ニューイングランド地方の伝統と格式を今に伝える古書街の老舗アメカジ店「MAINE」。

  • 2021.10.24 2021.04.15
  •              

日本でも有数の古書街として知られる神保町にて30年以上にわたり質実剛健をキーワードに良質なアメカジスタイルを提案し続ける老舗「MAINE」。米ニューイングランド由来のどことなく上品なセレクションが旧きよきインポートショップを思わせる。そんなアメカジ好きに愛されるショップを紹介しよう。

基本姿勢は変わらない。ただ、時代に沿ったアップデートも忘れない名店。

アメリカ建国の母体となった英国13植民地の中でも最も古い歴史を誇り、英国移民たちの文化が色濃く残るニューイングランド地方。その最北部に位置するメイン州にあやかり、同店は’88年に設立された。学生時代にアルバイトから入社した古参の島倉氏は言う。

「MAINE」ディレクター・島倉弘光さん|学生時代からワークやミリタリー、アウトドアといったアメリカンカルチャーにどっぷり浸かり、学生アルバイトを経て入社。ヴィンテージ愛好家にして、休日はサーファーとしての顔も持つ

「由来となったメイン州フリーポートは、かつてメイド イン U.S.A.の宝庫だったと言われています。アメカジといえばワーク、アウトドア、ミリタリーが主軸ですが、我々のセレクトには、そんなメイン州ならではの文化、つまり英国移民が持ち込んだシェットランドニットやダッフルコートといった、やや上品なテイストが大きく影響していると考えています」

30年余り、東京のアメカジ文化を見続けてきた島倉氏は、やはり我々世代が屋台骨であると続ける。

「’90年代のヴィンテージブーム然り、今現在の30〜40代にとってアメカジはひとつの共通言語だったと。ウチに限らず各店がアメリカのファクトリーブランドを発掘したり、別注をかけていた時代、あの時期を通過した世代がいわゆるアメカジと呼ばれるスタイルを今なお牽引していると思うのです。我々も基本となる質実剛健というコンセプト自体はあの頃と何も変わりません。でも、時代とともにアップデートすべき部分は変化すべきとも考えています」

小川町にて設立された第一号店の雰囲気をそのまま伝える神保町店。

アメリカ東部のメイン州フリーポートから命名された第一号店は、’88年に隣町にあたる小川町にてスタート。その後、第二号店となった神保町店がオープンし、’90年代末頃までは2店舗体制で運営されていたという。こちらは当時の1号店の外観。

今なお続く神保町店のスタートは’90年頃のこと。一号店と今現在の店舗ディスプレイに見られるグリーンのロゴがこの頃にはなく、無垢のままだったことがうかがえる。

当時の写真に画角を合わせ、記念のワンカット。90年代末頃から白山通り沿いに位置するこちらの神保町店に一本化。

アメカジ発祥の地とも言われる上野にもほど近く、かつ明治や専修といった大学生たちの街ならではのB.D.シャツやシェットランドニットといった品のあるアイテムが並ぶ。

こちらも現在の店内を同じ画角でパチリ。今も変わらずアメリカンカジュアルの定番が並ぶ。

入社当初から島倉さんが使い続けるご愛用の名品たち……なんと今も継続展開中!

1980年に設立されたバギーのB.D.シャツをはじめ、メイン州に拠点を置くL.L.ビーンのトート、キング オブ デニムことリーバイス501は、どれも20余年以上の付き合い。しかも全て島倉さんが同店で手に入れたという思い出も一入の私的アーカイブばかり。そしてこれらは今も同店にて展開しているロングラー商品なのだ。

同店ゆかりのメイン州から。

’40年代に開発され、今なおメイン州の自社工場からハンドメイドで全世界に展開されるL.L.ビーンの定番ボート・アンド・トート・バッグ。7452円

もはや説明不要なデニムのシンボル。

リベット補強でワークウエアの新時代を築いた名門リーバイスの代名詞にして全ジーンズの祖501。レギュラーのリジッドはかなり新鮮かも。9180円

至高のオックスフォードを昔ながらの製法で。

かつてブルックス ブラザーズのB.D.シャツを製造していたハワード・グロスマン氏によって設立されたファクトリーブランド、バギーの定番B.D.モデル。各1万260円

アメカジがあの頃と同じように心をつかんで離さないように、同店もまたあの頃と同じように僕らを迎え入れてくれる。大人になったからこそ、あの頃のファッションをもっと楽しく着れるはず。そんなワクワクを感じに出掛けてみてはいかがだろうか。

【DATA】
MAINE
東京都千代田区神田神保町2-48
TEL03-3264-3738
営業/11:00~20:00
休み/なし
https://www.maine1988.com/

▼もっとアメカジの名店が知りたい人はこちら!

日本全国のおすすめアメカジショップ案内。【保存版】

日本全国のおすすめアメカジショップ案内。【保存版】

2022年09月08日

(出典/「Lightning 2019年4月号 Vol.300」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア