実は着まわしやすい! メンズにおすすめのカバーオールの着こなし術。

最近はChore Jacket(チョアジャケット)と呼ばれるのが、いわゆるカバーオールと称されるワークジャケット。実はこんなにワークウエア感が強いのに、下手したらGジャンよりも着まわしやすいのでは……と思うほど万能だ。ここでは、最も着まわしの利くデニムカバーオールを使い、スタイリングのポイントを紹介する。ちなみに使用したのは、シュガーケーンの色落ち加工モデル。

そもそもカバーオールとは?

カバーオールとはそもそもは労働者が着るワークウエアである。Chore Jacket(チョアジャケット)とも。旧い資料やアメリカ映画をなどでも、鉄道員や刑務所に収監された人物の作業服として登場。幅広く使われていたことがわかる。デニムなどの分厚い素材でできていることが多いが、Gジャンより丈は長めで、ワークウエアらしくポケットがたくさんあるのが特徴だ。

カバーオール×チノパンはインナーを選ばない!

カバーオール、特にデニムのものと最も相性がいいパンツは、断然チノパン! インナーを問わずにスタイリングを楽しめてしまうのだ。靴を白系スニーカーにすると爽やかに、ブーツにするとワイルドに、革靴にするとドレッシーに早変わりする。ネルシャツを合わせる際は、淡色ジャケット×派手なネルシャツならカジュアルに、濃色ジャケット×地味なネルシャツならシックな印象になる。帽子はインナーの色を拾うか、靴と合わせたい。

サイズは少し大きめがイイ!

上がオーバーサイズ、下がジャストサイズ。こうして見ると、少し大きめサイズを着る方が着こなした際にオシャレな印象になるとわかるだろう。「サイズの合わないものを着こなす」ということは、高感度なファッション通の証なのだ。やや抜き襟にして着ると、オシャレ度数はさらにアップ!

トップボタンを留めるとオシャレに!

オーバーサイズのカバーオールは、Tシャツなど薄手のインナーと合わせる場合は、ゆるすぎてちょっと困ることも。そんな時はトップボタンを留めると、“着こなしている感” が出て一気にオシャレな印象に変わるぞ。

カバーオールはどんなパンツも合わせやすい!

ジーンズや軍パン、スウェットパンツなどカバーオールはどんなパンツにもよく似合う。ただし、インナーは気を使いたい。ジーンズならニット、軍パンはチノパン同様なんでもOK、スウェットパンツはネルシャツやウールシャルが合わせやすい。

こうするとストリート感UP

同じスウェットパンツの着こなしでも、足元のローテクスニーカーをハイテクスニーカーやスウェードブーツ(写真はRed Wing #8173)に変えると、都会的でストリート感のある印象に変化するから面白いぞ。

濃色カバーオールは上品さが倍増する!

カバーオールをテーラードジャケットの代わりにハズシ技として取り入れるオシャレな方もいるので参考にしたい。色落ちカバーオールでもインナーをシックは配色のシャツにすると上品な印象になるが、濃紺のカバーオールにするとその印象はさらに強くなる。

いかがだっただろうか。同じカバーオールでもこれだけたくさんのコーディネートが楽しめることがわかったと思う。合わせ方でさまざまな印象に変身できるので、1枚持っておくと便利だ。

(出典/「Ligthning2021年11月号 Vol.331」)