お手軽なレンタルRCから本格的な競技用ホビーRCまで『つくばRCパーク』で体験!

  • 2022.04.15
  •              

ホビー趣味の王道といえば、やはりRC(ラジコン)カーで間違いない! RC をひとりでも、そして家族でも存分に楽しめるスポットが存在する。手ぶらでもOK とのウワサを聞き、さっそく茨城県つくば市に向かった。

鈴木浩さん(右)、編集・AD ちゃん(左)

(鈴木浩さん)
取材に応対してくれたヨコモの鈴木さんは、全日本選手権の2WDと4WDクラスで優勝経験があるRC界のトップエキスパート。各メディアでも精力的に活動中!

(編集・AD ちゃん)
ライトニングのホビー番長。今回のRCも大好物のひとつで、どちらかというとオンロードよりもオフロード派。ヨコモ製の最新バギーに興味津々だった。

ファンなら誰もが知っているRCカーの聖地。

つくばRCパーク内の施設のひとつ『つくばRCアリーナ』の中は、本格的なホビーRC用のコースを設置。このドリフトコースとオンロードコースの規模は、日本でも屈指の広さと質を誇る

世界的に有名なRCカー専用サーキット『谷田部アリーナ』がフルリニューアル! 『つくばRCパーク』という名前となり、より身近にRCを楽しめるテーマパークとして生まれ変わった。

そして新たに『つくばラジコンランド』という施設が敷地内に設置された。ホームページの施設案内を見るとレンタルラジコンもやっているとのこと。これは気になる! さっそく本誌ホビー番長のADちゃんと取材班は、つくばRCパークのある茨城県つくば市に足を運んでみることに。

施設の中には6つのエリアが設置され、それぞれの内容に見合ったラジコンをレンタルすることができる。オンロードやオフロードといった定番から、戦車や建機のものまでバラエティに富んでいる。

少し離れた場所にあるオフロードコース。全天候型の屋内コースで路面にはカーペットが敷いてあり、RCを汚さずに走行が楽しめる
外には『オフロード’80年代風 土コース』を設置。’80年代の RCバギーブームを意識した屋外コースだ。ヴィンテージバギーや復刻バギーを仲間と走らせたい!

今までのRCサーキットというと自分でクルマと各種アイテム類を持ち込む必要があった。だがつくばラジコンランドなら、それこそ手ぶらでフラリと立ち寄ることができる。また本格的な10分の1スケールのホビーラジコンから子供でも遊べるトイラジまで幅広くラインナップしているのもうれしい点。

家族で気軽に遊びに来られるし、RCにもっとハマりたいなら併設のショップでキットを購入し、隣のつくばRCアリーナで走行をするといった形でステップアップも可能。入門者から、RC経験の長いベテランまで受け入れてくれる、RCカーのレジャーランドの誕生だ。

キットやパーツ、送信機や工具といった各アイテムがそろったプロショップも併設。わからないことは気軽にスタッフに相談してみよう

レンタルRC だから手ぶらでOK! つくばラジコンランドでRC 体験。

『つくばRCアリーナ』の横にある施設が『つくばRCランド』。RCカーが初めての人でも楽しめるコースが6つ用意されており、ラジコンもレンタルが用意されているので手ぶらで遊びに行けるのがポイント。施設利用料を含むレンタル費は最初の30分が1100円で、延長は15分ごとに550円となる。

フリースペースからクローラー、建機エリアや戦車エリアなど、6つのコースが設置されている。どれも自由に遊ぶことができるぞ。

コースにあったレンタルRCが用意されている。小さなトイラジから本格的なドリフトRCまで。まずはどれにしようかな〜♪

というわけで、最初はコレ! 男らしいピックアップトラックをチョイス。これはクローラーというジャンルで、デコボコ道を走破して楽しむ。

ゴツゴツの岩道を最適なルートを考えながら走破していくのがクローラーRCの醍醐味! まるで実車のような前後サスペンションの動き方は、クルマ好きにはたまらない魅力。失敗するとゴロンと転がってしまうので操作は慎重に。

次はオフロードコースに挑戦。コースに設置されたジャンプ台を華麗に飛び越える! 仲間と競争するのも楽しい。

ヨコモのドリフトRC『ドリフトパッケージ』で本格的なドリラジに挑戦。思うようにカウンターが決まらず苦戦中!

鈴木さんにレクチャーを受けるADちゃん。理屈ではわかるけど、これがなかなか難しく、かなり奥が深い。ドリラジがブームになっている理由も納得です。

赤外線を使用した砲撃戦を楽しめるタンクバトル。手のひらサイズの戦車RCだが、砲台だけを回転させたりと、複雑な動きも可能。地形を利用した対戦はかなり白熱!

最後は鈴木さんと戦車対決。本誌きってのミリタリー好きとしては負けるわけにはいきません! 5試合行い、結果は鈴木さんの3勝。ADちゃん痛恨の負け。クヤシイ〜(泣)

【DATA】
つくばRC パーク
茨城県つくば市谷田部4385-2
TEL029-896-3888
営業/9:00〜18:00
休み/年中無休(年末年始を除く)

※情報は取材当時のものです。現在取り扱っていない場合があります。

(出典/「Ligthning2021年9月号 Vol.329」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア