自転車乗りの験担ぎ! 「Santuario Madonna del Ghisallo」のお守りを付けてみた。

最終更新日 2022.06.13 公開日 2021.04.13

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 

今回は、最近周りの人たちからの影響で“開高健”にハマっており、「生物としての生物」から始まり「オーパ!」を読みふけり、次は「ベトナム戦記」を熟読しようかなと思っているストリートカルチャー通・ADちゃんがお届け!

イタリア生まれの、交通安全のお守りにあやかりたい。

人間、誰しも験を担ぐことがある。例えば高校や大学などの受験前日にステーキやとんかつを食べて「敵に勝つ」なんてやってみたり、彼氏彼女から渡されたキットカットをお守りにして「きっと勝つ」とかしてみたり、宝くじを当てたいから、買う場所は一等賞がたくさん出ている「JR有楽町駅中央口宝くじ売り場」でしか買わない、なんていうのも験担ぎだ。

私の場合、何か験を担いでいるかと言えば、そうだ、そういえば自転車(ピスト)のシートポストの内部に交通安全のお守りを忍ばせているんだっけ、というのを思い出した。

今回紹介するエディターズピック(この連載の名前)のアイテムも、同じく交通安全のお守りとして新しく導入したもの。ただ違うのは、日本のお守りではなく、イタリアのお守りだということ。

サイクリスト人口の多いイタリアには、サイクリストの聖地と呼ばれる教会がある。イタリア北部、ロンバルディア州の避暑地であるコモ湖を見下ろす頂に、その「マドンナ・デル・ギザッロ教会」がある。

’49年10月13日、ギザッロ教会の崇拝の対象となっている聖母マリアが、ローマ教皇ピウス12 世により「サイクリストの守護聖人」として宣言されたことから、世界中のサイクリストの聖地となった。

このお守りは自転車のフレームに巻き付けて使えるアルミ素材のデザインとなっており、ヘッドパーツとして装着してみた。

べつに私はキリスト教徒でもなんでもないが、日本は古来から八百万の神様を信望する国だから、キリスト教の神様も、和洋の宗教の垣根を越えて日本人が使うことを許してくれるのではないだろうか、なんてね。

Santuario Madonna del Ghisalloのお守り

ヨーロピアン・ヴィンテージの佇まいを持つギザッロ教会のお守り。教会に隣接する自転車博物館にて12ユーロで販売中。(https://www.museodelghisallo.it/en/museum/

左側にはギザッロ教会の名前が彫り込まれる。このお守りはパンクや自転車事故から守ってくれるそう。とはいえ自転車は安全運転を心掛けたい!

バンドの右側には、マドンナ・デル・ギザッロ教会の景観が彫り込まれている。標高754mという立地もあり、プロロードレースの通過点になっている。

サイクリストの守護聖人と宣言されたギザッロ教会のマリア像を中心に、その周りは自転車のチェーンリングとチェーンをデザイン。センス抜群!

クロモリといった細身のフレームに最適なショートタイプと、アルミやカーボンなど太いフレーム用にバンドが長いロングタイプの2種類展開される。

(出典/「Lightning 2021年5月号 Vol.325」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。

「Dig-it(ディグ・イット)」は、アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディアです。ファッション、クルマ、バイク、アウトドア、グルメ、ステーショナリー、ビューティなど、さまざまな分野のプロフェッショナルが執筆しており、アナタのよき趣味の先輩となってくれることでしょう。