ダサいと言わせない! 夏のバイク乗りの大人バイカーファッション25選。

  • 2021.10.24 2020.05.19
  •              

暖かくなってくるとフツフツと湧き上がってくるのがツーリング欲。遠方へ出かけるのもいいけれど、近場へのちょい乗りだってリフレッシュになること間違いなしだ。そんなバイクが楽しい季節に、バイク乗りたちはどんなファッションをしているのか、おしゃれバイカーの服装をチェックしてみたぞ。

1.「EVILACT」山本港人さん|1947 Harley-Davidson EL(ハーレーダビッドソンEL)

元々オリジナルに近いスタイルで乗っていたナックルヘッドだが、千里浜サンドフラッツに参戦するためにボバースタイルにカスタム。普段乗りでも使うため最低限のパーツ構成で軽量化。タンクと色が異なるフェンダーがガレージビルドのバイクのようなラフな雰囲気を演出する。シート&ピリオンパッドはGood Speed Equipment、ツールバッグはEVILACTのオリジナル。ロンTにブラックデニム、チェッカー柄のスニーカーを合わせたストリートな着こなしがバイクにぴったり。

2.「Addict Clothes」石嶋聡さん|1926 REX-ACME 350 SPORTS(レックスアクメ350スポーツ)

英国車が世界のバイクシーンを牽引していた’40年代以前の車両を好む石嶋さんが愛用しているのは現存数がかなり少なく知る人ぞ知るREX-ACME。軽量な車体にパワフルなブラックバーン社製の350㏄エンジンを搭載した乗り味は、現代車にはない操作性を含め、短い距離でも十分楽しめる車両なのだとか。通年着られるワックスコットンのジャケットも車両の雰囲気にマッチしている。

3.「HUNGER」安達伸吾さん|1981 Harley-Davidson FLH(ハーレーダビッドソンFLH)

FXのスタイリッシュなフォルムを崩さずに、フロントフォークを4インチ伸ばし、’76年のアニバーサリータンクは取り付け位置を変更してやや上向きになるように装着。あえて’70年代の野暮ったい雰囲気を残して、街乗りにもロングツーリングにも対応する大人のカスタムに仕上げられた。ロンTとTシャツをレイヤードにしたストリートスタイルは、足元もスニーカーでゆるカッコよい着こなしに。

4.「DEUS EX MACHINA HARAJUKU」難波諒介さん|2000 YAMAHA SR400(ヤマハSR400)

できるだけプロの力を借りずにコツコツと自分でカスタムをしていると言うSR400。イメージは都会的なストリートトラッカー。コンセプトに沿ってXT500のタンクを流用し、オーリンズのリアサスペンションやCRキャブレターなど、走りを意識したアップデートが加えられている。DEUSのスポーティなファッションともよく似合っている。

5.「SUNKU」高橋豊さん|1954 Harley-Davidson KH900(ハーレーダビッドソンKH900)

オリジナルの雰囲気を残しながらも、’50 〜’60年代のアメリカの草レースを走っていた車両をイメージしてカスタムしたKH。BATESシートや2in1マフラーなど、当時のパーツをバランス良く取り入れ、タンクにはさりげなく手書きのピンラインを加えている。ブラックデニムにブラックTを合わせたコーデはデニムジャケットで軽さをプラス。

6.「ViSE CLOTHING」宮川佳己さん|1966 Harley-Davidson FLH(ハーレーダビッドソンFLH)

サンティフレームに排気量を1340㏄に拡大したストローカーショベルを搭載するチョッパー。’80s頃のハイパフォーマンスパーツを各部に取り入れたフリスコだが、シングルダウンチューブ化したフレームや、DR’Sのカムカバーを使ったポイント&マグネトーのダブル点火、ツインプラグ化など通好みなモディファイが散りばめられている。ブラックの車両とオールブラックコーデでカッコよさも倍増。

7.Tonnyさん|1953 FL

1970年代のニューヨークのチョッパーをコンセプトにリスキービジネスで製作した1台。プレートをモールディングしたフレームのアクスル周りの作りや、Love Ear Art によるフリーハンドのフレイムスが時代感を再現している。ミッド幅のトリプルツリーにセットした8インチオーバーの41㎜フォークも当時らしいチョッパーのディテールだ。ロンTとTシャツのレイヤードにサロペットを合わせる抜け感のあるコーデがチョッパーと絶妙なバランスで決まってる。

8.「LEWIS LEATHERS」池野優也さん|1969 BSA Lightning(BSAライトニング)

ルイスレザーズの店長に影響されてBSAを手に入れたという池野さん。購入時はスクランブラー寄りのカスタムが施されていた車体を純正のスタイルに戻しているところだと言う。ルイスレザーズのライダースはクロームメッキタンクを装備した上品なブリティッシュバイクがよく似合う。春夏も革ジャンでバイク、これぞバイク乗り。

松島親方

Lightning, CLUTCH Magazine, 2nd(セカンド)

買い物番長

松島親方

ラーメン小池

Lightning

アメリカンカルチャー仕事人

ラーメン小池

モヒカン小川

Lightning

革ジャンの伝道師

モヒカン小川

ランボルギーニ三浦

Lightning

ヴィンテージ古着の目利き

ランボルギーニ三浦

ADちゃん

Lightning

ストリート&ミリタリー系編集者

ADちゃん

めぐミルク

Lightning

手仕事大好きDIY女子

めぐミルク

イスカンダル功

Lightning

街乗り車輪系

イスカンダル功

上田カズキ

2nd(セカンド)

アメリカントラッド命

上田カズキ

パピー高野

2nd(セカンド)

20代断然革靴派

パピー高野

内藤真依子

CLUTCH Magazine

フォトグラファー

内藤真依子

清水茂樹

趣味の文具箱

編集長兼文具バカ

清水茂樹

村上タクタ

ThunderVolt

おせっかいデジタル案内人

村上タクタ

杉村 貴行

Dig-it

商品開発ディレクター

杉村 貴行

サカサモト

Lightning

アメカジ系動画ディレクター

サカサモト

Lightning 編集部

Lightning

アメリカンカルチャーマガジン

Lightning 編集部

2nd 編集部

2nd(セカンド)

休日服を楽しむためのマガジン

2nd 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine

世界基準のカルチャーマガジン

CLUTCH Magazine 編集部

趣味の文具箱 編集部

趣味の文具箱

文房具の魅力を伝える季刊誌

趣味の文具箱 編集部

PREPPY 編集部

PREPPY

美容のプロのための業界誌

PREPPY 編集部

Men's PREPPY 編集部

Men's PREPPY

プロ向けメンズビューティ誌

Men's PREPPY 編集部

ThunderVolt 編集部

ThunderVolt

デジタル系WEBメディア

ThunderVolt 編集部

Dig-it編集部

Dig-it

ライフスタイル提案メディア

Dig-it編集部

こだわりのある暮らしを追求するライフスタイルマガジン

休日のカジュアルスタイルを提案し、語れる洋服を集めたファッション誌

豊富な海外記事を盛り込んだ世界基準のスタイルカルチャー誌

手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊雑誌

美容のプロのためのヘア&ビューティトレンド情報メディア

男性のヘア、スキンへの美意識に応える理美容師向けメディア

ガジェットやウェブサービスなどの最新情報をお届けするWEBメディア

アナタが何かにのめり込むキッカケとなる読み物を提供するWEBメディア