターからの人気も高い『オバケのQ太郎』。オバQには新旧あるが、ガオッチではどちらの商品も在庫している。コレクター垂涎の貴重なアイテムのデッドストックも!
ソフビに加え、鉄人28号から’80年代の合金フィギュアまで勢ぞろい。探し物があれば店長に声をかけてみよう

ガオッチ店長イチオシの昭和玩具。

ウルトラセブンに登場した主人公モロボシ・ダンの可愛いソフビ。放送当時にタカトクトイスから発売された。サイズは約10㎝でデフォルメされた造形が特徴だ。価格16万5000円

ブルマークのツインテールシリーズ。右からミドル(2万7500円)ジャイアント(33万円)、スタンダード(3万3000円)。一番左はバンダイ製のものでレアな一品(1万6500円)

タカトクトイスの『少年忍者部隊 月光』のブリキ製オートバイ。1960年代の商品で、大変貴重な箱付き。価格は33万円。下は月光のメンコで各1000~1500円

P子のソフビは昭和40年代の無版権物で、なんと袋入りのデッドストック。価格は5万5000円。ドロンパは組み立て済みプラモデルとなり1万1000円だ。

’60年代にタカトクから発売されたブリキ製のオバQセスナ。走行時にプロペラが連動して動くギミック付き。現在でも価格上昇中のプレミアムアイテムのひとつ。28万5000円

ビックリマンのアルバムはコロコロコミックの愛読者プレゼント品(1万1000円)。ゲームソフト同梱特典のヘッドロココは5500円。「お助けシール」を3枚集めて送るともらえたブラックゼウスのホログラムは1万6500円

ガオッチ秘蔵のアイテムを公開! 店長&ワイフのバットマン・グッズ。

ガオッチ店長とワイフ所有の秘蔵のバットマン・グッズも取材の際に見せていただいた。世界中のコレクターが探すレアアイテムをご覧あれ! 販売と買取も行っているので気になる人は問い合わせを。

’70年代前半にバンダイから発売されたブリキ製電動バットマンカー。箱付き&このコンディションで現存しているのは大変貴重。市場価格では150万円を超えるとか。

野村トーイのブリキ銃。バットマン以外にも同形状でスーパージェッターなども発売された。トリガーを引くとサウンドが鳴るギミック付き。

旧イマイのプラモデル『原子力バットマンカー』。こちらは初版となり、ボックスアートがその後にリリースされた物と異なる。当然数も少ない。

ブリキ製バットマンピストル。こちらは無版権物で、紐を解かれていないデッドストック。

駄菓子店で売られていたジグソーパズル。’60 年代のアイテムで未裁断のデッドストック。

【DATA】
ガオッチ
東中野区中野5-52-15
中野ブロードウェイ3F
TEL03-5577-4300
営業/11:00~19:30
休み/水曜

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典「Lightning2022年2月号 Vol.334」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア