e-MTB初体験! SPECIALIZEDでトレイルライドに挑戦!

最終更新日 2022.06.13 公開日 2021.12.01

道なき道を走ることの出来るMTBカテゴリーの中で、今一番注目を集めているのが“e-MTB”だ。つまりは電動アシスト付きのMTBである。急勾配の登り坂はもちろん、アップダウンが激しいトレイルだって、電動アシストの力を借りれば楽々と走ることが出来ちゃうのだ。そんなわけで、スペシャライズドのe-MTBを使って、キャンプついでにトレイルライドに編集部が挑戦してみた。その感想とは?

SPECIALIZED(スペシャライズド)とは?

1974年に設立し、アメリカ・カリフォルニア州に拠点を置く総合サイクリングブランドのスペシャライズド。”Innovate or Die”(革新を、さもなくば死を)というスローガンを掲げ、新しい技術を採用したマウンテンバイクやロードバイクの開発のみならず、ウエアやヘルメットなどのアクセサリー開発にも力を注いでいる。

想像以上に軽い! 「LEVO SL(リーヴォ エスエル)」に試乗!

Lightning編集部 ADちゃん(左)|過去にMTBのトレイルライドの経験はあるものの、ここ10年ほどはご無沙汰。今回初めてe-MTBを体験することとなり、テンション高めの参加となった! スタイリスト チェ・ナカジマ(中央)| 本誌Lightningを始め男性ライフスタイル誌を中心に活躍する敏腕スタイリスト。本人曰く「自転車に乗ること自体、10数年ぶりの体験ですね」と語る。e-MTBももちろん初体験!  Lightning編集部 サカサモト(右)|オフロードバイクを所有しており、トレイルライドはお手のもの。しかし自分の足がエンジンとなるe-MTBは初体験。バイクと異なる操作性に興味津々である!

アラフォー世代である我々3人とも初体験である、電動アシストが魅力のe -MTB。でも、そもそも我々にとって馴染みのある電動アシスト自転車といえば、ママチャリタイプのモノ。漕ぎ出しは軽くて便利だが、車両重量が軒並み25〜35kgとかなりヘビーで、ちょっとした方向転換などは否が応がでもその重さでバランスを崩しやすく、取り回しに難ありな印象だ。

そんな考えがあったから、e-MTBでのトレイルライドって難しいと思っていた。でもスペシャライズドが誇る最新のe -MTBはそんな心配はご無用、寧ろそんな風に思っていてゴメンなさい、というぐらい感動の乗り味だ!

[2021NEW MODEL] SPECIALIZED LEVO SL EXPERT CARBON

フルカーボンフレームとFOXの前後サスペンションを搭載した超軽量e-MTBとして誕生。滑らかで軽いSL1.1モーターを搭載し、漕いだ力の2倍までアシスト。またスマホ対応のMission Controlアプリを使えばSL 1.1 モーターを走り方に合わせてチューニングも可能。トレイルから長距離ライドまでこなすハイエンドモデルだ。99万円

今回試乗した“LEVO SL(リーヴォ エスエル)”は、軽さ重視で開発されたモデル。バッテリーをダウンチューブに完全内蔵し、見た目ではe -MTBと分からないほどスタイリッシュ。しかも前後に150mmトラベルのサスペンションを搭載しながらも最上位モデルでは17kg台という軽さを誇り、トレイルライドでも取り回しやすいのだ。

トップチューブ搭載された電動アシストの操作パネル。 10目盛表示のパワーゲージを兼ね備えバッテリー消費量も一目瞭然
3段階のアシストパワーはハンドル にある+−ボタンで簡単に切り替えられるのが便利だ

また「エコ/トレイル/ターボ」という3段階のアシストパワーを備えており、路面状況に合わせて切り替えるのも楽しい。特にターボでのペダリングは、急勾配でもググっと踏力をアシストしてくれるので楽々登れてしまう。今まではトレイルを降って楽しむだけだったのが、このモデルなら登りの時も刺激的に走れるぞ!

電動アシストでの最長走行時間は4.5時間と長距離ライドも安心だが、さらに航続可能距離を50%も伸ばしてくれるレンジエクステンダーも別売りで用意。5万2800円

詳しくは公式WEBをチェック!

e-MTBツーリングに向けて準備したいSPECIALIZEDのアイテムも紹介!

さあ、早速ツーリングに出掛けたいところだが、ここはLightningらしくファッションにもこだわっていこう。スペシャライズドの機能性とデザイン性を兼ね備えたアイテムを紹介! これで快適なツーリングが約束されたも同然だ。

