ミディアムサイズのピックアップ「フォード レンジャー」は日本の道路事情にぴったり!

「レンジャーが復活する」そんなニュースが駆け巡ったのは2018年の頭のこと。1月のデトロイトショーで発表され、実に7年ぶりにアメリカ国内で復活を果たしたレンジャーは、最新のテクノロジーを搭載し、大方の予想をはるかに超えたカッコよさ! サイズ感も日本の道路事情にも最適そうだ。

※この記事は「ライトニング2018年8月号」に掲載されたものを再編集してお届けします。

フォード レンジャーってどんなクルマ?

フォードのミッドサイズピックアップ「レンジャー」は、トヨタ・ピックアップ(ハイラックス)やニッサン・ハードボディ(ダットサントラック)に対抗すべく’83年に登場する。その後幾度のモデルチェンジを経て、’11年に生産を終了。オセアニアやアジアではオーストリア生産のレンジャーを継続発売していたが、北米市場からはレンジャーという名称は消滅してしまう。

ところがフルサイズピックアップは横幅2メートルオーバー、最も短い3人乗りのレギュラーキャブのF150でも全長5・3メートル以上、4ドアモデルに至っては6メートルもある巨大なモデルになってしまっている。

アメリカ市場でもここ数年はミッドサイズのピックアップのニーズが再び高まってきている。すでにGMはシボレー・コロラド、北米トヨタはタコマに力を入れており、フォードが唯一乗り遅れているといった状態だった。

そんなミドルサイズ市場にフォードが満を辞して投入したのが、国内では実に7年ぶりの復活となるレンジャーなのだ。日本国内でも乗りやすいサイズなので外遊びで使えるクルマとして、ぜひ候補に加えたいところだ。

【2019 FORD RANGER】のディテールをチェックしてみよう!

デトロイトショーで発表されたレンジャーは、マスタングと同じ2.3リッターのエコブーストエンジンとクラス唯一の10速ATの組み合わせとなる。ところがその後2月には、アジアパシフィック向けにタイで生産されるレンジャーにホットバージョンのラプターが追加されたのだ。まだアメリカ国内投入は未定だが、日本に並行輸入される可能性は大きい。

これまで伝統的にレギュラーキャブのみだったレンジャーだが、今モデルから4ドアのクルーキャブがメインとなった
フォードらしい精悍で落ち着いたフロントフェイス
インテリアは近年のフォードの乗用車に倣った親近感のあるものに。中央には大型モニターが設置され、オーディオやビークルコントロールなどを統合的に制御するSYNCシステムが搭載
テールゲートにはRANGERの文字が入る。現状ではXL、XLT、LARIATの3グレードで、エンジンは2.3リッターエコブーストに10速ATの組み合わせ

(出典/「Lightning 2018年8月号 Vol.292」)