7月1日からレジ袋有料化。男性には紙袋にしか見えない、革製のエコバッグがおすすめ!

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 編集部でネット検索してたらアスタリスクのバッグを見つけ、なんとショップが世田谷区用賀(ライトニング編集部がある)だったので、その足でお邪魔しちゃったという、レザー通のモヒカン小川がお届け!

Aster*isk(アスタリスク)の「革袋」。

スーパーのレジ袋が有料となり、じきにコンビニも有料になるという。かなり不便だが、「プラスチックゴミを極力出さない」というエコの観点から言えば、仕方のない流れでもある。俺もそろそろエコバッグを持たないと……と思いながらも、主婦が持つような“ぞんざいな”エコバッグは持ちたくない。なんかいいバッグないかな〜といろいろネットで調べていたら、見つけちゃいました、俺好みのレザー製エコバッグを。

どこから見ても紙袋にしか見えない、その名も「紙袋のような革袋」。素材には国産のタンニン鞣しの豚革を採用し、エイジングも楽しめる。各種サイズがあるので、興味のある方はウェブサイトをチェック。サイズ:幅415㎜×高さ345㎜(ハンドル部を除く)×奥行120㎜。7480円(アスタリスク TEL03-6313-4383 http://kawarikomono.com/)

これ、どっから見ても紙袋にしか見えないが、れっきとしたレザー製。そんな洒落っ気が、なんとも粋でしょ? 実はこの革、タンニン鞣しの豚革なのだ。豚革というと、毛穴が結構目立ち、革自体が小さいので、革ジャンに使われることはあまりないが、このバッグにはぴったりな素材。薄くて軽くて、タンニン鞣しのタンカラーが、なんとも紙袋っぽい。もちろん、使い込むほどに飴色に変化するので、エイジングファンも納得の出来栄えなのだ。

もちろん俺も、牛革や馬革、分厚い帆布製のゴリゴリのトートをすでに何個か持ってはいるが、さすがに、それを持ってスーパーに行く気にはなれない。“頑張ってる感”が出ちゃうので、輸入モノの食材や高級リカーを買うならいいが、長ネギや納豆を入れるには忍びない。その点、このアスタリスクのバッグなら、見た目が紙袋なので、そんな心配は無用。商店街で漬物やお惣菜を買っても、全く違和感がない。

この革袋、実に様々なサイズがあるので、用途に合わせて揃えるのもアリ。価格が安いのも嬉しいポイントだ。ちなみにこのアスタリスクの工房兼ショップは、ライトニング編集部のある東京・用賀から歩いて10分ほどの距離にあることが判明。これから、ちょいちょい覗いてみようかな。

手に持つとこんな感じ。エコバッグとして はちょうどいいサイズ。もちろん、普段 使いのトートとしてもおすすめだ
開口部にはスナップボタンが付けられているので、たくさんモノを入れても安心。ハンドル部分は牛革を使用している
こうして折り畳むと、本当に紙袋にしか見えない。いい意味で“革っぽさ” がなく、 女性にもぴったりのデザイン

【問い合わせ】
アスタリスク
TEL03-6313-4383
http://kawarikomono.com/

(出典/「Lightning 2020年8月号 Vol.316」)