Helmet_TACTIC

トレイルライドに必要な性能をすべて備えたヘルメット。高い通風性を実現し、一体型のフィットシステムにより後頭部まで幅広くカバー。1万4300円

Glove_TRAIL GLOVE LONG FINGER

手のひらは丈夫なAXスウェードを採用し、指先にシリコンプリントを施したグリップ力に優れるグローブ。スマホのタッチスクリーンにも対応。3300円

Shoes_2FO ROOST FLAT MTB SHOE

丈夫なレザーとテキスタイル生地を組み合わせたMTBシューズ。SlipNo STラバーソールは、フラットペダルを確実に掴み足が暴れない。1万4300円

Wear_ALTERED EDITION Shoes_2FO ROOST FLAT MTB SHOE TRAIL RAIN JACKET

完全防水生地であるPolartecのNeoShellを採用し、防水性だけでなく通気性と伸縮性にも優れたジャケット。タイダイのマーブル模様が特徴だ。2万2000円

Wear_TRAIL SWAT JACKET

通気性に優れた耐風生地に、耐水性を持つDWRコーティングを施し、急な悪天候にも対応。軽量なのでトレイルライドには一着持っておきたい。1万7600円

Wear_ALTERED EDITION TRAIL RAIN ANORAK SHORT SLEEVES

PolartecのNeoShellを採用したアノラックデザインの半袖ジャケット。暑い日のにわか雨などを凌ぐのに最適であり、さらに重ね着すれば体温を調整する際も便利だ。2万900円

詳しくは公式WEBをチェック!

いざ! e-MTBツーリングSTART!

ベースキャンプを後にした我々一向が目指すのは、神奈川県小田原市にあるフォレストバイク。ここにあるMTB コース「忍者トレイル」にて、LEVO SLカーボンモデルの性能を体験してきたぞ。地形の勾配を生かしたトレイルコースで、バームやパンプを攻めてみた!

1.まずはトレイルを体験する。

都心に一番近いMTBトレイルコースを持つフォレストバイク。利用する場合は事前予約が必要で、初めて施設を利用する際は、経験豊富なインストラクターによる初回基本講習の受講が必須となっている。なので初心者も安心!!

荒地も電動アシストで楽々♪

チェ・ナカジマの1stインプレッション

「久しぶりに乗ることになった自転車で、しかもe-MTBでトレイルライドと、初心者である私は正直恐怖でいっぱいな部分もありました。でもLEVO SLカーボンモデルの安定した乗り味で、恐怖感も薄れ森の中を楽しく走れました♪」

サカサモトの1stインプレッション

「バームを抜けたあとにペダルを漕いで加速したんですが、ペダルを回した瞬間から、スッとモーターのアシストが始まり、それも急ではなく自然な感じでトルクが加わるので、荒地でもバランスも崩すことなく、次々とトレイルのセクションをこなせました!」

ADちゃんの1stインプレッション

「縦横無尽に作られたトレイルコースの中にヘアピンカーブがあったのですが、曲がり終わるタイミングでリアに荷重を掛けたら、クイっと車体が視線の方向に曲がっていくんです。安定してハンドリングできるのが凄くいい!! あと車重も軽くてフワリと操れますね」

【DATA】
フォレストバイク
神奈川県小田原市荻窪
TEL080-2018-3892(8時半〜16時)
https://www.forestbike.jp

2.今度は市街地へ移動!

お次は小田原市の眺望を味わうべく市街地へと移動。目的地である石垣山一夜城歴史公園までの道のりは、急勾配の坂道が続く道であったが、LEVO SL カーボンモデルなら苦もなく登れてしまうため余計な体力も使わず、途中、美しい相模湾の景色もハイテンションで楽しめちゃいました(笑)。

坂道も怖くない!

我々の最終目的地となった石垣山一夜城。豊臣秀吉が天正18年(1590年)に、小田原征伐の際に築城した場所。この場所にはヨロイヅカ・ファームもあり、美味しいスイーツも堪能できるので、ロングライドで疲れた身体を癒せちゃいます。

ヨロイヅカ・ファームで購入したホットコーヒーとスイートな味わいのシュークリームを頬張りながら、「LEVO SLカーボンモデル」についてリコメンド談義。3人の注目したポイントはコチラだ!

チェ・ナカジマのレコメンド「ドロッパーシートポストが良い仕事をします!」

手元のレバーを操作して任意のサドルの高さを調整できるドロッパーシートポスト。トレイルライドの際はスタンディングしやすいようにサドルを下げ、逆に長距離を走る時はペダリングをしやすくサドルを上げる。それがワンタッチで操作可能。

ADちゃんのレコメンド「電動アシストのパワーとギア比選びが奥深い!」

LEVO SLカーボンモデルは、3段階に分けられた電動アシストパワーを備える。その力を無駄なく効率よく発揮するためには適切なギア比を選ぶ必要がある。それを意識して乗れば、無駄な力も要らず、疲れ知らずで漕ぐことができる。

サカサモトのレコメンド「トレイルだけじゃなくアスファルトでも快適だね!」

スペシャライズドが培ってきたノウハウを注ぎ込んで開発されたトレイルバイクのLEVO SLカーボンモデル。前後150mmトラベルのサスペンションはトレイルでしなやかに動き、舗装路でもスピード感ある走りが体感できた。

【DATA】
石垣山一夜城歴史公園
神奈川県小田原市早川1383-12

【問い合わせ】
スペシャライズド・ジャパン 
https://www.specialized-onlinestore.jp/shop/contact/contact.aspx

(出典/「Lightning 2022年1月号 Vol.333」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。