7月1日からレジ袋有料化。男性には紙袋にしか見えない、革製のエコバッグがおすすめ!

最終更新日 2021.10.24 公開日 2020.07.01

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 編集部でネット検索してたらアスタリスクのバッグを見つけ、なんとショップが世田谷区用賀(ライトニング編集部がある)だったので、その足でお邪魔しちゃったという、レザー通のモヒカン小川がお届け!

Aster*isk(アスタリスク)の「革袋」。

スーパーのレジ袋が有料となり、じきにコンビニも有料になるという。かなり不便だが、「プラスチックゴミを極力出さない」というエコの観点から言えば、仕方のない流れでもある。俺もそろそろエコバッグを持たないと……と思いながらも、主婦が持つような“ぞんざいな”エコバッグは持ちたくない。なんかいいバッグないかな〜といろいろネットで調べていたら、見つけちゃいました、俺好みのレザー製エコバッグを。

どこから見ても紙袋にしか見えない、その名も「紙袋のような革袋」。素材には国産のタンニン鞣しの豚革を採用し、エイジングも楽しめる。各種サイズがあるので、興味のある方はウェブサイトをチェック。サイズ:幅415㎜×高さ345㎜(ハンドル部を除く)×奥行120㎜。7480円(アスタリスク TEL03-6313-4383 http://kawarikomono.com/)

これ、どっから見ても紙袋にしか見えないが、れっきとしたレザー製。そんな洒落っ気が、なんとも粋でしょ? 実はこの革、タンニン鞣しの豚革なのだ。豚革というと、毛穴が結構目立ち、革自体が小さいので、革ジャンに使われることはあまりないが、このバッグにはぴったりな素材。薄くて軽くて、タンニン鞣しのタンカラーが、なんとも紙袋っぽい。もちろん、使い込むほどに飴色に変化するので、エイジングファンも納得の出来栄えなのだ。

もちろん俺も、牛革や馬革、分厚い帆布製のゴリゴリのトートをすでに何個か持ってはいるが、さすがに、それを持ってスーパーに行く気にはなれない。“頑張ってる感”が出ちゃうので、輸入モノの食材や高級リカーを買うならいいが、長ネギや納豆を入れるには忍びない。その点、このアスタリスクのバッグなら、見た目が紙袋なので、そんな心配は無用。商店街で漬物やお惣菜を買っても、全く違和感がない。

この革袋、実に様々なサイズがあるので、用途に合わせて揃えるのもアリ。価格が安いのも嬉しいポイントだ。ちなみにこのアスタリスクの工房兼ショップは、ライトニング編集部のある東京・用賀から歩いて10分ほどの距離にあることが判明。これから、ちょいちょい覗いてみようかな。

手に持つとこんな感じ。エコバッグとして はちょうどいいサイズ。もちろん、普段 使いのトートとしてもおすすめだ
開口部にはスナップボタンが付けられているので、たくさんモノを入れても安心。ハンドル部分は牛革を使用している
こうして折り畳むと、本当に紙袋にしか見えない。いい意味で“革っぽさ” がなく、 女性にもぴったりのデザイン

【問い合わせ】
アスタリスク
TEL03-6313-4383
http://kawarikomono.com/

(出典/「Lightning 2020年8月号 Vol.316」)

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

サカサモト

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

サカサモト

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

佐々木浩也

PREPPY, Men's PREPPY

美容男子応援団長

佐々木浩也

ARIKI

PREPPY

ヘア&ビューティジャーナリスト

ARIKI

村上タクタ

ThunderVolt

村上タクタ

杉村 貴行

Lightning, 2nd(セカンド), CLUTCH Magazine

杉村 貴行

Lightning 編集部

Lightning

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン「Lightning(ライトニング)」。1994年に創刊して以来、アメリカンカルチャーをベースとしたファッション、クルマ、フード、インテリアなど、我々が楽しいと感じることにアンテナを張り巡らし、あらゆる情報を紹介しています。

30代男性にとって、平日の仕事服が1st(最重要)だとしたら、休日のカジュアル服が2nd(2番目)。そんな休日スタイルを提案する、語れる洋服を集めた身近でリアルな大人のファッション誌です。

日本と世界の架け橋として、国外での販路も持つ、豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌。本当に価値のあるモノを世界中から集め、重厚な誌面で展開する、ワールドワイドな媒体です。

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌。年に4回(3・6・9・12月)発刊。万年筆、手帳、インク、ガラスペンなど、文具好きの文具愛を満たす特集を毎号お届けしています。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア。美容師のデザイン力、接客術、スタッフ教育からサロン運営に至るまで、サロンワークに今すぐ役立つ情報が満載。毎号人気美容師が旬のテクニックをご紹介。売れっ子美容師になるためのヒントがいっぱいです。

Hair & Beauty Trend For Professional!美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド専門メディア。今や男性もヘア、スキンと美意識は高まるばかり。そんなニーズに応えようと頑張る理美容師に向けて成功事例をたっぷり紹介。カッコいい男性をプロデュースするノウハウがぎっしり詰まっています。

iPad、iPhone、 Macなどのアップルの製品を中心に、 ガジェット、ウェブサービス、 スタートアップ、IoT、 ウェアラブルデバイス、VR、 AI、フードテック......などの最新情報をお届けし、 みなさんの生活を、稲妻の速度で 『ちょっと未来に』お連れします。